新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

筋トレしてもしなくても「相棒はプロテイン」 その3 お得な購入方法編

ゴルフなんでも

プロテインは何処で買う?何を買う?

プロテインを購入するにあたっての悩みどころは、何処で買うか、何を買うか、ではないでしょうか。

現代は情報化社会です。欲しい情報はネットで調べればある程度手に入りますし、PCやスマホから欲しい商品をクリックすれば手元に届きます。

利便性を考えれば、やはり、ネットで購入するのが一番でしょう。

長い付き合いになるプロテイン、賢い購入方法を考えてみます。

人気商品をチェックする

ネットショッピングで真っ先に思い浮かべるのが、Amazonや楽天市場などの巨大ショッピングサイトだと思います。それだけ多くの人が利用しているということであり、その中の人気商品や売れ筋商品をチェックすればハズレを掴む確率は低くなるはずです。

そこでまずは、商品選定の参考としてAmazonのプロテイン売れ筋ランキングをチェックしてみましょう。

Amazon プロテイン売れ筋ランキング

ここで上位に表示される商品は、ある一定の支持を得ているということに間違いはありません。ですが、すぐにこれに飛びつくのは賢明ではありません。

ここでは参考程度に留めておき、品質(アミノ酸組成など)も考慮して検討していくことにします。

品質をチェックする

実は、私にとっての一番の悩みどころはここでした。と言うのも、思ったほど品質(成分やアミノ酸組成量)を細かく表示してくれている製品がなかったからです。

プロテインを飲もうと思いたった当時は、合成甘味料をはじめとした添加物を大変気にしていました。そして具体的なアミノ酸含有量なども同じくです。

試しに、先に紹介したランキング上位の製品の中から、アミノ酸組成とその含有量がきちんと明示されているものを探してみてください。アミノ酸スコアを謳う製品はすぐに見つかると思いますが、その組成量まできちんと書かれてある製品はそうそう見つからないと思います。

そんな中から私が見つけ出したのが下の商品です。きちんとアミノ酸組成とその量が記載されているところが気に入りました。また無添加というところも。

時期によって多少の価格の変動はあるかもしれませんが、1kgあたり2000円以下という安さです。3kg(3パック)買えば1kgあたり1730円(2019/2/26現在)ですのでさらに驚きです。

これに中身が伴えば言うことありません。そこで早速、袋に記載されているアミノ酸組成量からプロテインスコアを計算してみましょう。比較のため、このWPCに加え、同社製品のWPIも計算してみます。

※ プロテインスコアの計算方法については過去記事その1で解説しています.

大変興味深い計算結果となりました。WPC(先に紹介した商品)では含硫アミノ酸が第一制限アミノ酸となり、プロテインスコアは「88」となりますが、WPIでは、プロテインスコアが「100」となっています。(両製品ともアミノ酸スコア(2007年アミノ酸評点パターン参照時)は100です)

筋力トレーニングとは、筋肥大や筋力向上がそもそもの目的です。それを達成するために様々な手段や方法を講じなければなりません。目的と手段を履き違えることは愚の骨頂ですが、栄養の摂取は手段でありながら、目標を達成するための重要なファクターであることに疑問の余地はありません。より良いものがあれば、積極的に採用する、それが最も効率的です。

以下に、今回の計算に用いたニチガのWPIプロテインをご紹介しますので、選定の参考としてください。プロテインスコア100の製品です。

価格は先のWPCよりも若干高くなりますが、それでも一般的なWPIの価格よりは安いはずです。

※ おそらく他社の製品でも同様に、WPIの栄養価(プロテインスコア)のほうが高いと思われます。特にこだわりがなければWPIを選択するほうが安全です。

スポンサーリンク

海外サイトもチェックしてみよう

ニチガのプロテインは、品質的にも価格的にも十分納得できる製品でしょう。しかし、もっと広く、海外サイトまで足を伸ばせば、より良い製品やサービスが見つかるかもしれません。

最近は、個人輸入のハードルがだいぶ下がってきました。日本の通販サイトと比べても、届くまでの時間が早いか遅いかくらいの違いしかありません。日本語対応しているサイトも多数あります。

そこで、海外サイトを利用する事も視野に入れ、メリット、デメリットを見ていきたいと思います。

海外サイトのメリット

  • 種類、品数が豊富!
  • 日本ではあまり見かけない、成分高含有の製品がたくさんある!
  • 日本の健康食品売り場やショップより、総じて安い!
  • 割引クーポンやキャンペーン、期間限定セールなどが充実している!

海外サイトのデメリット

  • 届くまでに時間が掛かる。早くて5日から1週間くらい、遅いと3週間くらい。
  • 購入金額が大きくなると、関税が掛かる。
    ※ 総額13,000円くらいを意識しておけば、まず大丈夫です
  • 購入金額が小さすぎると、送料が高くつく。
  • 為替レートの影響で価格が変動する。
  • 粒がでかい(成分高含有の錠剤の場合)
  • たまに不安になることがある。

一通り箇条書きで並べてみましたが、お店によってだいぶ特色があります。大きくわけると、品揃え派かコストパフォーマンス派の2つに分けられるでしょう。

そこで、完全なる個人的見解をベースに代表的な2つのサイトをご紹介したいと思います。

品揃えNo.1 “iHerb” サプリメントの本場アメリカの底力が垣間見える

サプリメントの本場、アメリカのサイトです。一度覗いてみればわかりますが、ビタミン、ミネラルからプロテインまで豊富に揃っています。

そして多数の商品を扱っている割にはサイトが見やすい。サイト内迷子になることもほとんどありません。また商品への口コミ数も多く、大変参考になります。

プロテインやサプリメントの購入先を分散させずに、まとめてひとつのサイトから購入したい方には、こちらのiHerbがおすすめです。

品揃えプロテイン、BCAA、HMBからビタミン、ミネラルまで何でも揃う。多種多数の商品をまとめて購入する際はおすすめ。有名メーカーのサプリメントを幅広く取り扱う大型サプリ販売センター。
サイトの使い勝手良い。カテゴリの分け方、フィルタリング機能などしっかりしている。テーマ別のブログも参考になる。
価格総じて安価。同一商品を複数購入した際は、自動で割引が適用される。
還元制度10%還元のロイヤリティクレジットや、5%還元紹介コードが代表的だが、失効したり制度がよく変更となるため◎ではなく○。
クーポン商品、メーカー、カテゴリーで区分されたクーポンが充実。ただし、サイト内ではクーポンの存在に気付きにくいかも。
配送期間の目安5日から1週間。これくらいなら我慢できるレベル。
配送無料条件約4500円以上の買い物で無料。佐川とヤマトから選べる。
安心感なぜだか安心感がある。
紹介コードAFN4346:私の紹介コードです。カート内で入力すると初回購入割引10%が受けられます。
URLhttps://jp.iherb.com/

コストパフォーマンス最高 “マイプロテイン” 筋トレサプリを買うならここ

マイプロテインの特徴は、何と言っても”安い”、”コスパ良し”です。

サイト上の商品に表示されている金額自体安いのですのが、”一年中”クーポンが発行されていますので、さらなる追加割引を受けることができます。(個人的には、最初から適用しておいて欲しいと思っていますが)

商品は全て自社ブランド(自社製造)で揃えられており、だからこそ、この価格設定なのでしょう。

主に、トレーニング用の栄養補給サプリメントを取り扱っているサイトで、プロテインやBCAA、クレアチン等の購入に最適です。(ビタミンやミネラル等の購入にはiHerbをおすすめします)

マイプロテイン製品の品質に関しては、Labdoorというサイトで確認してください。”Impact ホエイ アイソレート” という製品が、Quality Rankingで第2位(2019/2/26現在)になっています。

* ただ、残念な点もありまして、注文から手元に届くまでがものすごく遅いことです。2週間から3週間近く掛かる場合があります。

トレーニング用の栄養補給サプリメントに特化している。プロテインの味の種類がたくさんある。プロテインバーやクッキーも取り揃えているが、個性的な味。ビタミン、ミネラル等の品揃えは弱い。
サイトの使い勝手全般的にきちんとカテゴリー分けされており、目的の商品がすぐに見つかる作り。
価格安い。コストパフォーマンス高し。
還元制度MPポイントというポイント制度がある。100円で100ポイント溜まるが、100ポイントあたり1円の価値なので注意。(1%ポイント還元)
クーポン一年中、次々と様々なクーポンが発行されている。
配送期間の目安×2週間から3週間程度。忘れた頃に届く。
配送無料条件8500円以上の買い物で無料。
安心感到着が遅いので不安になる。
URLhttps://www.myprotein.jp

ここで紹介した「iHerb」と「マイプロテイン」をチェックしておけば、サプリメントの購入にはまず困らないでしょう。

スポンサーリンク

iHerbもマイプロテインも使える楽天Rebates

最近、楽天GORAの一人予約を使い始めました。それからです、「楽天ポイント溜めたいなー」と思い出したのは。

ポイントにはいろいろありますが、一定ポイント溜まったとき初めて使えるようになるポイントシステムが最も使いにくいシステムではないでしょうか。

マイルはその代表選手だと思います。仕事で頻繁に飛行機を使う方でないと、マイルなんてほとんど溜まりませんし、溜めて一気に使おうと思っていても、いつの間にか有効期限が来て失効してしまう、なんてこともしばしばです。

そこで私は、有効期限のないAMEXポイントを溜めて、必要なときにANAマイルと交換ができるANA-AMEXカードに変えたのですが、今度は私の生活スタイルの方が変わり、飛行機に乗る必要性がほとんどなくなってしまいました。

そんな折、ゴルフを復活しましたので、ギア代やプレー代の足しになる楽天ポイントを溜めた方がいいのではないか、と思い出したのです。そもそも、楽天ポイントの方が、使えるシチュエーションが多く利便性も高い、ゴルファー向きのポイントシステムと言えるでしょう。

楽天ポイントをよく使う方で、楽天市場以外のネットショッピングでもポイントをゲットできればいいなあ、とお考えの方は、楽天Rebatesの利用を検討してみると良いかもしれません。

楽天Rebatesを利用すれば、マイプロテイン、iHerbともに、4%から5%の楽天ポイントバックに期待できます。

ポイント還元率は時期によってだいぶ変動することがわかりました。タイミングが合えば両サイトともに10%以上の還元率で購入できます。

楽天Rebatesとは

楽天Rebatesとは、楽天Rebatesに登録されているネットショップでお買い物をすれば「高いポイント還元率で楽天ポイントをゲットできる」いわゆるポイントサイトと呼ばれるものになります。登録されているショップは楽天市場に出店していないお店がほとんです。海外サイトが多いのも特徴でしょう。

つまり、楽天市場に出店していないショップからお買い物をしても、楽天ポイントをゲットできるという、初めて聞いた人には何とも摩訶不思議なシステムなのです。

しかも、楽天市場に出店しているショップからのポイント付与率よりも、こちらの楽天Rebatesからの付与率のほうが総じて高く、さらに、お買い物をしたショップ独自のポイントもゲットできてしまうのです。(ポイントの二重取りが可能)

先ほどご紹介した「マイプロテイン」を例に取ると、マイプロテイン独自のMPポイントにプラスして、購入金額の4%分が楽天ポイントとして付与されるということになります。(クーポン利用分や送料等はポイント付与対象とはなりません)

マイプロテインは楽天市場内にも出店しています。そちらからお買い物をした場合は、楽天Rebatesのポイント還元率は適用されません。この場合は楽天市場のポイントシステムが適用されます。

楽天Rebatesの登録方法

楽天アカウントをもっている方は、楽天Rebatesにアクセスしてログインするだけです。普段使っている楽天IDを使ってください。楽天IDをもっていない方は、新規にアカウントを作成してください。

楽天Rebatesの利用方法

楽天Rebates内で、目的のサイト名をキーワード検索などして探し出します。

表示されたものをクリックすると“直営サイト”に飛びますので、“直営サイト”でアカウントを作りお買い物をします。そうすると自動的に楽天ポイントが付与されます。

海外サイトは楽天Rebatesをまずチェック!

楽天Rebatesの特徴は海外サイトの登録が豊富なところです。海外のサイトからお買い物をしようと思ったときはまず最初に楽天Rebatesをチェックしてみるのが良いでしょう。

Rebatesお友達紹介キャンペーン

2回目以降の購入からRebatesを利用するのがお得なようです。iHerbの紹介コードによる割引は初回限定ですから。尚、iHerb・マイプロテインともに割引システムはコロコロ変わります。ご注意を。私はシステム変更に付いていけませんので、今のところ楽天Rebates一択です。

ちなみに、ポイントサイトは楽天Rebates以外にも多数あります。他のポイントサイトでは現金化もできるようですが、色々手を出すと結局ポイントが分散してしまいますので、私は楽天Rebatesのみの利用に留めています。