新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

栄養情報の決定版 ”アスリートのための最新栄養学 山本義徳 著”

ゴルフなんでも

ボディービルダーとして豊富な経験と知識を持つ山本義徳氏。この本に書かれていることを理解、実践すれば、あなたの筋肉が喜ぶこと間違いありません。

タンパク質、脂質、炭水化物の3大栄養素はもちろん、ビタミン、ミネラルなどの微量栄養素についても詳解されていますので、筋トレに励むアスリートのみならず、健康管理が第一の一般人にも役立つことでしょう。

総合的な栄養の知識が習得できるこの本は、真に「実践的」であり、ネットに溢れている垂れ流し情報とは一線を画しています。

情報の質にこだわる方は「アスリートのための最新栄養学」、自信をもってお勧めできる一冊です。

スポンサーリンク

この本を知ったきっかけ

40歳で左目を患い(急性前部ブドウ膜炎)、健康情報を集めて行った結果、たどり着いたのがこの本でした。

さらっと、経緯を書いておきます。

 

① 病気を治そうと、玄米食ったり断食したり、本を読み漁って色々試していくうちに、三石巌氏の「全業績シリーズ」と巡り合う。

三石氏は物理学者、もともとは栄養の専門家ではありません。この本で私は、タンパク質の重要性、いやビタミンやミネラルを含む総合的な栄養の重要性を知ることになりました。

 

② ただ残念ながら、三石氏の「全業績シリーズ」は絶版本。図書館にもすべては揃っておらず、全部読もうと思ったら中古本を探すしかなかった。

三石氏の「全業績シリーズ」は、全部で20巻くらいあったと思いますが、そのうち半分くらいを図書館から借りて読むことができました。現在は、健康に関する8冊分が、メグビーさんより再販されています。(2020年9月現在)

 

③ アマゾンで「全業績」というキーワードで検索した結果、山本義徳氏の全業績シリーズがヒットする。

当時、山本氏のことは全く存じ上げていなかったのですが、”Kindle Unlimited” で無料ということもあり、疑いながら読んでみたところ、その情報の質の高さに驚きました。「炭水化物のすべて」が最初だったと思います。

 

④ 紙書籍の「アスリートのための最新栄養学(上・下)」が出版されるのを待って購入。

少々値段は張りますが、内容の充実度は申し分ありません。電子書籍より、紙書籍のほうが好きなので即決でした。

 

⑤ 「アスリートのための最新栄養学(上・下)」に触発され、筋トレを始めるに至った。

普通は、トレーニングに励む人が手に取る本だと思いますが、私の場合は逆ですね。健康情報を集めていたら、山本氏の本に出会った。そして、どうせプロテインを飲むならと筋トレを始めることになったわけです。

 

”アスリートのための” とありますが、実際のところは、全ての人が知っておけば役に立つものばかり。少々難解ではありますが、頭の体操もかねて読んでみれば、いいことがあるかもしれません。

スポンサーリンク

総合的な栄養情報の習得と実践的知識の習得ができる

タンパク質、脂質、炭水化物といった三大栄養素の情報はもちろん、ビタミン、ミネラル、そして私のような中年ゴルファーにはありがたいスカベンジャー(活性酸素の掃除屋)の情報まで盛りだくさんの内容です。

また、この本の魅力は、専門的な知識に偏りすぎていないところにあり、例えば、以下のような、誰にでも役に立つ実践的な知識を身につけることが可能です。

 

<例1>

ゴルフの飛距離を伸ばすのは、正しいスイングと筋肉ですが、その筋肉を効率よく付けるためには、タンパク質のことをよく知っておく必要があります。

トレーニングの前後に、プロテインを飲むだけでも効果はありますが、しかしながら、アルギニンやグルタミンなど、アミノ酸を効果的に摂取することで、より早く筋肉を成長させることができるはずです。

 

<例2>

トレーニングとは、言ってしまえば肉体にストレスをかけることです。

ストレスがかかれば、ヒトは己の肉体を守るため、コルチゾールというホルモンを分泌して対抗しますが、これがトレーニーにはやっかいな代物。筋肉を分解する作用を持っているのです。

こんなときはビタミンC。コルチゾールの悪影響から体を護ってくれます。

 

<例3>

スポーツに怪我つきものです。結局は、自身の自然治癒力が頼りですが、修復のための材料が不足していれば復帰まで相当な時間がかかるものと思われます。

骨折したらカルシウムを飲んでおけば良いと思っていませんか?

そう思っている方は不十分。コラーゲンの摂取が有用だと、この本では述べられています。

あわせて、アルギニンとビタミンCも摂りましょう。アルギニンはコラーゲンの材料、ビタミンCは補酵素として働いてくれます。

コラーゲンは生体内で最も多いタンパク質。骨折であれ肉離れであれ、怪我をしたときは、このコラーゲンがどんどん生成される環境を作ってあげることが肝要です。

スポンサーリンク

どこで買える、どこで読める?

この本は、町の書店では買えません。Amazon一択です。

Kindle Unlimitedなら、30日間お試し無料で読むことができますので、紙書籍購入を躊躇されている方は、電子書籍で内容を確認しておきましょう。(30日経過後は、有料となります)

私は、Kindle Unlimitedで一通り読んで、紙書籍を購入しました。

 

また、先述した三石巌氏の全業績シリーズの復刻版ですが、個人的にはこちらを先に読んでおくと理解が深まると考えています。

おすすめは、以下の3冊。あわせてどうぞ。