新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【スイング探究】水平素振りで、ヘッドの返りを体感する

スイング探究

水平素振りは球を打つ練習にはなりませんが、ヘッドの返りを体感するにはもってこいです。

ただただ連続的に素振りをするだけで、ヘッドがくるくる返るのですから、通常のスイングでも自発的にヘッドを返す意識は不要であることがわかります。

ヘッドの返りがいまいちだなー、と感じた時は、水平素振りで感覚を取り戻してください。

水平素振りでヘッドが返る感覚をつかむ

水平素振りの良いところは、下半身の動きを無視して、体幹と腕の動きにフォーカスして考えることができるところです。

試しに、連続的に水平素振りをやってみてください(ベタ足推奨)。

否が応でもクラブヘッドは返ります

 

単純なことです。上半身だけ使ってクラブを振ればヘッドは返るのです。

つまり、球がつかまらない、スライスしてしまうという方は、上半身や腕の使い方が悪いというよりも、下半身の使い方に問題があり、腰が止まるとひっかける、回りすぎるとスライスするという現象は、脚の使い方に問題があると言えます。(脚の使い方は後ほど)

 

水平素振りには、前傾が入っていません。

前傾が入らないだけで、回転軸は地面から体を貫く一本の軸として考えることができます。

回転軸が斜めでもなく、人間が最も自然と意識しやすい地面から垂直な軸であれば、だれでもキレイな回転運動が描けるというわけです。

このことからも、ゴルフスイングを難しくしている元凶は前傾であり、前傾があるから下半身の脚使いが難しくなると考えて良いでしょう。

グリップエンドが回転中心を指すことに注目する

水平素振りをしながら、グリップエンドの向きを確認してみましょう。

ヘッドが返る瞬間、グリップエンドは体の回転軸(自分のおなか)を指していることに気づくはずです。

 

しかし、実際のスイングになると、これができなくなってしまう方が非常に多くいます。

切り返しからグリップエンドを飛球線方向に引っ張って、無理にハンドファーストの形を作りにいったりすると、ヘッドが返りません。

飛ばしてやろうという意識が強すぎるのでしょう。おそらく、インパクトをだいぶ過ぎたところでグリップエンドがおなかを指すタイミングが訪れているはずです。

 

あくまでも、ヘッドが返るのは回転軸にグリップエンドが向いているときです。

このことだけは忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

脚を使って、体幹を回転させようとしてはいけない

飛ばしてやろうとする意識が強すぎる方は、脚自体を回転させるように使って体幹を回そうとしていないでしょうか。

脚はねじるように使うのではなく、どちらかと言えば上下方向に使うのが良い使い方です。

脚を踏み込むことで地面反力を発生させ、その力を股関節に伝えれば骨盤は回転します。

骨盤は体幹の一部ですから、骨盤が回転すれば体幹が回転します。

体幹の回転によりクラブを振れば、あとは水平素振りの理屈でヘッドは勝手に返ります。

 

脚は下に踏み込み、回転させない

この意識をもって練習に臨めば、韓国人プロのようなベタ足スイングに自然となっていくものと考えています。

下半身の使い方に関する詳細は、以下の記事を参照ください。

【スイング探究】股関節は上半身と下半身をつなぐ巧みな連結・連動機構
前傾がないときは、地面から体幹まで一本の回転軸を形成できますが、前傾が入るとそう簡単にはいきません。股関節から骨盤を前傾させるとすると、当然、股関節で軸が折れることになり、体幹軸は傾きを持つことになります。にもかかわらず、私たちはそれほど苦労することなく、地面に転がっているボールを打つことができています。これは、股関節という非常に自由度の高い関節のおかげであると言えるでしょう。
【スイング探究】左尻を後ろに引くと「前傾角」は維持されるが、上半身・クラブとの動作の連携も重要だ
前傾角が崩れる要因は様々であり、正直、どこから手をつけるべきがベストなのかわかりませんが、まずは、腰や下半身の使い方に要点を絞って、スピンアウトを防ぐ方法を考え、そのあとに、上半身やクラブとの動作の連携について考えてみたいと思います。
【スイング探究】正しいアドレスとは? ~ 地面反力の方向からベストなアドレスを探る ~
正しいアドレスの定義は不明瞭ではありますが、力の伝達効率が良く、再現性の高いアドレスが、正しいアドレスであると言って間違いないでしょう。ですからアドレスは、形にばかりこだわってもしょうがありません。しかしながら、従来語り続けられてきた「股関節から骨盤を前傾させるアドレス」は、やはり正しいアドレスのひとつの形であると言えます。ということで今回は、クラブの特性によるアドレスの決定要素を知り、そのあと、骨盤は前傾させるべきか立てるべきかについて、地面反力の方向を考慮しながら考えていきたいと思います。
スポンサーリンク

水平素振りにローリングを入れてみる

水平素振りでヘッドが下に垂れてしまう方は、切り返しからローリングを入れてみてください。

ローリングとは、シャフト軸周りの回転のことです。

野球のバッティングに関する研究では、ローリング角速度など、バット長軸周りの回転速度が議論されるようですが、ゴルフではあまり議論されていないように感じます。

【スイング探究】フェースローテーション・シャロー・飛距離にお悩みの方必見! ~ローリングに隠された秘密~
野球関連の本で、"ローリング"という言葉を見つけました。なんでも、バット長軸周りの回転をローリングと呼ぶのだとか。それをゴルフに適用すれば、シャフト軸周りの回転となります。ゴルフクラブはL字型ですから、とどのつまり、ローリングはフェースローテーションに大きく寄与するということです。なるほど、これまで腕の旋回運動がフェースローテーションの源だと思っていましたが、その実体はローリングにある。そう考えれば、プロや上級者の言う「フェースを返す意識は持っていない」だとか「フェースターンを抑えて振っている」という言葉の意味が理解できます。

 

このローリングが入ることで、クラブはインパクトに向け自然と起きてきます。

つまり、クラブが寝たままのインパクトを回避できることになり、ダフリが激減します

また、ローリングはγトルクを増大させます。球のつかまりがよくなり、飛距離も伸びることでしょう。

【スイング探究】「α, β, γトルク」を理解して飛距離アップを狙う!
皆さまご存じの通り、ゴルフスイングは回転運動です。しかし、2次元的に考えてしまうと、説明が非常に難しくなってしまいます。時計のように、単一軸周りの回転運動であれば、わざわざ「α, β, γ-トルク」など分解して考える必要はありませんが、ゴルフスイングは3次元的な回転運動であり、そのスイング系全体の回転運動は、3つの軸による回転運動が合成されたもの、つまり「α, β, γ-トルク」が合成されたものと考えられているからです。

 

さらに、自然と体幹の回転軸にグリップエンドが向くよう作用しますので、ヘッドが滑らかに返るようになることはもちろん、おそらく求心力(回転中心に引っ張る力)が大きくなるためでしょうか、ヘッドが遠心力(求心力と逆向きの力)によって自然とリリースされる感覚を得ることができます。

 

「前倒し」という言葉も一部で使われていますが、クラブを前に倒すような動作を入れると、まともにクラブは触れません。

その代わりに、ローリングを使って、スムーズなスイングを実現させましょう。

まとめ

クラブヘッドは勝手に返ります。自発的に返すことだけは避けるようにしましょう。

 

脚を使って地面反力を発生させ、力は股関節に向けて上下方向に使うのが正しい下半身の使い方です。

下半身をねじって回転させても骨盤は回転するかもしれませんが、その代わり体は開いてしまいます。

体が開けばフェースも開きますので、クラブヘッドを自分から返しにいかないと球はまっすぐ飛んでくれません。

こうなってしまうと、完全に悪循環です。

あれやこれやと、腕を返したり、掌を返したり、いろいろやっているうちに、わけがわからなくなってしまうことでしょう。

 

水平素振りをやってみると、ヘッドは簡単に返ることがわかります

問題は腕や上半身にあるわけではないのです。下半身の使い方にあるのです。