新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【スイング探究】インパクトのフェースの向きはローリングで決まる ~ボールをまっすぐ飛ばす法~

スイング探究

「ボールはフェースの向きに飛んでいく」これは皆さんご存じのとおりです。

では、「ハンドファーストにインパクトしたときも、ボールがまっすぐ飛んでいくのはなぜなのか」考えたことありますか?

アドレスして、そのままハンドファーストインパクトの姿勢をとれば、フェース面は開くはずです。

もちろん、なかには飛球線方向にまっすぐフェースが向く方もいらっしゃることでしょう。

しかし、そういう方は、知らず知らずのうちにクラブをローリングさせているんです。

ローリングとは、クラブをシャフト軸周りに回転させること。

これが使いこなせていないと、ボールをまっすぐ飛ばすことが非常に困難となってしまいます。

<ローリングについては以下を参照ください>

【スイング探究】フェースローテーション・シャロー・飛距離にお悩みの方必見! ~ローリングに隠された秘密~
野球関連の本で、"ローリング"という言葉を見つけました。なんでも、バット長軸周りの回転をローリングと呼ぶのだとか。それをゴルフに適用すれば、シャフト軸周りの回転となります。ゴルフクラブはL字型ですから、とどのつまり、ローリングはフェースローテーションに大きく寄与するということです。なるほど、これまで腕の旋回運動がフェースローテーションの源だと思っていましたが、その実体はローリングにある。そう考えれば、プロや上級者の言う「フェースを返す意識は持っていない」だとか「フェースターンを抑えて振っている」という言葉の意味が理解できます。

左手掌屈・右手背屈はローリングの結果

バックスイングはしないで、アドレス状態から、ハンドファーストのインパクト姿勢をとってみるとわかります。

フェースが開いてしまっている人は、左手掌屈・右手背屈にはなっていないはず。

対して、フェースがきちんと飛球線方向に向いている方は、左手掌屈・右手背屈の理想的な形になっているはずです。

 

ここで、フェースが開いてしまっている方へ

そういう方は、クラブヘッドをシャフト軸周りに回転させて、フェースの向きを飛球線方向に合わせてみてください。

そうすると、左手掌屈・右手背屈の形になったと思います。

 

つまり、一般的に言われるインパクト時の理想形である左手掌屈・右手背屈の形は、クラブをローリングさせた結果だと言うことができるわけです。

スポンサーリンク

自然なローリングはシャローイングで生まれる

ローリングは、野球スイングの分析において用いられてきた言葉です。

打者がボールを打ちに行くとき、バットのヘッドを背中側に落とす量が多い選手ほど、ローリング量が大きくなると聞いた覚えがあります。

これをゴルフに例えるなら、昨今よく耳にする「シャローイング」が、ぴったりフィットすることでしょう。

 

「切り返しからクラブを自由落下させる」だとか「ループさせる」だとか「寝かせる」だとか。ゴルフではいろいろな言葉で表現されていますが、結局はシャローイングのこと。

シャローイングできれば、自然と軸周りの回転であるローリングが発生します。

 

別の記事でも述べましたが、ローリングが入るということは、γトルク(シャフト軸周りのトルク)が発生しやすくなります。

このγトルクは、飛びにも繋がりますし、ボールのつかまりにも寄与するはずです。

まとめ

ハンドファーストにすると、フェースが開いてしまう方は、一度、シャローからのローリングを試してみてください。

そうすると、インパクトでグリップエンドが臍を向きやすくなり、手元が飛球線方向に流れてしまう現象も防ぐことができるはずです

 

理想的なインパクトの形である、左手掌屈・右手背屈は、正しいシャローイングとローリングによる結果である

こう考えるのが自然であり、

ハンドファーストインパクトにおいて、フェース面をきっちり飛球線方向に向けるには、ローリングが多少なりとも入っていなければならない

と言えるはずです。

 

ただし、ローリングが重要であるとわかったとしても、何かの基準がなければ打ち出し方向は定まらないでしょう。

こういうときこそ、プロの感覚を参考にすべきです。

「インパクトでボールを押し込む」と表現するプロが多いことからもわかるように、右掌の向きを基準にするのが一番の方法かもしれません。

フェアウェイキープ率抜群の稲盛裕貴プロは、右手の面を方向性の基準としているようですし。

この辺は感覚勝負になってきますので、プロであっても人それぞれ、断言するのは難しいと思いますが、私は右掌基準が正解ではないかと考えています。