新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【スイング探究】シャフトのしなり戻りを使って球を飛ばす法 ~逆しなりとしなり戻りの違いと秘密~

スイング探究

「逆しなりを使って飛ばせ」と言われてもピンときませんが、言葉を変えて「しなり戻りで飛ばせ」と表現されれば、何となく想像がつくでしょう。

そして嬉しいことに、この「しなり戻り」は、クラブのシャフト性能と振り方に依存するものですから、筋力に自身のない方も、使い方次第で更なる飛距離アップに期待できます。

今回はまず、しなり戻りと逆しなり現象を知るところからはじめ、そのあとに、しなり戻りを使って球を飛ばす方法について考えてみたいと思います。

逆しなり とは

巷でたまに見かける「逆しなり論争」。

逆しなりは起こっているとする派と起こっていない派で対立しているようですが、私は、逆しなりは当たり前に起こる現象だと考えています。

ゴルフクラブのシャフトはカチコチの全くしならない素材では作られていません。ある程度、柔軟性のある素材で作られています。

加えて、クラブのシャフト軸とヘッドの重心はズレた作りになっていますから、スイング中に発生する遠心力の向きに合わせるようクラブヘッドの重心は移動しようとするはずです。

これら、シャフトの柔軟性、遠心力による重心の移動によって、逆しなりは引き起こされると言ってよいでしょう。

ちなみに、遠心力とは求心力(回転中心に向けて引っ張る力)と反対方向にかかる力です。スイング中の遠心力は、クラブが飛んでいかないよう引っ張った方向と逆向きに働くことを覚えておきましょう。

 

回転中心方向の力が求心力、それと反対向きの力が遠心力です。求心力と遠心力の力の大きさは同じになります。

この2つの力は、ともにヘッドの重心(黄色い丸)を起点とし、シャフトの根元からズレた位置から発生します。

このズレた分(フェースからテール方向の重心距離)が逆しなり量になると考えてよいでしょう。

そう考えると、ドライバーは重心のずれが大きいため、アイアンよりも逆しなり量は大きくなるはずです。

ちなみに、この逆しなり量は手元を急激に止めたりしない限り、インパクトまではこの量を超えることはないと思われます。

 

もし、インパクトまでに、この逆しなり量を超えるようなスイングをしてしまったら、それはヘッドが減速ゾーンに入ってしまうことになりますのでご注意ください。

「手元をインパクトで止めましょう」なんて教えがありますが、それをやってしまうとおそらくほとんどのケースでヘッドは減速してしまいます。

インパクトまでは、上図の最大許容逆しなり量を超えてしまわないよう注意が必要です。適切なハンドファーストができていれば大丈夫でしょう。

そこら辺にある、折れた棒なり、紐状のものを伸ばすとき、両端をもって引っ張りますよね。その引っ張る力が求心力と遠心力だと考えればわかりやすいかもしれません。ゴルフクラブも曲がっていますから、引っ張られる力が加えられると一直線になろうとするわけで、その作用が逆しなりとなって現れると考えています。

従来の逆しなりはローリングシャッター現象による幻想である

逆しなり推進派の言う逆しなりとは、異常なほどにシャフトが逆にしなった状態のことを言っているようです。

ですが、この現象は、一昔前の性能が劣るカメラによって撮られた映像においてみられるもので、現代の高性能カメラでは、起こっても上図で説明した範囲内での逆しなりであると考えられます。

 

異常なほどシャフトが逆にしなったような映像が撮れてしまう現象(映像がゆがむ現象)のことを、ローリングシャッター現象と言いますが、これはカメラに搭載されているCMOSセンサーの仕業。

このCMOSセンサーは、上から下に順次スキャンして映像を組み立てるのですが、その時発生するタイムラグが映像のゆがみを引き起こしてしまうのです。

 

百聞は一見にしかず、以下の動画をご覧ください。

CMOSセンサーのスキャン方向を、通常の上から下の場合、右から左の場合で比較しています。

上から下の場合は、インパクトで大きなシャフトのゆがみが見られますが、右から左の場合はそれほどでもありません。

Golf Shaft Flex Distortion

しなり戻り とは

次に、しなり戻りについて考えてみます。

私の言うしなり戻りとは、切り返しで最大化する順しなりが、インパクトにかけて上図の遠心力によって得られる最大許容逆しなり状態にまで戻ることを意味しています。

これは、ゴム鉄砲で例えるとわかりやすいでしょう。

ゴム鉄砲の一番引き切ったところが、切り返しで順しなりが最大になった点、鉄砲の球が放たれるところが、インパクト近辺の最大許容逆しなりに到達した点になりますから、いうなれば、シャフトのしなり戻りとは、ゴム鉄砲のゴムのような存在であり、しなり戻りを利用して球を飛ばすとは、順しなりから上図の最大許容逆しなりまでの間でインパクトするということになります。

 

もし、ゴルフクラブのように重心のずれていない、バットのようなものでボールを引っぱたいたとき、逆しなりしてしまった状態としていない状態では、どちらのほうが飛ぶと思いますか?

私は、逆しなりしていないときのほうが飛ぶと思います。

なぜなら、逆しなり状態でボールをヒットするということは、すでにバット様の先端部が減速に入った状態ですから。

このことから、ゴルフクラブで球を打つ場合も、しなり戻りの最大許容逆しなり量の寸前でボールはヒットされるべきで、それを超えてしまったインパクトは、決して効率的であるとは言えません。

ゴム鉄砲のゴムに相当するのがシャフトであり、そのシャフトのしなり戻りによる弾性効果を使ってボールはヒットされるべきです。

 

ですので、手元を止めるなどして、無理に逆しなりを作り、上図の最大許容逆しなり量を超えるような状態を作ってしまうのは大変危険なのです。

適切なヘッドのリリースができていれば、遠心力によってシャフトは勝手にしなり戻りますから、そのしなり戻りの最中にインパクトが存在するようスイング技術を磨くべきではないでしょうか。

スポンサーリンク

効果的な、しなり戻りの作り方

ヘッドがビュンと走る感覚、どんな人でも一度は感じたことあると思います。

おそらく、このヘッドがビュンと走る感覚を持てたときに、シャフトはうまいことしなり戻ってくれているはずです。そして、そのときのインパクトは、先図の逆しなり状態でのインパクトになっていると思われます。

 

スイングを上空から見て、地面に投影して考えてみましょう。

そうすると、ヘッドが走る条件としては、支点となるグリップエンドをヘッドが追い越すことが必須であるとわかります。

飛球線方向にグリップエンドを動かし続けてしまえば、いつまでたってもヘッドは支点を追い越すことができませんから、ヘッドもいつまでたっても走ることなどできないのです。

スイング中、思い切って、グリップエンドを臍に向けるように動かしてください。そうすると、否が応でもヘッドはグリップエンドを追い越していきます。

また、グリップエンドを臍に向けるということは、求心力を増大せることですから、それと逆向きの力である遠心力も増大することになります。

この遠心力がヘッドの自然なリリースをサポートするのです。

 

ただ、グリップエンドを臍に向けるといっても、その前の準備が適切でないと難しいものになります。

もし、現在のスイングで、どうしても手元が飛球線方向に流れてしまう方は、だまされたと思って、ローリングアクションを入れてみてください。

切り返しからクラブの長軸方向にヘッドを回転させるのです。

【スイング探究】フェースローテーション・シャロー・飛距離にお悩みの方必見! ~ローリングに隠された秘密~
野球関連の本で、"ローリング"という言葉を見つけました。なんでも、バット長軸周りの回転をローリングと呼ぶのだとか。それをゴルフに適用すれば、シャフト軸周りの回転となります。ゴルフクラブはL字型ですから、とどのつまり、ローリングはフェースローテーションに大きく寄与するということです。なるほど、これまで腕の旋回運動がフェースローテーションの源だと思っていましたが、その実体はローリングにある。そう考えれば、プロや上級者の言う「フェースを返す意識は持っていない」だとか「フェースターンを抑えて振っている」という言葉の意味が理解できます。

まとめ

逆しなりとは、インパクトの一瞬をとらえたクラブの形のこと。それ自体を作りにいくことにあまり意味はありません。

しなり戻りの最中にボールをインパクトするよう心がけ、適切なヘッドのリリースができていれば、自然とシャフトが逆にしなったインパクトになっているはずです。

「手元を止めなさい」など、いろいろ言われていますが、本当にやってしまうと、それはスイングリズムを崩すだけに終わります。

臍にグリップエンドを向けるように動かせば、スイング系全体においての手元は相対的に減速するはずですから、これをもって力が末端側のヘッドに伝達され、しなり戻りを使った効率的なインパクトが可能になると思われます。

手元を止めるなんて意識は、よくある対症療法の一つに過ぎないのです。