新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【スイング探究】二重振り子スイング実現には、小さなゆらゆら素振りがヒントになる

スイング探究

二重振り子がゴルフスイングの基本原理であることは、【スイング探究】二重振り子スイングでぶっ飛ばせ!に書いた通りです。

そして、二重振り子では、第一セグメント(左腕)と第二セグメント(クラブ)をつなぐ手首の関節が、「プラプラ状態」であることが望ましいと述べました。

ですが、このプラプラ状態を意識するがあまり、体幹と腕をつなぐ肩関節もプラプラ状態にしてしまう方がいらっしゃるようです。

肩関節もプラプラ状態にしてしまうと、それは三重振り子。これでもうまくタイミングを合わせることができれば問題ないと思いますが、そのタイミング合わせは殊のほか難しい。どちらかというと、ミスヒットする確率のほうが上回ってしまうでしょう。

プロゴルファーがアドレスをとる前に、ゆらゆらとクラブを揺らす小さな素振りに、二重振り子スイング成功のヒントが隠されているような気がしています。

インパクトゾーンとゆらゆら素振り

プロゴルファーがティーを刺し、2,3歩下がってゆらゆらと小さな素振りを2,3回したあと、1回ゆっくりとクラブを振るショット前のルーティーン、皆さんの頭の中にも思い浮かぶことと思います。

何気ない風景ですが、次回この動きをテレビなどで見かけたときは、プロの腰の回転と両腕、そして手元の位置に注目してください。

小さな素振りであっても、皆、腰(股関節)から体幹を回転させ、両腕は胸の上、手元は体の正面の位置関係を保ったまま素振りをしています。

この動きはまさに二重振り子。ここに二重振り子の神髄が隠されているではないかと私は考えています。

 

二重振り子は、インパクトゾーンと呼ばれる半円状の領域で確実に成り立っていなければなりません。

この小さなゆらゆら素振りは、まさにそのインパクトゾーン。ここで手元が体から外れていなければ、万事うまくいくはずです。

その代表的な球を使った練習方法が「30ヤードのアプローチショット」なのかもしれません。

「なんでこんな地味な練習せんといかんのや」と思ったことがある方も、二重振り子のためと思ってトライすることをお勧めします。

おそらく、この距離が、ゆらゆら素振り同様、手元が体の正面から外れない丁度良い距離なのでしょう。

 

ちなみに、普通のショットでは、トップで手元が体の正面から外れますが、これはヘッドの慣性によって引っ張られた結果ですから問題ありません。

常に、体の正面から手元を外さない意識さえあれば、切り返しの反動によって自然と手元は体の正面に戻ってくるはずです。

慣性によって自然に外れた手元は、結果的に切り返し時の反動によって勝手に戻ってくると思えば、ゴルフスイングをもっとシンプルに考えられるようになるのではないでしょうか。

「テイクバックは体で上げる」の意味

「ヘッドが右足前を過ぎたあたりで、フェースは斜め下を向いていなければならない」

自分はこの教え、あまり好きではありません。結果的にそうなるのであって、自分で作るものではないと考えているからです。

 

上の指導を受けた方は、アドレスをとった後、クラブヘッドをひょいひょいと動かして、フェースの向きを確認していると思いますが、その時、腰も一緒に回していますか?

腰を回さず、手や腕だけでクラブを動かし、フェースの向きを確認すると、それだけで手元は体の正面から外れます。

また、実際に球を打つときも同様で、それをやってしまうと、当然手元が体正面から外れます。

一旦外れてしまった手元は、そのままトップまで先走りますので、ずーっと体の正面から外れたまま。後から体が手元に追いついて正面に戻るなんてことは起きないのです。

だから、腰を回して打てと言われても手元が遅れて打てないし(振り遅れ)、逆に手元を体の正面に戻そうと思えば手打ちになってしまいます。

こうなってしまうと、もう二重振り子を通り越して、肩関節も使った三重振り子です。ミート率も激下りすることでしょう。

 

要は、手や腕を使ってテイクバックせずに、腰(股関節)を回して手元が体の正面から外れないようにテイクバックしたほうがよいということ。

試しに、アドレスの形は極力変えずに、腰だけ回してテイクバックしてみてください。おそらく、右足前を過ぎたあたりのフェースの向きはそれなりになっていますから。

この意識が、インパクトゾーンにおける二重振り子に自然と繋がるのです。

スポンサーリンク

腕は体幹と一体のものとして振る

「腕を振れ」という指導方法も間違いではないと思いますが、あえて言うなら、「体幹と一体のものとして腕は振られる」べきです。

「リラックスして、手首をプラプラにして、腕を振れ」と言われれば、おそらくほとんどの人が、肩関節から腕を動かして振る様を想像するでしょう。

しかし、そうすると二重振り子ではなく三重振り子になってしまいますので、芯でとらえることが難しくなってしまいます。

 

対して、「上腕が胸の上から外れないようにスイングする」という意見。私はこちらの方針に賛成です。

もちろん、先述したようにトップでは外れますが、それは反動によって戻ってくるはず。

上腕が胸の上から外れないよう、極力体の正面に手元がある意識をもつだけで、ミスヒットの要因を減らすことができ、さらに体全体のパワーでインパクトすることが可能となりますから。

 

つまり、「腕を振りたければ、体幹と一体で振るしかない」ということです。

腕主体で振ったほうが芯で捉えやすいと感じるかもしれませんが、そうすると三重振り子になってしまいますので、逆に難しくなってしまうと思われます。

まとめ

この「小さなゆらゆら素振り」。(あまりに暇でしたので)Youtubeで女子プロゴルファーの試合動画を見ていた時に気づきました。

連続的に2,3回やるようにすると、何となくヘッドの走りを感じらるれるようになると思います。

そうして、だんだんと大きなスイングにもっていけば、先述した「ヘッドの慣性に引っ張られたトップ」もわかってくると思うのですが。

ご興味持った方は「小さなゆらゆら素振り」をお試しください。手首プラプラもお忘れなく。

関連記事

【スイング探究】二重振り子は、ゴルフスイングの根本原理
ゴルフのスイング解説で度々耳にする二重振り子。二重振り子スイングを体得すると、どうなるのでしょうか。「ヘッドスピードが上がり、飛距離が伸びる」「プロのようにやわらかく、しなやかな「ムチ動作」になる」「その他、すべてが良くなる」3つ目は何やら怪しいですが、まんざら嘘でもありません。二重振り子はゴルフスイングの根本原理なのですから。