新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【スイング探究】地面反力を利用したジャンプ打法で飛距離もジャンプアップ!

スイング探究

インパクトで地面を蹴り上げ、あたかもジャンプしながら球を打っているかのように見えるジャンプ打法。

レキシー・トンプソンやジャスティン・トーマスなど、プロゴルファーにも多くみられるようになった打ち方です。

一昔前までは、体の上下動を極力抑える打ち方が主流でしたが、今や飛距離が重視される時代。GGスイングなど、地面反力を有効に使う理論が台頭してきたこともあり、上下動に対するアレルギーもだいぶ緩和されてきたように感じています。

ところでなぜ、ジャンプするとボールを遠くに飛ばすことができるのでしょうか?今回はその秘密を探っていくことにしました。

ジャンプ打法は邪道だ!と考える保守的な方も、飛ばし命の進歩的な方も、結局のところ、やるやらないはあなた次第。その判断を下すのは、理屈がわかってからでも遅くはありません。

スポンサーリンク

ゴルフスイングには地面反力が不可欠

人が力を発揮する方法として、真っ先に思い浮かぶのが己の筋肉。その出力値は、筋肉の断面積に比例すると考えられています。

ですので、筋肉量の多い人ほど(太い筋肉を持っている人ほど)出力値が大きくなると言えるわけですが、とはいえ、飛ばし屋が皆、ゴリゴリのマッチョかというとそうでもありません。

細身の体躯の選手のなかにも、飛ばし屋はいっぱいいますから、筋力が全てでないことは自明であります。

 

であれば、細身で飛ばし屋の選手達は、いったいどこから力を調達しているのでしょうか。

スイング技術の高さ云々はひとまず脇に置いておいて、力の調達経路に限定して考えてみれば、最も有力なのが地面です。というか、ゴルフスイングに限って言えば、地面しかないと言えるでしょう。

地面は基本的に動きませんから感覚的にはわかりにくいのですが、この世界には作用・反作用の法則というものがあり、足を踏み込むことで、それと同じだけの力を地面から得られることがわかっています。

これがいわゆる地面反力。これにより、外部から力(外力)を調達することができるというわけです。

ちなみに、風も外力の一種ですが、ゴルフスイングにおいてのそれは、不安定さを増長するマイナスの要素にしかなり得ません。

 

スポンサーリンク

 

さらに、ゴルフスイングにはそもそも地面が必須であるという現実があります。

高いところから飛び降りながらのスイングが成り立たないことはわかりきったことですが、これは、筋肉によって発揮された力を受け止めるだけの反作用的な力が、地面なきゆえ発揮できないことに起因しています。

つまり、己の筋力を生かすも殺すも、地面からの外力次第。地面がないと、安定したスイングは成り立たないのです。

どうせ地面を使うのであれば、できるだけ効果的に使いたと思うのが人間でしょう。

その方法の一つとして、地面反力を使ったジャンプ打法があるわけです。

ジャンプ打法の飛びの秘密は、ブランコの原理

ジャンプ打法はブランコの原理で説明できます。

ここからは「トップアスリートの動きは何が違うのか 山田憲政 著」から図をいくつか拝借して説明させていただくことにします。

 

(引用:トップアスリートの動きは何が違うのか 山田憲政 著)

 

上図のように「最下点では膝伸ばして重心を高くし、切り返しの最上点で膝を曲げて重心を落とす」これがブランコの立漕ぎにおける基本動作です。

 

また、ブランコの振幅を大きくする力は、回転中心から重心までの距離が変化することによって発生するコリオリ力」によるものであることが、下図によって説明されています。

 

(引用:トップアスリートの動きは何が違うのか 山田憲政 著)

 

図中のコリオリ力の向きに注目してください。円弧の接線方向にコリオリ力が発生しています。

つまり、ゴルフスイングにおいてのコリオリ力は、丁度ヘッドを加速させるよう働くことになるわけです。

 

ここで、コリオリ力の発生条件をおさらいしておきますが、要は、ブランコの原理と同じで、回転中心から重心までの距離を変化させることにあります。

ゴルフスイングで考えた場合、切り返しから沈み込む動作、これがブランコで言うところの最上点で膝を曲げる動作にあたるでしょう。

そして、沈み込んでからのジャンプ動作(インパクト付近)、これが最下点で膝を伸ばした状態に相当します。

このことから、ジャンプ打法は力学的にも正しく適切な動作であると言って、問題はないはずです。

 

スポンサーリンク

振幅の減衰に注意する

ジャンプ打法を実践するにあたっては、振幅が減衰しないよう正しい意識付けをしておくことが肝要です。

 

(引用:トップアスリートの動きは何が違うのか 山田憲政 著)

 

グラフ左側が振幅を増大させたときの波形、右側が減衰させたときの波形なのですが、右と左で全くの逆位相になっていることがわかります。

ここで、ブランコを止めるときのことを想像してください。

振幅を大きくしたいときと真逆の動き(ブランコの切り返しで体を伸ばし、最下点で体を縮める)をしてブランコを止めようとする人が大半だと思います。

このことを波形で表したのが上図であり、事実、振幅を大きくする時の動作と小さくする時の動作は、全く逆の動作なのです。

 

ということで、ジャンプ打法を実践するにあたり、持つべきではない意識というものが見えてきました。

それが、インパクトで体を縮める意識です。

体を縮めることで、切り返し時の重心位置より、インパクト時の重心位置のほうが低くなってしまえば、ヘッドスピードは減衰して遅くなるはず。

体を縮めるよう使うことで、大きな力が発揮されると説く教えもありますが、コリオリ力のことを鑑みれば、マイナスに働く可能性のほうが高いと言えるでしょう。

 

では、どういう意識付けをするのが正しいのか、明確にお答えすることはできませんが、少なくとも地面を踏みつける意識、もっというなら地面反力を使う意識が役に立ちそうだと考えています。

インパクト付近で地面を踏みに行くことをあらかじめ見越した上で、切り返しから沈み込む動作を入れるなどすれば、その反作用としての踏み込み動作が容易になるのではないでしょうか。

少なくとも、切り返し時の重心位置より、インパクト時の重心位置の方が下がってしまうような現象は、避けることができると思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

ジャンプ打法、やるのかやらないのか、それはあなた次第です。

積極的には勧めませんが、理に適っていることは事実ですから、やってみる価値はあると思います。

もちろん私もやってみましたが、その時は案外当たるなあという感じ。また、飛距離も伸びたような気がしました。

とはいえ理想は、ナチュラルなスイング。

その中で自然にジャンプ打法になる方はそのままでノープロブレム。誰になんと言われようと、直す必要はありません。一方、ならない方はコリオリ力がマイナスに働かないよう重心位置に気を配るなどすればOKでしょう。

兎にも角にも、ジャンプ打法の秘密が分かれば、自分なりにアレンジができると思いますので、色々試してみるのが一番です。

結局のところ、今回のポイントはただ一つ、「切り返し時の重心位置より、インパクト時の重心位置を高くする」これだけなのですから。

参考書籍