新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【スイング探究】最適な体重移動(荷重移動)のタイミングを習得する方法

スイング探究

おそらく、一生答えは出てこないであろう体重移動問題。

それもそのはず、右足軸、左足軸、左右二軸、センター軸など、プレーヤーの軸への意識がバラバラなのですから、いくつもの答えが存在して当然なのです。

とはいえ、特殊な場合を除いて、体重移動は右から左が基本(右打ちの場合)。連続素振りを試してみれば、自然とそうなることがお分かりいただけると思います。

ということで今回は、バックスイングで右に体重を乗せ、ダウンスイングで左に体重を乗せる、ノーマルなスイングでの最適な体重移動のタイミングを探っていくことにしました。

尚、本記事では体重移動と荷重移動を同じ意味として使用しますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

一般アマチュアの体重移動は遅過ぎる

正しい評価をするためには、主観ではなく客観的なデータが必要となります。

そこで、「ゴルフ新上達法則:鈴木タケル / 一川 大輔」という本から、参考となる客観的データをお借りすることにしました。

 

[引用:世界のスポーツ科学が証明する ゴルフ新上達法則(鈴木タケル、一川大輔 著)]

 

上図では、赤い□がアベレージゴルファーの床反力、白い〇が上級者の床反力を示していますが、ここでご注目いただきたいのが、図2に示された右足床反力のピークのズレです。

上級者の右足荷重のピークはバックスイングにあり、しかし、アベレージゴルファーのそれはトップになっています。

この事実をもってして、上図見出しにあるように「一般アマは体重移動(荷重移動)のタイミングが遅い」と言えるわけですが、ではなぜ、このようなタイミングのズレが生じてしまうのでしょうか。

 

私が思うに、その原因はスイングの始動の順番にあり、もっといえば、クラブを手で上げるのか、体で上げるのかの違いが関係していると考えています。

スポンサーリンク

スイングの始動は下半身から

スイングの始動の順番は、人によって様々です。

しかし、先項でご紹介したようなピークのズレを生み出すには、下半身からの始動がマストであるように思えて仕方ありません。

ヘッドのみを30cmほどまっすぐ引いた後、肩を回せば腰は勝手についてくるという考え方もありますが、私はこれを何度やっても上手くいきませんでした。

どうしても手上げになってしまい、挙句の果てにはオーバースイングになってしまうのです。

 

そもそも、バックスイングの途中に右足荷重が現れるという現象は、下半身先行型の始動でなければ無理な話です。

というのもこれは単純な話で、手元を先行させるということは、バックスイングの途中で下半身がクラブを追い越す必要が出て来るためです。

体重移動は思ったより時間がかかるもの。バックスイングの途中に右足荷重のピークを持って行くには、時間的余裕が無さ過ぎます。

 

マキロイの捻転差(Xファクター)のピークは、切り返し直後にあると言われていますが、これを私は、トップでダウンスイングの準備を完了させる必要はないと解釈しました。

(下半身の)切り返し直後が本当のトップであり、このときにXファクターが最大になっていれば良いのです。

そう考えれば、下半身は常に先行して動いていなければならず、クラブは下半身につられて動かなければならないことがわかります。

この動きが出来た時の右足荷重のピークがどこになるか想像してみてください。

おそらく、先に示した図と同じようになっているはずです。体でテイクバックするとは、まさにこのことを言うのでしょう。

【スイング探究】大きな捻転差は飛距離を生むのか? ~ Xファクターを考える ~
「大きな捻転差が飛距離を生む」と一般的に言われていますが、本当でしょうか?私も「捻転差は大きいほうが良いだろう」と考えていた時期があったわけですが、最近は「捻転は必要だが、飛びには直結しない」と考えるようになりました。「カラダが捻じり戻る力を利用して飛ばすんだよ」・・・もっともな理屈のように聞こえますが、いざ意識してそれをやってみても、どうもしっくりこないのです。そもそも、捻転の役割って何なんでしょうね?
スポンサーリンク

正しいタイミングは連続素振りで習得する

トップの位置や形など何も気にせずリラックスして連続素振りをやってみると、下半身が常に先行していることに気付くはずです。

連続素振りにおける荷重移動のタイミングこそが、先に示した上級者の荷重移動のタイミングなのだと、私は考えています。

体重移動を極める!

連続素振りでタイミングやリズムを掴んだら、実際のスイングに落とし込んで行くわけですが、これがなかなか難しい。先述のとおり、テイクバックで手もしくはヘッドを一番最初に動かしてしまう人は要注意です。

荷重分布に基づいた考察

図2のバックスイングからトップにかけて減少した上級者の右足荷重ですが、いったいどこに行ったのでしょうか?

というのも、右足の荷重減少分が、そのまま左足に加算させていれば何の問題もないのですが、バックスイングからトップにかけての左足の荷重分布(図1)は、ほとんど横ばいの増減なし状態。

つまり、右足荷重がどっかに消えてしまったようにしか見えないのです。

 

推測ですが、切り返しから沈み込みを入れると、グラフ的にこうなるのかなと。

これは、他のスポーツで言うところの「抜重」に相当すると思われ、スキーやスノーボードなど、ターン(切り返し)するときに入れてあげる「抜き」の動作が、上級者のスイングには自然と組み込まれているのだと考えています。

スポンサーリンク

動作に基づいた考察

前述の荷重グラフを再現するために、どのような動作が必要とされるのか考えてみます。

連続素振りで体感していただきましたが、下半身が先行するということは腰も先行しているはずです。

そこで腰の動きに注目しますが、なかでも右腰を意識するようにしましょう。

PGAツアー選手で言えば、マキロイの動きがお手本としてふさわしいと思われます。

ローリー・マキロイ Rory McIlroy ~Driver Shot~【2019 Farmers Insurance Open】

トップで右腰が飛球線方向にクイッと入るのがお分かりになると思います。

私は、この「右腰がクイッと入った形がトップである」と意識するようになってから、格段にクラブが振れるようになりました。

皆さんもやってみればわかりますが、この形を取り入れることで、意識的に左足に体重を移さなくても自然と体重(荷重)移動が起こるようになります。

自然で速やかな体重移動、そのためには「トップで右腰に拳半個から一個分のスペースを作る意識」を持ってみるとうまくいくかも知れません。

スポンサーリンク

マキロイ風体重移動が参考になる

ここまで、下半身先行の体重移動を説明してきたわけですが、余計な力を使わず、意識を持たず、スムースに体重移動するには、体を左サイドに倒すよう使うといいかと思います。

ペットボトルの注ぎ口側を指で押せば簡単に倒れますが、底側を押すと倒れない。ずるずると並進移動するだけです。

 

右投げの野球のピッチャーは、左足を踏み出すとき、右足を蹴るように使っているのでしょうか。

答えはNO。

体が倒れる力を利用して踏み出しているはずで、これを真似ることにより、スイング中の余計な力や意識を捨て去ることができるのだろうと考えています。

詳細は以下のリンクを参照ください。

#4 マキロイの左踵に注目!これができればあなたも手打ちから脱却できる!(馬ウマ天国:延長戦)
【前回(#3)までのあらすじ】左サイドリードのヒントはダスティン・ジョンソンとマキロイにあり、そう話すパンゴルであった。ダスティン・ジョンソンのフォワードプレスは、単に始動のきっかけづくりだけではなく、手元を左サイドにキープする効果があり、そして、マキロイに関しては、切り返しからの左踵の動きが鍵になる。左への体重移動ができれば、マキロイのような左踵の動きになることを突き止めた後輩Aであるが、実は、難しいのは、体重移動そのものではなく、そのタイミングであるとパンゴルは言う。焼酎のボトルは残り僅か。飲み切るまでに、この謎を解くことができるのか?場所は居酒屋「馬ウマ天国」である。

まとめ

私は、単なる形としての力強い「静」のトップを目指すよりも、力強い「動」の切り返しを目指した方が、自然でスムースなスイングに近づくことができるはずだと考えています。

ですので、正直な話、トップで一旦静止する「ストップ&ゴードリル」や、ものすごーくゆっくりな「スローモーション素振り」をやっても上手くならないんじゃないかと思ってしまうわけです。

そして、アベレージゴルファーがいつまでたってもアベレージである理由は、こういう練習方法にあるのではないかと・・・・。

それはともかく、ゴルフはリズムやタイミングがとても大切。スイングの始動から勝負は始まっていると考えて間違いありません。

参考書籍