新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【スイング探究】ゴルフスイングは形を真似るだけだとろくなことにならない

スイング探究

理想の形は正しい動きの中で形成される

ゴルフだけでなくスポーツ作全般に言えることですが、形だけを真似してもうまくならないのは皆さん身をもって体験しているはずです。

しかし現実は、切り取られた瞬間の形を真似ることに意識が集中してしまい、結果的にギクシャクとしたスイングになってしまっている方がほとんどです。

もちろん、形を真似ることが間違いというわけではありません。しかし、それでうまくいったとしても所詮は対症療法、継続的な上達には繋がりません。

例えば、理想のトップを作りたいとき「ここにクラブを上げる!」など、瞬間の形を再現しようとしていませんか?この意識が間違いのもとなのです。

スイング中、体はフィニッシュまでずーっと動き続けなければなりません。しかし、トップは「この形」とばかりにキメにいくから、タイミングが狂ってしまい、結果的に手打ちになってしまうのです。

トップの形を作りにいくのではなく、アドレスから正しいテイクバックをした結果、理想のトップが形成されるよう意識改革をしていくことが重要となります。

スポンサーリンク

トップは切り返しの動作の中で形成されるもの

理想のトップ作りを例に考えてみましょう。

理想のトップの形は各個人で異なって当然です。十人いれば十人の異なるトップの形が頭の中に描かれているはず。ただ、重要なのはトップの形ではありません。

なぜなら、トップは切り返し動作の中で形成される途中経過を切り取ったものに過ぎないからです。

以前から私は、切り返しでは反動(SSC)を使うべきと主張してきました。平たく言えば、SSCとは体をバネのように使うことを意味します。(SSCについてはこちらの記事で)

切り返しがバネであるとしたら、トップはバネが最も引き伸ばされた状態ですので、速やかに元に戻るのが当然です。しかしながら、ゴルフのレッスンではよくトップで一旦動きを止めさせて「くっ、苦しい」なんてことを体験させていますが、、、冷静に考えて、これって意味ありますか?(そりゃあ苦しいでしょうよ。腱のバネ作用を筋力で戻らないようにしているのですから)

SSCをもっと身近な例で説明すれば垂直跳び、一度しゃがみ込んでジャンプする動きです。垂直跳びの記録を伸ばすために、しゃがみ込んだ姿勢で一旦止まる練習をする人は、、、いませんよね。

つまり、理想のトップを手に入れたいのであれば、テイクバック始動の瞬間からダウンスイング初期における一連の動作を磨くこと、「静」ではなく「動」として捉えること、これにつきます。

トップからの自然落下について

本当にトップからクラブと腕を自然に落下させてしまうと、せっかく引き伸ばして作ったバネがその間に戻ってしまう可能性が高いです。もし、自然落下をスイングに取り入れたい方は、重力で落ちてくるのを待つのではなく、バネの作用を使って加速させるくらいの意識を持った方が無難です。

そこで、わざわざテイクバック(もしくはバックスイング)する意味も考えてみましょう。私にはどうしても反動(SSC)を利用するためとしか思えません。もし反動を利用しないのであれば、最初からトップの形を作ってスイングした方が当たるんじゃないでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

今回はトップの形を例に説明しましたが、これと同じことはタメの形であったり、インパクトの形であったり、他の形においても共通して言えることです。

スイングの理屈を理解して、正しい動作を行うことができれば、結果的に理想的な「形」が形成される。そういう意識を持った方が、上達が早くなること間違いなしです。

関連記事

【スイング探究】反動を使って飛距離アップを狙う ~伸張‐短縮サイクル(SSC)の効果~
飛距離アップには筋力トレーニングが欠かせませんが、反動を正しく使いこなすことができれば、筋トレするよりも、もっと短時間で効率的に飛距離アップを実現することができるでしょう。そもそもゴルフスイングは、アドレスから飛球線と反対方向にクラブを振り上げることからわもかるように、反動を使うことで成り立つものです。全く反動を使わないのであれば、野球のバッターのように構えてボールを打っても問題ないはず。しかし、そのようなプレーヤーは見たことがありません。つまり、どんなスイングの人でも、少なからず反動を使っているのです。