新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【スイング探究】右手の回内を促す野球とゴルフの共通動作 ~能動的フェースターン不要の理~

スイング探究

野球のピッチングとゴルフスイング、ボールを投げる動作と打つ動作という違いはありますが、右手の回旋運動(右投げ、右打ちを想定)に着目すれば、ほとんど同じ理屈で説明が可能です。

ボールのリリース、もしくはインパクトにおける右手の回旋運動は、どちらも内側に腕を捻る(回内)方向。

この事実により、右手の回内動作がピッチャーであればキレ球を、ゴルファーであればスパッとヘッドが走るキレスイングを生み出していると推測できますが、この時の球の出所、クラブの出所はどちらも肩口からという共通点があります。

つまり、どちらの場合も肩のラインの延長戦上に球やクラブの出所があると言え、そうなっているときに、右手の回内動作が発生すると言い換えることができるわけです。

右手の回内動作はフェースを閉じる方向に働きます。そのため、正しいスイング動作を身につけているプロは、フェースを返す意識など持たなくて済むのです。

スポンサーリンク

ピッチャーの球の出所を確認する

野球のピッチャーの投げ方は大きく分けて次の3つに分類されます。

  • オーバーハンド(クウォーター含む)
  • サイドハンド
  • アンダーハンド

 

一見全く異なる投げ方のように思えますが、球の出所はほぼ同じ。肩のラインのほぼ延長線上にあります。

違いは体幹軸の傾きです。下の画像でご確認ください。

(<知的>スポーツのすすめ:深代千之 著、より引用)

 

オーバー、サイド、アンダースロー、球の出所が体幹の傾き具合によって調整されていることがわかります。そして、肩のラインと体幹軸が常に直交する関係にあることも。

 

ゴルフスイングも同じで、クラブの出所は体幹軸と直交する肩のラインのほぼ延長線上にあります。

肩関節の可動域やエネルギー効率の良さから、皆意識せずとも、肩のラインの延長線上に最適なクラブの出所を見い出しているのだと思われます。

スポンサーリンク

ジャイロ効果で、右手の回内トルクが増大する

球やクラブの出所は、肩のほぼ延長線上にあると述べましたが、実は、この「ほぼ」という言葉にとある効果が隠されており、正確には、肩のラインよりも少し下、体幹軸に直行する平面と腕振り平面に角度差が存在するとき、十分な回内トルクが発生すると言うことができます。

そのとある効果とは、ジャイロ効果のこと。

まずは下図にて、体幹軸に直交する平面と腕振り平面との間に角度差が存在していることをご確認ください。

 

(トップアスリートの動きは何が違うのか:山田憲政 著、より引用)

 

体幹軸に直交する平面と腕振り平面の間にある角度差が、ジャイロ効果を生み出し、右手の回内トルクを増大させます。

しかも、この回内トルクは自然発生的なものです。筋力によって発揮させるような種類のトルクではありません。

つまり、腕力ではなく正しいスイング動作を身につけることが、このトルクの恩恵を受けるための唯一有効な手段であるわけです。

 

尚、ジャイロ効果についての詳しい説明は省かせていただきました。

ご興味ある方は、以下の記事を参照ください。

【スイング探究】シャローイングが、スイングにキレを生む ~ジャイロ効果によって生じる右手の回内運動~
昨今、何かと話題のシャローイングですが、その一番のメリットは「スピン量の低減」にあると思います。これにより飛距離アップに期待ができるわけですが、しかしながら、シャローイングの効果はこれだけではありません。スイングにキレを生み出す効果もあるのです。ここでいう「キレ」とは、スパッと振り抜かれるヘッドの走り。これは、シャローイングを行うことで自動的に引き起こされるジャイロ効果のおかげです。地球ゴマが倒れそうで倒れないのはジャイロ効果のおかげ、良いピッチャーの投げる球にキレがあるのもジャイロ効果のおかげ、そしてスパンと振り向かれるクラブヘッドもジャイロ効果のおかげなのです。
スポンサーリンク

スライスの原因は、クラブの出所が肩のラインより上にあるから

右手の回内動作は、体幹軸平面と腕振り平面の角度差によって発生するのですから、この事実をもってして、スライスの原因も特定することができます。

クラブの出所が肩のラインより上にあれば、回内ではなく回外する方向にトルクが発生すると思われ、それがスライスの原因になるというわけです。

 

手打ちがスライスの原因とよく言われますが、その本質はクラブの出所が肩のラインより上になりやすいことにあります。

また、手打ちを誘発するのは、切り返しからクラブを立てる意識。

クラブを立てるため「前倒し」を意識されている方もいらっしゃると思いますが、実際には逆効果となってしまっているはずです。

 

ほとんどのプロのクラブの出所は、肩のラインより下にあります。だから、つかまりフェードが打てるのですが、アマチュアの出所は肩のラインより上。ぺらスライスにしかならないのです。

スポンサーリンク

まとめ

伊澤利光プロは「ゴルフスイングは横振りだ」と、氏の著書「ゴルフ本物のスイング理論」の中で言っています。

もうお分かりでしょう。横振り意識を持たないと、ジャイロ効果の恩恵が受けづらくなってしまうのです。

 

また、最近流行のシャローイングですが、これができれば勝手にフェースも返るはず。これも、ジャイロ効果によって説明できます。

スイングを崩してしまうような無理なシャローイングは推奨しませんが、少なくとも肩のラインの延長線上にクラブの出所が位置するような意識は持っておくべきでしょう。

 

それと、「旧来の教えである切り返しからクラブを立てる意識」は、完全に捨て去るべきです。

 

結論:能動的なフェースターンは不要です。正しいスイングができていれば、フェースは勝手に返ります。

 

最後に、横振りやシャローイングにトライはしたけど、フェースターンを感じることができなかった方は、ローリングをお試しください。

ローリングとはシャフト軸周りの回転のこと。腕のローテーションとは異なります。

【スイング探究】フェースローテーション・シャロー・飛距離にお悩みの方必見! ~ローリングに隠された秘密~
野球関連の本で、"ローリング"という言葉を見つけました。なんでも、バット長軸周りの回転をローリングと呼ぶのだとか。それをゴルフに適用すれば、シャフト軸周りの回転となります。ゴルフクラブはL字型ですから、とどのつまり、ローリングはフェースローテーションに大きく寄与するということです。なるほど、これまで腕の旋回運動がフェースローテーションの源だと思っていましたが、その実体はローリングにある。そう考えれば、プロや上級者の言う「フェースを返す意識は持っていない」だとか「フェースターンを抑えて振っている」という言葉の意味が理解できます。

参考書籍