新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【スイング探究】「慣性モーメント」を活かして飛距離アップ

スイング探究

ゴルフスイングの解説でよく耳にする「慣性モーメント」。

よくわからないという方も多いと思いますが、簡単に言えば、皆さんがゴルフスイング中に「感じる重さ」、実はこれが慣性モーメントの正体なのです。

ゴルフクラブの重量が全く同じものであったとしても、異なる振り方をすれば、重くも感じますし、軽くも感じます。なぜなら、振り方によって慣性モーメントの大きさが変わるから。

軽いもののほうが速く振れるのは当然のこと。ですから、慣性モーメントをうまいこと使うことができれば、ヘッドスピードも上がると言って間違いありません。

では、どのようにすれば、慣性モーメントをうまく使いこなすことができるのか?一緒に考えていきたいと思います。

慣性モーメントとは?

慣性モーメントの「大・小」を、まずは単純な動作で体感してみましょう。

下図①のように、ゴルフクラブをヘッド側とグリップ側、両方のケースで持ってみてください。

 

[クラブヘッド側を持つ]

 

[グリップ側を持つ]

図①

 

左側のようにヘッド側を持ったほうが軽く感じますよね。逆に、グリップ側を持つと重く感じるはずです。

感じる重さと慣性モーメントとの関係を表にまとめると以下の通りになります。

感じる重さ慣性モーメント
軽い
重い

 

地球には重力が働いていますから、クラブヘッドには「重力加速度xヘッドの重さ」分の力が加わります。

すると当然ながら、クラブヘッドは図②のように手を中心として回転しようとしますから、それを支えるため自分で筋力を発揮することになります。

この発揮した筋力の大きさが重さとして感じられたわけです。

 

[ヘッド側:回転円が小さい]

[グリップ側:回転円が大きい]

図②

 

感じる重さの違いが、慣性モーメントの大きさの違いです。そして、回転円が小さいときより、大きいときのほうが重く感じます。

よって、慣性モーメントの大きさは、力が作用する点(ヘッド重心)からの距離に比例し、距離が長くなると大きくなり、短くなると小さくなることがわかります。(もちろん、ヘッド重量の大・小にも依存します)

 

また、慣性モーメントが大きいと、それだけ大きな力が必要となるわけですから、裏を返せば、非力な人ほど、慣性モーメントをうまく使いこなす必要があると言えるわけです。

もちろん、筋力に自信がある方も、慣性モーメントをうまく使いこなせばプラスになることは、言うまでもありません。

 

ちなみに、慣性モーメントの慣性とは、惰性(だせい)のこと。

惰性ですから、その言葉どおり「止まっているときはその場に留まり続けようとし、動いているときはそのまま動き続けようとする性質」を持っています。

100m走で、スタートダッシュに爆発的な力が必要なのは、その場に留まろうとする惰性が働いているから。走り切って、ゴールラインでピタッと止まれないのは、動き続けようとする惰性が働いているからです。

スポンサーリンク

タメを作って慣性モーメントを小さくする

飛距離アップさせるには、ヘッドスピードをアップさせるのが最も手っ取り早い方法です。

そこで、ヘッドの重さが極端に違う2種類のクラブを振ったときについて考えます。

 

300gの軽いヘッドと1kgの重いヘッドのクラブを振ったとき、どちらのクラブのほうが速く振れると思いますか?

答えは簡単、誰しもが、300gの軽いほうが速く振れると答えることでしょう。

 

そこで、ヘッドの重さが300gの軽いクラブを、2種類の極端に異なる振り方で振ってみます。

一つは、腕とシャフトが常に一直線になるような振り方、もう一つは、ある程度コックやタメを使って振る通常の振り方です。

おそらく、通常の振り方のほうが軽く感じるはずです。なぜなら、コックやタメを入れると、スイングの回転中心からヘッドまでの距離が短くなるためです。

つまり、通常のスイングは、腕とシャフトが一直線になるスイングよりも、慣性モーメントが小さくなるように振ったことになりますから、軽く感じるのは当然のこと。その結果ヘッドスピードが速くなったとわかります。

 

もうおわかりでしょう。

体の回転軸とヘッドとの距離が短いほど、慣性モーメントは小さくなり、その結果、速く振れるようになるのです。

慣性モーメントが小さくなるように振るためには、いわゆるタメが重要です。タメができれば、体の回転軸からヘッドまでの距離が短くなりますので、速く振るのに有利に働くというわけです。

※ここでのタメとは、コック角が90度くらいの腕とクラブにおけるタメを意味します。

タメの程度はひとそれぞれだと思いますが、絶対にやってはいけないのがキャスティングキャスティングしてしまうと、慣性モーメントが大きくなりますから、ヘッドスピードは上がりません。

慣性モーメントのうまい使い方

慣性モーメントをうまく使うとは、具体的にどのような使い方になるのかを考えてみます。

 

前の章で、ヘッドスピードを上げるためにはタメが必要であると述べましたが、いつまでもタメ続けていたのではボールを打つことなどできません。

ですから、どこかのタイミングでタメをリリースしなければならないのですが、そうすると、当然ながら慣性モーメントも大きくなってしまいます。

ただ、慣性モーメントが大きくなるからと言って、クラブヘッドがすぐに減速するわけではありません。

 

ここで、慣性とは、惰性であることを思い出してください。

「止まっているときはその場に留まり続けようとし、動いているときはそのまま動き続けようとする性質」が慣性であり惰性ですから、ヘッドが加速され、スピードが乗っていれば、もうイケイケ状態。

そのまま動き続けようとするわけですから、インパクトに向けて慣性モーメントが大きくなろうと、ヘッドはそのままのスピードで走り続けようとするのです。

 

つまり、切り返し直後ではタメを作って慣性モーメントを小さくしておき、スピードが乗ってきたらインパクトに向けてタメをリリースして、今度は、慣性モーメントを大きく使う。

 

ただし、自発的に手首の力でタメをリリースするのではなく、遠心力を使って自然にリリースすることを心掛けます。

二重振り子がゴルフスイングの根本原理。ですから、手首に力を入れてしまうとそれはマイナスに作用します。手首はプラプラ状態が望ましく、手首に力を入れるほどクラブヘッドは加速しなくなるのです。(二重振り子の詳細は、こちらもしくは記事最後のリンクから)

ゴルフレッスンで「クラブは重く使え」と言われた方もいらっしゃるかもしれません。もしそういう方がいらっしゃいましたら、「重く使う」とは「インパクトに向けて重く使う」ことと解釈ください。切り返し直後は軽く使って、インパクトに向けて重く使うのが正しい慣性モーメントの使い方であり、スイング中のすべてにおいて重く使ってしまうと、慣性モーメントは終始、抵抗として働いてしまいます。
スポンサーリンク

まとめ

性モーメントは、ダウンスイングの前半で小さく、インパクトでは大きくが正しい使い方です。そのためには、切り返しからのタメが重要で、さらに遠心力を使ってリリースできれば言うことありません。

しかしながら、クラブヘッド加速のメカニズムはもっと複雑で、とても慣性モーメントの理屈だけでは説明できません。

加速のメカニズムについて理解を深めたい方は、こちらの記事も参照ください。

本記事では触れませんでしたが、クラブ自体の慣性モーメント(ヘッドとシャフトの関係)も同じことです。この場合、ヘッドの重心からシャフト付け根までの距離で考えます。大型ヘッドのドライバーの重心位置は、どうしてもシャフトの付け根から遠い位置になってしまいますので、慣性モーメントは大きくならざるを得ません。その結果、フェースが返りにくくなり、良く言えば、直進性が良くなる、悪く言えば、コントロール性が低下することになります。