新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【スイング探究】頭を自然に動かして「インサイドアタック」を手に入れる!

スイング探究

インサイドアタックとは、飛球線に対しヘッドが内側から入ってくる軌道のこと。

そう考えれば、インサイド-アウトとインサイド-イン、この2つがインサイドアタックに分類されることになりますが、ここで注意しないといけないのが、インサイド-インはあくまでもスインガー目線における見た目の軌道であるという点です。

クラブヘッドは、あくまでも平面状を推移します。

ですので、たとえスインガー目線でインサイド-インに見えていたとしても、実際の軌道はストレートになっているはずで、これは視点位置がグリップエンドにあると考えれば、ご理解いただけるはずです。(視点をグリップエンドに置けば、ヘッドが飛球線と平行に推移するストレート軌道に見えるはずです)

それでは、なぜインサイドアタックのほうが良いのでしょうか?

おそらく、フェースターンを気兼ねなく行うことができるからでしょう。これにより、つかまった強い球が打てるようになるはずです。

アウトサイド‐インの軌道でフェースターンしてしまうと、プルフックのミスにつながる可能性が高まりますから、逆にフェースターンを抑えなければならない。したがって、つかまり球が打ちづらくなってしまうわけです。

全部が全部、インサイドアタックが良いとは言いませんが、少なくともボールを遠くに飛ばすことを目的としたドライバーショットでは、インサイドアタックの方が望ましいと言うことができるでしょう。

スポンサーリンク

ドライバーでインサイドアタックが望ましい理由

ドライバーショットにおけるヘッドの入射角は、レベル~アッパーブローが望ましいと言われています。

これにより、スピン量の低減に期待できるわけですが、アッパーブローにヒットするということは、クラブヘッドが最下点を過ぎてからボールをヒットするということ。

最下点を過ぎたクラブフェースは閉じていきますので、それを考慮すると、インパクト時点でのフェースの向きは、飛球線方向に対し左を向くことになってしまうわけです。

ですから、ドライバーショットではダウンスイングのプレーンを右に傾けておかなければならない。ベン・ホーガンが「モダン・ゴルフ」の中で述べていたことと一致します。

下図下側の絵に示されている赤いプレーンを参照ください。飛球線方向に対し、ダウンスイングのプレーンが右を向いていることがおわかりいただけると思います。

 

(モダン・ゴルフ:ベンホーガン著、より引用)

 

スポンサーリンク

 

一方、アイアンショットの場合は、ダウンブローが基本ですから、ドライバーショットとは逆の論理が成り立ちます。

つまり、ダウンスイングのプレーンは、左を向いていたほうが望ましいということです。

======

下の動画では、Dプレーン理論に基づいて「なぜ、タイガーウッズのボールは、スイング軌道がアウトサイドインにもかかわらず、まっすぐ飛んで行くのか」の秘密を解説しています。

D-Plane explains the secret of Tiger Woods practice swing!

要点は以下の通りです。

「最下点にまずは鉛筆をセットしてみるよ。そうすると鉛筆はターゲットと平行だね。でもアイアンの場合、ダウンブローに打つよね。その方向に鉛筆を置いてみると、ほら、ターゲットに対して右を向いちゃうでしょ。だから、スイングプレーンを回転させて左に向けないとまっすぐにならないんだ。これがアウト – イン軌道になる秘密さ」
「ドライバーの時はアッパーだから、その向きに鉛筆をセットすると左を向いちゃう。だから今度はスイングプレーンを右回転させて鉛筆をターゲットに向ける必要があるんだ。さっきとは逆に、イン – アウト軌道になるということだね」

大変わかりやすい説明でした。

まっすぐ飛ばしたいのなら、アイアンはアウトーイン、ドライバーはインーアウト軌道です。

========

 

上記の説明は、以下の過去記事より抜粋しました。新飛球法則。Dプレーン理論とあわせて理解されることをおすすめします。

【スイング探究】「新飛球法則・Dプレーン理論」を理解するのが上達への近道!
新飛球法則という名前がついていますので、最近のものと感じるかもしれませんが、Dプレーン理論は、今から20年ほど前の1999年には提唱されていたものです。Wikipediaによると、Dプレーンの"D"は"Describe(描写する、説明する)"を意味するとのこと。これは、Dプレーンを用いることで、どのような球筋となるかをうまく説明できることから名付けられたのでしょう。
スポンサーリンク

インサイドアタックと頭の関係

以前書いた記事で、骨盤が回転すれば頭は移動するのが自然であることをご紹介しました。

【スイング探究】テイクバックで頭を止めるな ~ 動くほうが自然である件 ~
ミート率と方向性の向上のためでしょうか。スイング中、極力頭を動かさないよう意識している方も多いことと思いますが、人の骨格、特に骨盤と背骨の関係性から考えれば、頭が動くほうが自然な動きであるように思えます。特に、ゴルフスイングには前傾が入っていますから、なおさら頭を動かさないと、逆に無理な姿勢を強いられることになるでしょう。骨盤と腰椎(背骨)は基本的に直交する関係ですから、骨盤が回転すれば背骨もつられて動くはず。すなわち、頭も動いて当然です。

水平素振りのように前傾が入っていなければ、頭を全く移動させないで振ることができますが、前傾が入った状態で頭を動かさずにスイングしようとすると、背骨が湾曲してしまい、ある意味不自然な体勢となってしまいます。

 

試しに、頭を動かさないようテイクバックしてトップの形を作り、そこから前傾を起こしてみてください。その時の背骨は湾曲しているはずです。

骨盤と背骨(左右の骨盤の出っ張りを結んだ線と背骨)は直交しており、この直交関係はスイング中も維持されて当然。骨盤が回れば背骨もつられて動くのですから、頭も飛球線後方(正確には右後方)に動くほうが自然なのです。

 

この時のトップにおける状態を上空から見れば、背骨は骨盤を中心に右に回転し傾いているように見え、正面から見れば、右足側に傾いているように見えることでしょう。

そして、その背骨の傾きと直交するようなスイングを心掛ける。それだけで、インサイドアタックが出来上るように考えています。

 

ただ、間違ってはいけないのが、頭はあくまでも体に追従して動くということ。動いても構わないが、積極的に動かすものではないということです。

スウェーしない正しいテイクバックができていれば、頭はほとんど動かないはずで、マキロイは、テイクバックで右足へしっかり体重移動をしているにもかかわらず、頭はほとんど動いていないように見えます。

 

 

尚、「テイクバックで肩は縦に回せ」と言いますが、この縦の回転が強いほど、頭は右に動きにくくなります。

そして、骨盤は立てるよりも、股関節から前傾させておいたほうが、縦に回しやすくなるはずです。

頭の移動が大きい人は、肩がきちんと縦に回っているか、また股関節からの前傾が出来ているかどうかをチェックしてみましょう。

修正の際は、先に示したホーガンのガラス板(黒色のガラス板)が参考になると思います。

スポンサーリンク

まとめ

頭は左右に動いて当然と考えると、気持ちが楽になるはずです。

頭を動かさないという制限を加えることで、スイング全体がギクシャクしてしまっては本末転倒。もちろん、制限を加えるべきところはありますが、頭ではないと私は考えています。

頭はどちらかと言えば末端ですから、クラブヘッドと同じく、振られるくらいでちょうどいいのではないでしょうか。