新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【スイング探究】振り遅れにお悩みなら、切り返しに集中すべし! ~ 沈み込みでギアを噛ませる ~

スイング探究

振り遅れとは何なのか。

まずはここを明確にしないと対処策は見つかりません。

ゴルフスイングのメインエンジンは体幹の回転運動であると考えていますが、これに手元がついてこれなければ、チェーンの外れた自転車の如く、ペダルだけが空回りするような状態となってしまいます。

つまり、振り遅れとは、体が空転した状態であると言うことができるでしょう。

ですので、腰や下半身でスイングをリードしていく前に、ガチッとギアを噛み合わせる何らかの動作が必要となるわけです。

ギアを噛み合わせるとは、手元が体の正面にキープされていること。手元が体の回転についてこれていない状態が振り遅れです。

切り返しからの沈み込みでギアを噛ませる

アメリカPGAツアーの選手を見ても、最近は体の上下動を積極的に使う選手が増えたように感じます。

この傾向からもわかるように、スイング中の上下の動きは決して悪いことではなく、むしろ飛距離アップには欠かせない動作であり、積極的に使っていくべき動作であると、私は考えるようになりました。

 

さらに、沈み込みのもうひとつのメリット。それは、振り遅れを防止できることです。

切り返しからすぐに腰を先行させるのではなく、沈み込みの動作を入れた後に腰を回すようにすれば、ギアが噛み合うように感じるのです。

それもそのはず、テイクバックで振り上げたヘッドには、それまでの運動の状態を維持しようとする上向きの慣性が働いていますから、そんな状態で腰を先行させてしまえば、手元が体からどんどん離れて行ってしまいます。

 

そこで先人たちはその昔、自由落下という言葉を使って手元が戻って戻ってくる感覚を説いたわけですが、これもいささかおかしな論理。

なぜならば、手元が自由落下で戻ってきたときには、クラブヘッドとの綱引き状態が解消されているわけですから、腰や体幹の回転によってクラブを引っ張ることなどできなくなってしまうからです。

ですので、引っ張り状態を保つためには、切り返しから沈み込むよう下方向に体を使ったほうが良い。そうすれば、クラブとの綱引き状態が解けることなく、自ずと手元は体の正面に戻ってきます。

そして、沈み込んだ後、ギアが噛み合った状態で腰や体幹の回転でスイングをリードするというのが、私の考えです。

スポンサーリンク

バンピングでもOKか?!

沈み込みのほか、バンピングもギアを噛ませるには良い動作だと考えています。

ただ、トライされた方はお分かりだと思いますが、バンピングだと体が左に流れ過ぎてしまうことが多々起こってしまいますので、個人的には沈み込みのほうが良いのかなと、最近は考えを改めているところです。

沈み込みであれば、インパクトに向けてジャンプすることができますから、爆発的に力を発揮するのにも向いています。

<ジャンプ打法による飛距離アップのメカニズムはこちらを参照ください>

【スイング探究】地面反力を利用したジャンプ打法で飛距離もジャンプアップ!
インパクトで地面を蹴り上げ、あたかもジャンプしながら球を打っているかのように見えるジャンプ打法。一昔前までは、体の上下動を極力抑える打ち方が主流でしたが、今や飛距離が重視される時代。GGスイングなど、地面反力を有効に使う理論が台頭してきたこともあり、上下動に対するアレルギーもだいぶ緩和されてきたように感じています。ところでなぜ、ジャンプするとボールを遠くに飛ばすことができるのでしょうか?今回はその秘密を探っていくことにしました。

まとめ

振り遅れとは、体が空転したような状態のことを言うのでしょう。

ですので、空転しないようギアを噛ませる。

これが振り遅れの最大の防止策だと考えていますが、そのためには、沈み込みバンピングのどちらかを自分のスイングに取り入れてみるべきだと考えています。

個人的には、ジャンプ打法の準備ともなる沈み込みのほうがお勧めです