新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【スイング探究】テイクバックで頭を止めるな ~ 動くほうが自然である件 ~

スイング探究

ミート率と方向性の向上のためでしょうか。

スイング中、極力頭を動かさないよう意識している方も多いことと思いますが、人の骨格、特に骨盤と背骨の関係性から考えれば、頭が動くほうが自然な動きであるように思えます。

特に、ゴルフスイングには前傾が入っていますから、なおさら頭を動かさないと、逆に無理な姿勢を強いられることになるでしょう。

骨盤と腰椎(背骨)は基本的に直交する関係ですから、骨盤が回転すれば背骨もつられて動くはず。すなわち、頭も動いて当然です。

骨盤と背骨は常に直交関係

骨盤とは、複数の骨から構成された部位の総称であり、骨盤という骨が存在するわけではありません。

また、背骨も同様で、腰椎、胸椎、頚椎などの総称となります。

 

続いて、骨盤と背骨のつなぎですが、これら2つは仙骨を介して接合されています。

仙骨の上に腰椎が繋がっており、その仙骨が骨盤の間に上から差し込まれるような形で骨盤と繋がっています。

 

 

いうなれば、仙骨は背骨の一部であり、骨盤の一部でもあるのです。

そして、その仙骨は背骨もろとも骨盤に差し込まれた形になっているのですから、骨盤と背骨の関係は上図の赤線のとおり、常に直交する関係となります。

スポンサーリンク

前傾があるから骨盤が回転すれば頭は動く

直立した状態であれば、骨盤の回転により頭が振られることはありません。

しかし、ゴルフスイングのように前傾が入っている場合、骨盤と背骨は直交関係ですから、骨盤の回転に伴って頭は振られてしまうのです。

ゴルフが地面にあるボールを打つというゲームである以上、プレイヤーは何らかの形で前傾を作らねばなりませんから、この現象は自然で仕方のないことでしょう。

そこで、股関節から骨盤が前傾している場合、骨盤が立っている場合、これら2つのケースで頭がどのように振られるのか考えてみたいと思います。

股関節から骨盤が前傾している場合

なぜ、骨盤の前傾を股関節から入れることが推奨されているのか。

理由は様々だと思いますが、そのひとつには、骨盤を体幹の一部に含めることができるからという理由もあることでしょう。

これにより、骨盤も含めた体幹の回転軸を背骨(もしくはその近傍)に一本化することが可能となります。

骨盤を体幹の一部とすれば、当然ながら骨盤の回転軸は体幹(背骨)の傾きなりとなりますから、骨盤の横回転に縦回転の要素がプラスされることになります。

つまり、骨盤と背骨は直交関係ですから、テイクバックで頭は右に振られるものの、骨盤前傾の縦回転の要素が、頭の右への変位量を、ある程度緩衝してくれることになるわけです。

骨盤が立っている場合

骨盤を立てていれば、直立姿勢同様、頭は右に振られないような気もしますが、ゴルフとは地面にあるボールを打つ競技。

たとえ、骨盤を立てて頭の動きを抑制しようと考えても、今度は背骨を猫背にしないことには地面のボールが打てませんから、結果的に骨盤の回転に伴って頭は右に振られることになります。

さらに、骨盤を立てると、腰は基本的に地面と水平に回らざるを得ません。

そのため、股関節から骨盤を前傾させておけば、縦回転の要素が頭の右への動きを緩衝してくれますが、水平に回すことで、頭は骨盤前傾のときよりも右に大きく振られることになると思われます。

頭の動きを抑制するために骨盤を立てようと考えたとしても、それが仇となる可能性も否定できませんのでご注意ください。

 

この章のまとめ:骨盤を前傾してもしなくても、ゴルフスイングでは、結局頭は右に振られようとするのですから、無理に頭を動かさないようにする意識自体、必要ないのではないかと考えています。

スポンサーリンク

頭を動かさなければ、背骨は側弯曲する

私は、頭は右に動かすべきじゃないかと考えていますが、それでも頭は動かしたくない人もいるはずです。

そこで一つ、実験してみましょう。

 

骨盤を前傾させる人、立てる人、どちらの方も、試しに、頭を全く動かさないようにしてテイクバックしてみてください。

するとどうでしょうか。

どちらのケースでも、背骨を左に側弯曲させない限り、トップを作ることはできないはずです。

 

次に、トップで側弯曲させた状態から切り返して、インパクトの形を作ってみてください。

おそらく、ほとんどの方が今度は背骨が右に側弯曲した状態になっていると思います。

この、左側弯曲(左サイドベンド)から右側弯曲(右サイドベンド)への動き、これを正しいとするスイング理論もありますが、私はそうは思いません。

なぜなら、インパクトで右に側弯している状態は右肩が落ちた状態であり、ダフリを誘発する恐れが大いに高まるためです。

また、この動きでインパクトすると、右腰が圧縮され潰されるような感覚になりませんか?

ゴルフで腰を痛める人の多くの症状が、右腰痛だと思いますが、私は右サイドベンド状態でのインパクトが、主な原因ではないかと疑っています。

 

もちろん、サイドベンドを利用したスイングが間違いだとは言いません。

しかしながら、ダフリを誘発する可能性があること、腰を痛める可能性があることを考えれば、頭はやはり自然と右に振られるようテイクバックし、体のどこかに圧が集中するような頭固定のスイングは避けたほうが良いだろうと思うのです。

まとめ

体に負担の少ない、自然なスイングをお求めの方には、テイクバックで自然に頭が右に振られるスイングをお勧めします。

またその場合、骨盤は立てるのではなく、前傾させたほうが良いでしょう。

ここまで述べてきたように、頭の振られ具合で考えても、前傾したほうがその程度は小さくなりますし、そして、そもそものメリットとして、力の伝達効率(*1)が高くなると考えられるためです。

テイクバックで頭は無理に止めない。自然に動くくらいがちょうどいい。

 

(*1) 力の伝達効率に関してご興味ある方はこちらの記事を参照ください。

【スイング探究】正しいアドレスとは? ~ 地面反力の方向からベストなアドレスを探る ~
正しいアドレスの定義は不明瞭ではありますが、力の伝達効率が良く、再現性の高いアドレスが、正しいアドレスであると言って間違いないでしょう。ですからアドレスは、形にばかりこだわってもしょうがありません。しかしながら、従来語り続けられてきた「股関節から骨盤を前傾させるアドレス」は、やはり正しいアドレスのひとつの形であると言えます。ということで今回は、クラブの特性によるアドレスの決定要素を知り、そのあと、骨盤は前傾させるべきか立てるべきかについて、地面反力の方向を考慮しながら考えていきたいと思います。