新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【スイング探究】間違いだらけの「テコの原理」

スイング探究

誰もが小学校時代に習ったテコの原理。

ゴルフスイングにおいても「テコの原理を使って飛ばす」などと言われますが、テコには大きく3種類があることをご存じでしょうか。

単に、小さな力で大きな力を得るために用いるのがテコであると認識している方は要注意。テコはテコでも、大きな力が必要だが大きな運動を得るために用いられるテコも存在するのです。

ゴルフスイングにおけるテコは、大きな運動を得るためのテコであるべきで、大きな力を得るためのテコを使おうとしても辻褄があいません。

※ 本記事の内容は、左手、右手、クラブヘッドの関係性においてのテコの原理について解説しています。

テコの種類

テコには3種類あると述べましたが、まずは、これら3種類のテコがどのようなものであるかを知っておく必要があります。

第一種テコ

皆さんが真っ先に思い浮かべる代表的なテコです。小さな力で大きな力を得るために用いられます。

支点(黒三角)から力点(赤矢印)までの距離が、支点から作用点(青楕円)までの距離よりも短いことが条件となります。

第二種テコ

これも大きな力を得るためのテコです。第一種テコの支点と作用点が第二種テコでは逆の関係になります。

身近な例では、栓抜きがこれにあたりますね。

第三種テコ

大きな運動を得るためのテコです。見るからに大きな力が必要となることが想像できるでしょう。

第一種、第二種テコは、支点から力点までの距離のほうが、支点から作用点までの距離よりも長いため、小さな力で大きな力を得ることができていましたが、この第三種テコは、それらとは逆の関係。支点から作用点までの距離のほうが、力点までの距離よりも長くなっています。

これが、第三種テコの特徴です。

下の図で言えば、支点は右端。つまり、支点を中心として最も大きな運動を得ることができます。しかし、その反面、力点に必要な力は、第一種、第二種テコよりも大きくなってしまいます。

身近な例ではトングが第三種テコ。トップ画像を参照ください。

スポンサーリンク

第一種テコと第三種テコの比較

第一種テコは大きな力を得るためのもの、と説明しましたが、実は、支点と力点を近づけることで、大きな運動を得ることもできるようにはなります。

 

下の図をご覧ください。

図左側が、第一種テコを用いて大きな運動を得た時の模式図です。ゴルフスイング(右打ち)に置き換えると、左手が力点、右手が支点、クラブヘッドが作用点の関係になります。

ですが、どうやっても、第一種テコでは、第三種テコ(図右側)よりも運動は小さくなってしまいます。答えは明白、支点から作用点までの距離が、第三種テコよりも短くなってしまうためです。

(スポーツバイオメカニクス 宮西智久編・岡田英孝・藤井範久著 化学同人 より)

 

ここで、本来の第一種テコの使われ方を思い出してください。

小さな力で大きな力を得られるのが、第一種テコ本来の使われ方でした。

ですが、図左側のように第一種テコを使おうとすると、結局は大きな力が必要となり、さらに、第三種テコよりも運動距離が短くなるという結果を招いてしまいます。

テコの原理を用いた飛ばし理論を説明した本や動画では、図左側の関係性を用いたものがありますが、私に言わせれば、全くもってナンセンス。

もし、テコを使った飛ばし理論を展開するのであれば、第三種テコをうまく用いるような形であってほしいと願っています。

一流選手の流れるような動きをスポーツ科学では「ムチ動作」と呼びますが、このムチ動作は第三種テコの作用によってなされるものではないでしょうか。

スポンサーリンク

ゴルフスイングにテコを使う意識は必要ない

基本的に、第三種テコは意識して使うようなものではなく、普通に効率よくスイングできていれば、自然と使えているものだと思いますが、あえて言うなら、第三種テコの支点となる左手小指くらいは意識すると良いかもしれません。

そうすることで、フェースローテーションが自然発生的に起こりやすくなると考えられますし、左手、右手、クラブヘッドにおけるテコの関係性は、自ずと第三種テコになりますから。

簡単に言えば、正しいスイングが出来ていれば特に気にするようなことではないということ。

おそらくプロゴルファーはテコの原理など気にしていないはずです。

豆知識:人間の関節の動作原理は第三種テコ

人間の関節の主な動作原理は、第三種テコの原理と同じです。

(トップアスリートの動きは何が違うのか:山田憲政著 より引用)

 

図のキャプションは無視していただいて結構です。

ここでは、前腕に繋がる上腕二頭筋(図の上側の筋肉)と肘関節(図中の黒●)、そして前腕の関係について注目します。

肘関節(支点)から上腕二頭筋の付着部(力点)までの距離、肘関節から手首 (作用点)までの距離、それぞれをご確認ください。

力点が支点より内側にあり、支点から作用点までの距離のほうが、支点から力点までの距離よりも長いことから、第三種テコの原理が働いていることがわかります。

人間全ての関節が第三種テコであるかどうかは知りませんが、そのほとんどが第三種テコの原理によって動かされていることに間違いはありません。

まとめ

正しいスイングが出来ていれば、第三種テコは結果的に使われているはずです。しかし、第一種テコの理屈をスイングに適用しようとするからややこしくなります。

第一種テコを使うとクラブをスムースに振ることができなくなりますし、フェースコントロールが劇的に難しくなるはずです。

どのみち、第一種テコを使ったとしても力で得することはなく、運動で得しようと思っても結局のところ第三種テコのほうが有利なのですから、私には、第一種テコの原理の必要性がまったくもって浮かばないのです。(左手、右手、クラブヘッドの関係性においてのお話)

やはり、ゴルフスイングはシンプルに考えるのが一番ですね。

 

尚、「ゴルフメカ談議」コーナーに、「テコ」と「二重振り子」を対比させた記事を投稿しました。会話形式のポップな内容に仕上げていますので、気楽にお読みいただけると思います。どうぞご参照くださいませ。

#11 使うなら「てこ」じゃなくて「二重振り子」を使え!(打ってけ泥棒:その3)
【前回(#10)までのあらすじ】アドレスで右肘表側を正面に向け(#9)、バックスイングでは左脇を開ける(#10)、そんな話をパンゴルから聞いた後輩Aは、今、もくもくと球を打っている。一方のパンゴルは、自身の運営するサイト用にネタはないかと、...

参考書籍