新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

ゴルフ界にはびこる「○○論者」たち

本の執筆ログ
只今、ゴルフスイングに関する電子書籍の出版に向けて鋭意執筆中。その過程で、疑問に思ったことや、役に立ちそうなことなど、なんでも自由につぶやき形式で書いてみることにしました。ようするに、書籍出版のためのネタ帳みたいなものです。なので、字数少なめ、ストーリー性はありません。

 

大胸筋不要論者については先ほど述べた通り。

しかし、ゴルフ界には他にも、「てこ原理主義者」、「遠心力至上主義者」などがいる。

【スイング探究】間違いだらけの「テコの原理」
誰もが小学校時代に習ったテコの原理。ゴルフスイングにおいても「テコの原理を使って飛ばす」などと言われますが、テコには大きく3種類があることをご存じでしょうか。単に、小さな力で大きな力を得るために用いるのがテコであると認識している方は要注意。テコはテコでも、大きな力が必要だが大きな運動を得るために用いられるテコも存在するのです。
#8 遠心力では飛ばせない! ~スイングのドロ沼に入りこまない考え方~(魚ぎょぎょ:後編)
【前回(#7)までのあらすじ】とどのつまり「力学的に間違った知識が、とんでもゴルフ理論を生みだす」と言いたいのだろう。後輩Aは、パンゴルのうんちく話を聞きながらそう思った。インパクトで手元を止めて得られる効果は、半ば強制的なヘッドターンによ...

 

「地面反力兼シャロー研究家」もいるみたいだから、近いうちに新たなジャンルが生まれるかもしれない。

ただ「地面反力研究家」の言い分には十分に気をつけたが良いと思う。なぜなら彼らは、地面を踏んで上下動することによってクラブが上に引っ張られる力を利用する、と解釈しているからだ。

クラブを上に引っ張っても、その力は、球を飛ばす方向(円弧の接線方向)には向かないよね?球を真上に飛ばしたいというのなら別だけど。

ヒントは「コリオリ力」。この力は、球を飛ばす方向に作用する。

【スイング探究】地面反力を利用したジャンプ打法で飛距離もジャンプアップ!
インパクトで地面を蹴り上げ、あたかもジャンプしながら球を打っているかのように見えるジャンプ打法。一昔前までは、体の上下動を極力抑える打ち方が主流でしたが、今や飛距離が重視される時代。GGスイングなど、地面反力を有効に使う理論が台頭してきたこともあり、上下動に対するアレルギーもだいぶ緩和されてきたように感じています。ところでなぜ、ジャンプするとボールを遠くに飛ばすことができるのでしょうか?今回はその秘密を探っていくことにしました。