新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

本のタイトルや構成、考え方について

本の執筆ログ
只今、ゴルフスイングに関する電子書籍の出版に向けて鋭意執筆中。その過程で、疑問に思ったことや、役に立ちそうなことなど、なんでも自由につぶやき形式で書いてみることにしました。ようするに、書籍出版のためのネタ帳みたいなものです。なので、字数少なめ、ストーリー性はありません。

只今、ゴルフ本を鋭意執筆中でありますが、タイトル(本題)は以下を予定しています。

  • 論理的かつ合理的なゴルフスイングのすすめ

 

そして、副題がこちら。

  • [第一部] 正しいスイングイメージをつくる方法論
  • [第二部] スイングイメージを具現化する方法論

第一部が理論編、第二部が実践編という位置づけになります。

 

 

本題である「論理的かつ合理的なゴルフスイングのすすめ」の由来について。

これは、今回大いに参考にさせていただいてる深代先生の著書「<知的>スポーツのすすめ」にならっています。私に「気づき」を与えてくれた本であり、啓蒙書でありながら内容は実に深い。感謝の意を込めてのタイトリングです。

 

副題は、「○○する方法論」とする予定です。

私はアマチュアですし、GEARSなどの動作分析機器やフォースプレートなどの計測機器を持っていないため、客観的事実に基づいた提案には限界があります。そのため、言い切り型の「方法」という言い方ではなく、「方法論」という言い方のほうがマッチすると考えました。

ただし、「方法論」の本来の意味は、「学問の研究方法そのものを論理的に考察し、真理を得るための妥当な方法を探求する分野」です。(Weblio辞書より)

正直言って、違う使い方をしているのが気になるところ。今後変更する可能性は大いにあります。「○○する論理的思考法」や「○○するために」など。

 

私はこの本で、オリジナリティを追求しようとは考えていません。そうではなく、論理的かつ合理的に考えを突き詰めていけばこうなる、という態度で仕上げる予定でいます。

したがって、「○○理論」や「○○メソッド」という表現はこの本にはそぐわない。

言うなれば、「科学には立脚するが、一般人には越えられない一線がある」との認識のもと、本を書いているわけです。

 

とまあこんな感じですが、しかし全く進みませんね。本の構成が定まらないし、目次が決まりません。もう何十回とやり直しています。

気長にお待ちいただければ幸いです。