新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

#25 役に立つドリルと役に立たないドリル、下手になるドリルもあるんじゃないの?!(ブルーバード:その8)

ゴルフメカ談議
【前回(#24)までのあらすじ】パンゴルから、「力」と「パワー」の違いを教わった後輩Aはふと思った。「これを知ったところで飛ばし屋になれるのか?結局は、筋トレして、効率の良いスイングを身につけろってことだろ?」まさにその通り。知識を身につけたところで、勝手に飛ばし屋になれるわけではない、時間がかかるのである。ゴルファーは、何はともあれ、今すぐにでも飛ばし屋になりたがる生き物だ。効率の良い美しいスイングのゴルファーと、少々変なスイングでも300ヤードを連発するゴルファーのどちらになりたいかと聞けば、もしかすると後者の割合のほうが多くなるかもしれない。「すぐにでも飛ばし屋になれる効果的な練習方法なんてものがあればいいのに」、そう思いながら、後輩Aは、パンゴルに話しかけた。幸せを運ぶ青い鳥が目印の焼き鳥店「ブルーバード」にて。
後輩A
後輩A

「力」と「パワー」の違いは判りました。飛ばし屋になるには、筋力そして技術も必要だということがわかりました。

 

でも俺は、今すぐにでも飛ばし屋になりたいんです。みんなをあっと言わせたいんです。浪漫を求めているんです。ついでにモテたいんです。

 

何かいい練習方法知りませんか?

パンゴル
パンゴル

モテたいの?それだったら、飛ばし屋になるより、スキー場に行ってダブルコークをビシビシ決めたほうがいいぞ。きゃきゃー言われること間違いなし。

後輩A
後輩A

まじめに答えてください。

パンゴル
パンゴル

めんごめん。

そうだなー・・・知らん!

後輩A
後輩A

そうですか。残念。

効果的なドリルとか練習法とかあればと思ったんですけど。

パンゴル
パンゴル

ドリルか。

俺、ドリルってあんまり好きじゃないんだよ。中には効果的なものもあるとは思うけど、なんか、変なドリルもいっぱいあるだろ?

それやってどうするの?ってすぐに思っちゃうタイプ。だから、やった経験もほとんどない。

 

後輩A
後輩A

ヤったことないんですか。

パンゴル
パンゴル

そこを切り取るな!しかもカタカナ!

後輩A
後輩A

へっ?ドリルのことですよ?まあいいです。

 

ちなみに、変なドリルってどんなドリルですか?

パンゴル
パンゴル

よくわかんないけど、やる前からこれ意味あるの?って思うやつは、3つあるな。

後輩A
後輩A

ふーん、具体的に教えてください。

スポンサーリンク

 

パンゴル
パンゴル

そうだなー。一つ目が「寸止めドリル」かな

後輩A
後輩A

あー、それですか。なんとなくわかります。

というか、パンゴルさんは「手元は止めるな派」ですから当たり前ですよね。

#7 手元を止めたら飛ぶはずがない!(魚ぎょぎょ:前編)
焼肉を食べたその翌日、パンゴルはまたもや後輩Aを晩飯に誘うことにした。いいかげん、他を誘えばいいものの、今日も懲りずに後輩Aである。なぜなら、パンゴルのゴルフ話にうなずき聞いてくれるのは後輩Aしかいないから。そうだ今日は魚を食いに行こう。カ...
パンゴル
パンゴル

うん。だから、当たり前に何がしたいのかわからない。

 

ヘッドの走りを体感するためのものかと思いきや、そもそもが寸止めだからヘッドは走らせない。

 

だから、逆しなりを体感させるためにやるのだと思うんだけど、逆しなりって意図的に作り出すものではないよな?筋トレにもならないし、フォームを崩すだけじゃないか?

後輩A
後輩A

確かにそういう気がします。

パンゴル
パンゴル

どこかのサイトで、切り返しで溜まったシャフトのしなりは、インパクトまでには完全に戻ってて、しなり戻りのパワーで飛ばすってことは実質不可能、って書いてあったのを見たことがある。

 

クラブかシャフトの開発者の方が書いたコメントのような気がしたから、信憑性は高いと思うぞ。

 

そして仮に、しなり戻りで飛ばすことが可能だとしても、このドリルをやって練習するのには違和感しか感じない。そもそもゴルフスイングとは振り抜くもの。切り返しで力を蓄え、それをインパクトで開放するわけだ。だから、それを止めて無理やり逆しなりを作ってどうすんだよって話だな。実際にはどうせ振り抜くのに。

後輩A
後輩A

なるほどね、納得。

パンゴル
パンゴル

もちろん、目的やメリットがわかってやるんならいいんだけど、それが見えないから俺はやらないわけだな。

後輩A
後輩A

同感。

スポンサーリンク

 

パンゴル
パンゴル

二つ目はあれだ。テイクバックせず、ボールのすぐ後ろにヘッドをセットして、押すやつ。これも奇妙で仕方がない。

後輩A
後輩A

あっ、それ、やったことある。

パンゴル
パンゴル

実は俺もある。

でも何がよくなったのか、全然実感できなかった。これ一体なんだ?

後輩A
後輩A

インパクトゾーンを長くできる効果や、強くボールを押し込む効果に期待できるのではないかと思います。あと、インパクトの正しいフォームやフォローの感覚を身につけるためですかね?

 

パンゴル
パンゴル

インパクトゾーンを長く、ボールを押し込む練習か。できるようになった?

後輩A
後輩A

わかりません。

パンゴル
パンゴル

インパクトの正しいフォームとフォローは?

後輩A
後輩A

同じくわかりません。

パンゴル
パンゴル

だよね。なんか実際とかけ離れ過ぎている感がある。

 

そもそもこのドリルってボールを打つ必要ないよな?

こんな練習をロッテリアンヌ葛西でやったら、お小遣いがすぐになくなるぞ。パチンコで大勝ちして、無駄に贅沢したい人がやるドリルだ。

後輩A
後輩A

俺は大丈夫っす。打ち放題の練習場なんで。

パンゴル
パンゴル

だな。地方在住者専用ドリルと言うこともできる。

 

まあ、ドリルの意味を深く考えるより、実際のスイングとかけ離れているからやらないってことで納得すればいいような気もするね。

 

インパクトの静止状態を先に作るってことは、ヘッドに勢いがついてないんだから、当然力を入れないとフォローは出せない。でも、スイングに、力みは禁物だから、力まないように力を入れなければならない。しかし、そんなことできないから、結果、力んでしまう。挙句の果てに、わけがわかんなくなる。

 

こんな感じでどう?

後輩A
後輩A

ご名答。

パンゴル
パンゴル

これやるくらいなら、短いアプローチの練習したほうが良いような気がするのは俺だけかな?

後輩A
後輩A

俺もそれに一票を投じておきます。

スポンサーリンク

 

パンゴル
パンゴル

最後は、超スローモーションドリルだ。さらにその進化版として、超超スローモーションドリルってのがある。

 

超超スローモーションドリルは、一分くらいかけて(それ以上かも?)、アドレスからバックスイング、フォローまでの全てを行う素振りだな。

 

だから、ドリルと言うより、超超スローモーション素振りだとか、超超スローモーションスイングって言ったほうが正しいのかもしれない。

 

ほかにも、超超スローモーションメソッドとか、超超スローモーションテクノロジーシステムとか・・・アイディアは無限だ。

後輩A
後輩A

超超だとか、あいかわらず同じ言葉の繰り返しが好きですね。それも、何回も繰り返して使いたがる。

パンゴル
パンゴル

カッコいいほうが良いかと思って。

 

とにかく、この超および超超スローモーションドリルには、致命的な欠点がある。それは、さっきのボールを押すドリル同様、ヘッドにかかる勢いを使えないので結果的に力んでしまうことだ。

後輩A
後輩A

そうですね。そういう気がします。

パンゴル
パンゴル

だいたいやね、ゴルフスイングってのは、余勢(慣性とか惰性)をどう使うかにかかっているんだよ。

 

テイクバックして、トップを作るとは言っても、力をずっと入れ続けて作るのではなくて、腰の高さ付近に手元が到達したら、その先はクラブ任せにしてあげるわけだ。それをせずに、力を入れ続けたままトップを作ってしまえば、必然、終始力んだスイングになってしまう。

 

そう考えると、この超超スローモーションドリルってのは、腕の力を使わない限りトップを作ることができないし、トップからダウンスイングに移ったら移ったで、今度はクラブが先走らないよう力を入れ続けることになってしまう。

 

つまり、ボールを押すドリル同様、力みまくりの力みドリルになってしまうわけだな。

 

後輩A
後輩A

そうですね。変に腕に力が入ってしまいますよね。

パンゴル
パンゴル

だから、どうせやるなら、普通にゆっくりとした素振りでいいんじゃないか?

スローモーションではなくて、スロースイングって感じだな。

後輩A
後輩A

同感です。

 

とはいえ、もともとは、効果的な練習方法を聞きたかったわけですよ。意味のないドリルよりも、効果的なドリルのほうが聞きたい。

 

さっきはそんなの知らんって言ってましたけど、飛距離が伸びるかどうかは別として、なんかいいドリルありませんか?

パンゴル
パンゴル

うーん、それこそプロがやってきた練習を真似たほうがいいと思うけど・・・

 

強いて挙げるとすれば、片手打ちかな。それも左手メイン。

 

右手の片手打ちもやったほうが良いとは思うけど、右手は右腰前でくるりとヘッドが返るし、体を開くことになるから、変なクセがつきそうで怖い。

 

でも、アプローチなんかは、右手打ちのほうがいいような気もするなあ。

 

これについては本当、プロがやってきたドリルを参考にしたほうがいい。それもトーナメントプロな。

後輩A
後輩A

片手打ちですか。難しいですよね。

でも、なんとなく役に立ちそうですから、いっちょ練習してみようかな。

パンゴル
パンゴル

そうだね、それがいいかもしれない。

 

ちなみに昔、練習場でタイヤを100回くらい左手で叩いている人を見たことがある。だから、家でやるなら、布団か何かを叩けばいいんじゃないか?知らんけど。

後輩A
後輩A

でた、知らんけど。

まあいい、とにかくやってみますわ。

パンゴル
パンゴル

うん、やってみて、どうなったかまた報告してな。

クラブのコントロール力がつけばいいのう。頑張って!

後輩A
後輩A

あいよ。

それじゃあ、最後に、二日酔い予防のイエーガー飲んで帰りますか!

効くかどうか知らんけど。

パンゴル
パンゴル

35度だから効かないと思うぞ。

後輩A
後輩A

では、明日は気を付けて東京に戻ってください。

カンパーイ!

パンゴル
パンゴル

カンパーイ!

<ブルーバード:完>

#18 飛ばしの技術はトレードオフのオンパレード(ブルーバード:その1)
夕食後、いつものようにYoutubeで登録チャンネルのチェックを始めた後輩AのスマホにLINEメッセージが届いた。「明日、東京に戻るから今から飲もうか」パンゴルからだ。時間は9時を過ぎている。一瞬迷ったが、最後だからと自分に言い聞かせ、誘い...
#19 モダン・ゴルフから学ぶ?!本から得た知識を血肉とする方法(ブルーバード:その2)
【前回(#18)までのあらすじ】結局のところ、ゴルフスイングはトレードオフのオンパレードであることを聞かされた後輩A。彼の理想のスイングはマキロイなのだが、スコアによってはデシャンボー式(下半身の使い方)もやむなしと、腹を括らなければいけな...
#20 ゴルフレッスン本を読むときは、似非科学に気をつけろ!(ブルーバード:その3)
【前回(#19)までのあらすじ】古典的名著、ベン・ホーガンのモダン・ゴルフにも矛盾が存在するようだ。その中でも、客観的に見て納得できるのが、スイングプレーンと球筋との関係にある。ベン・ホーガンはフェード系の球筋を好んだと言われるが、実のとこ...
#21 おすすめ厳選!スイングはこの本を読んでから考えろ(ブルーバード:その4)
【前回(#20)までのあらすじ】ようするに、本に載っている情報が全て正しいとは限らない、パンゴルはそう言いたいのだろう。ネットには情報が溢れいてる。SNSなどを通じてだれでも気軽に情報を発信できるようになったのはいいが、その分デマ情報も増え...
#22 ゴルフ本より役に立つ!スポーツ科学本にはゴルフスイングのヒントが満載だ(ブルーバード:その5)
【前回(#21)までのあらすじ】後輩Aは、パンゴルからおすすめされたゴルフ本を読んでみようとは思っているのだが、決してノリノリというわけではない。というのも、どのみち決定的な何かが書いてあるゴルフ本なんて存在しないと聞かされたからだ。仕事で...
#23 手元先行のテイクバックに物申す!体先行(主導)の方が絶対に有利だと思われるその理由(ブルーバード:その6)
【前回(#22)までのあらすじ】なるほど、パンゴルの考え方が見えてきた。ようするに、パンゴルの言う考えろとは、取捨選択をしろってことだ。新しいテクニックを取り入れるのも大切だけど、捨て去ることも大切。ゴルフ界には、毎年のようにいくつもの新し...
#24 飛ばしの肝は、結局筋肉!「力」と「パワー」の違いを知り、スイングの効率化を図る!(ブルーバード:その7)
【前回(#23)までのあらすじ】スイングの始動の順番が、トップにおける筋肉の緊張状態にまで及ぶのであれば、スイングの成否はテイクバックで決まると言っても過言ではない。切り返しで、ダルダルにたるんだ筋肉より、ビンビンに張った筋肉。それが、左サ...

コメント