新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

ゴルフメカ談議

ゴルフメカ談議

#25 役に立つドリルと役に立たないドリル、下手になるドリルもあるんじゃないの?!(ブルーバード:その8)

【前回(#24)までのあらすじ】パンゴルから、「力」と「パワー」の違いを教わった後輩Aはふと思った。「これを知ったところで飛ばし屋になれるのか?結局は、筋トレして、効率の良いスイングを身につけろってことだろ?」まさにその通り。知識を身につけ...
ゴルフメカ談議

#24 飛ばしの肝は、結局筋肉!「力」と「パワー」の違いを知り、スイングの効率化を図る!(ブルーバード:その7)

【前回(#23)までのあらすじ】スイングの始動の順番が、トップにおける筋肉の緊張状態にまで及ぶのであれば、スイングの成否はテイクバックで決まると言っても過言ではない。切り返しで、ダルダルにたるんだ筋肉より、ビンビンに張った筋肉。それが、左サ...
ゴルフメカ談議

#23 手元先行のテイクバックに物申す!体先行(主導)の方が絶対に有利だと思われるその理由(ブルーバード:その6)

【前回(#22)までのあらすじ】なるほど、パンゴルの考え方が見えてきた。ようするに、パンゴルの言う考えろとは、取捨選択をしろってことだ。新しいテクニックを取り入れるのも大切だけど、捨て去ることも大切。ゴルフ界には、毎年のようにいくつもの新し...
ゴルフメカ談議

#22 ゴルフ本より役に立つ!スポーツ科学本にはゴルフスイングのヒントが満載だ(ブルーバード:その5)

【前回(#21)までのあらすじ】後輩Aは、パンゴルからおすすめされたゴルフ本を読んでみようとは思っているのだが、決してノリノリというわけではない。というのも、どのみち決定的な何かが書いてあるゴルフ本なんて存在しないと聞かされたからだ。仕事で...
ゴルフメカ談議

#21 おすすめ厳選!スイングはこの本を読んでから考えろ(ブルーバード:その4)

【前回(#20)までのあらすじ】ようするに、本に載っている情報が全て正しいとは限らない、パンゴルはそう言いたいのだろう。ネットには情報が溢れいてる。SNSなどを通じてだれでも気軽に情報を発信できるようになったのはいいが、その分デマ情報も増え...
ゴルフメカ談議

#20 ゴルフレッスン本を読むときは、似非科学に気をつけろ!(ブルーバード:その3)

【前回(#19)までのあらすじ】古典的名著、ベン・ホーガンのモダン・ゴルフにも矛盾が存在するようだ。その中でも、客観的に見て納得できるのが、スイングプレーンと球筋との関係にある。ベン・ホーガンはフェード系の球筋を好んだと言われるが、実のとこ...
ゴルフメカ談議

#19 モダン・ゴルフから学ぶ?!本から得た知識を血肉とする方法(ブルーバード:その2)

【前回(#18)までのあらすじ】結局のところ、ゴルフスイングはトレードオフのオンパレードであることを聞かされた後輩A。彼の理想のスイングはマキロイなのだが、スコアによってはデシャンボー式(下半身の使い方)もやむなしと、腹を括らなければいけな...
ゴルフメカ談議

#18 飛ばしの技術はトレードオフのオンパレード(ブルーバード:その1)

夕食後、いつものようにYoutubeで登録チャンネルのチェックを始めた後輩AのスマホにLINEメッセージが届いた。「明日、東京に戻るから今から飲もうか」パンゴルからだ。時間は9時を過ぎている。一瞬迷ったが、最後だからと自分に言い聞かせ、誘い...
ゴルフメカ談議

#17 ゴルフスイングに正拳突きは役に立つ?!連続写真切り取りの罠(打ってけ泥棒:その9)

【前回(#16)までのあらすじ】「背骨を軸に、頭を固定せず、素直なスイングを心掛ければ、それだけでドローが打てる」そんな話を聞いた後輩Aのテンションは上がった。ようするに、飛球線方向へのまっすぐな意識が、彼のスライス病の元凶であったわけだ。...
ゴルフメカ談議

#16 まっすぐな意識を捨てれば、ドローボールは簡単に打てるはず(打ってけ泥棒:その8)

【前回(#15)までのあらすじ】後輩Aは今、気持ちよーく球を打っている。よっぽど調子がいいのだろう。パンゴルの方を全く振り返らなくなった。もう特に話すこともないかなと思っていたのだが、しかしひとつだけ、後輩Aの言った「俺もドローヒッターにな...
ゴルフメカ談議

#15 ホーガンのガラス板は急すぎる?!角度を変えればジャイロ効果も実感できて一石二鳥(打ってけ泥棒:その7)

【前回(#14)までのあらすじ】パンゴルは後輩Aの体力に驚いた。既に250球も打っているのに、まだまだ打ち足りないらしく、今から50球打ち終えるまでは話しかけるなと言うのだ。おそらく今日は調子がいいから、気持ちよくなっているのだろう。さっき...
ゴルフメカ談議

#14 スイングの回転軸は背骨でいい、あとは股関節がうまくやってくれるはず(打ってけ泥棒:6)

【前回(#13)までのあらすじ】「脚は単なる土台」であるとパンゴルは言う。これはつまり、ゴルフスイングはあくまでも体幹がメインであり、脚は追従して動くってことだ。物事を難しく考えないタイプの後輩Aは、実にものわかりがいい。自分の中で理屈が通...
ゴルフメカ談議

#13 ゴルフスイングのメインは体幹、脚は単なる土台だ(打ってけ泥棒:その5)

【前回(#12)までのあらすじ】要は、「なぜ」を知ることが大切だとパンゴルは言っているのだろう。なぜだか知らないが調子のいい日ってものは誰にだってある。しかしその時に、「なぜ」がわかっていなければ、良い調子も長続きはしないのだ。調子が良いと...
ゴルフメカ談議

#12 前傾角を維持する体重移動のタイミングと左尻の引き(打ってけ泥棒:その4)

【前回(#11)までのあらすじ】テコの原理を使ってヘッドを加速するには無理がある、二重振り子さえできていればほぼ問題ない。そう教えられた後輩Aは、再びもくもくと球を打ち始めた。そんな折、「前傾維持ができてるじゃないか、すばらしい」と思いもか...
ゴルフメカ談議

#11 使うなら「てこ」じゃなくて「二重振り子」を使え!(打ってけ泥棒:その3)

【前回(#10)までのあらすじ】アドレスで右肘表側を正面に向け(#9)、バックスイングでは左脇を開ける(#10)、そんな話をパンゴルから聞いた後輩Aは、今、もくもくと球を打っている。一方のパンゴルは、自身の運営するサイト用にネタはないかと、...
ゴルフメカ談議

#9 アドレスで右手が空を向くのは、右肘のセットの仕方に秘密がある?!(打ってけ泥棒:その1)

ジムで汗を流していたとある週末の日曜日、パンゴルのスマホに後輩AからLINEメッセージが届いた。「今から練習場に行くんですけど、一緒にどうですか?」。パンゴルは反射的に、猪木のスタンプ「行くぞー!」を送信しそうになったが、考えてみれば今日は...
ゴルフメカ談議

#8 遠心力では飛ばせない! ~スイングのドロ沼に入りこまない考え方~(魚ぎょぎょ:後編)

【前回(#7)までのあらすじ】とどのつまり「力学的に間違った知識が、とんでもゴルフ理論を生みだす」と言いたいのだろう。後輩Aは、パンゴルのうんちく話を聞きながらそう思った。インパクトで手元を止めて得られる効果は、半ば強制的なヘッドターンによ...
ゴルフメカ談議

#7 手元を止めたら飛ぶはずがない!(魚ぎょぎょ:前編)

焼肉を食べたその翌日、パンゴルはまたもや後輩Aを晩飯に誘うことにした。いいかげん、他を誘えばいいものの、今日も懲りずに後輩Aである。なぜなら、パンゴルのゴルフ話にうなずき聞いてくれるのは後輩Aしかいないから。そうだ今日は魚を食いに行こう。カ...
ゴルフメカ談議

#6 芯でとらえるパッティング、ヘッドは加速させるんだ(焼きなっせ:後編)

【前回(#5)までのあらすじ】パットに型なしと言われるが、上級者には共通した動きがあるようだ。その一つが「頭とヘッドは逆に動く」であった。「クラブの真ん中付近をもってヘッドを振り子運動させれば、グリップエンドは逆に振られる」、それが理由であるとパンゴルは言うが、こればっかりはやってみなければわからない。そう思いながら、後輩Aは二つ目の上級者の動き「バックスイングよりフォロースルーの方が長い」の話を聞くことにした。焼肉の名門「焼きなっせ」にて。
ゴルフメカ談議

#5 芯でとらえるパッティング、頭は逆に動かすんだ(焼きなっせ:前編)

馬ウマ天国での飲み会から中二日、今度は「焼肉を食いに行きましょう」と後輩Aから誘われた。丁度いい、脚トレ後はタンパク質を多めに摂るのが定石だ。タンから始めてカルビにロース、ホルモンと白ご飯でフィニッシュしよう・・・そんなイメージトレーニングが終了したと同時にパンゴルはのれんをくぐる。今日もゴルフの話になるのかな?そう思いながら店内を見渡すと、先に到着していた後輩Aの顔が牛に見えた。焼肉の名門「焼きなっせ」にて。