新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

スイング探究

スイング探究

【スイング探究】デシャンボーの飛ばしの秘訣を考察する 

いやー、驚きましたね。2020年、PGAツアー再開後のデシャンボーの肉体と飛距離には驚きましたね。鍛え上げられた肉体から放たれた打球は、しばしば400ヤードオーバー。この圧倒的な飛距離をもって、2020年Rocket Mortgage Classic そして US Open を制しました。2020年 Tour Championship までのドライビングディスタンスは平均322.1ヤードで第一位。そして、2021年シーズンに入ってからのドライビングディスタンスは337.8ヤードと、とどまる所をしりません。2019年シーズンのドライビングディスタンスは302.5ヤード(34位)でしたから、つまるところ本記事執筆時の2021年1月1日までに、35.3ヤードも平均飛距離を伸ばしたことになります。デシャンボーの飛ばしの秘訣とは?ということで今回は、スイング面と体力(筋力)面からデシャンボーのスイングを分析し、考察していきたいと思います。
スイング探究

【スイング探究】完結:プロの教えをいいとこ取りして、スイングを構築してみた

多読!ゴルフ本企画を始めてから読破したゴルフ本の数も100冊を超えてきました。それなりに役に立ったとは思いますが、それと同時に、「これ以上読んでも、新たな知識の習得はほとんど見込めないだろう」という半ば諦めに似た感情が芽生えてきたことも事実です。ということで、ここで一旦中締め。そして、これまでに得た知識の総まとめとして「いいとこ取りスイング構築シリーズ」を完結させることにしました。自分でも、本稿含めて2回で完結させることになるとは思ってもいませんでしたが、こればっかりは仕方がありません。「これだ!」と思える理論が特に見つからないのですから。
スイング探究

【スイング探究】GGスイングの飛ばしの秘密は「シャロー」と「スクワット」にある

私がGGスイングに関する記事を初投稿(2019年5月)してから、はや1年以上が経ちました。普通であれば、ゴルフ界に突如として現れる○○理論なるものは、1年も経てば下火になって忘れ去られるのが落ちですが、GGスイングに限ってはそうはなっていません。何故なんだろう?・・・・こうなったら、その人気の理由を探らないわけにはいきませんよね。ということで今回は、ある意味ロングセラーであるGGスイングの人気の理由を探っていくことにしました。特にフォーカスするのは、GGスイングの飛ばしの秘密について。個人的には、「シャロー」と「スクワット」がそのカギを握っていると睨んでいますので、この2つの要素をメインに、自論を交えながら語ってみたいと思います。
スイング探究

【スイング探究】第一回:プロの教えをいいとこ取りして、スイングを構築してみた

誰もが一度は、この記事のタイトルにあるようプロの教えのいいとこ取りで、スイングを作り上げようと考えたことがあると思います。しかし、残念ながらほとんどの人が途中で挫折してしまったのではないでしょうか。それもそのはず、私は今、ゴルフのレッスン本を中心に多読企画を実施中なのですが、多くのプロが基本的には自分の経験とコツのみを拠り所として、半ば思い付きのような理論を好き放題書いていることに気づいてしまったのです。
スイング探究

【スイング探究】大きな捻転差は飛距離を生むのか? ~ Xファクターを考える ~

「大きな捻転差が飛距離を生む」と一般的に言われていますが、本当でしょうか?私も「捻転差は大きいほうが良いだろう」と考えていた時期があったわけですが、最近は「捻転は必要だが、飛びには直結しない」と考えるようになりました。「カラダが捻じり戻る力を利用して飛ばすんだよ」・・・もっともな理屈のように聞こえますが、いざ意識してそれをやってみても、どうもしっくりこないのです。そもそも、捻転の役割って何なんでしょうね?
スイング探究

【スイング探究】インパクトのフェースの向きはローリングで決まる ~ボールをまっすぐ飛ばす法~

「ハンドファーストにインパクトしたときも、ボールがまっすぐ飛んでいくのはなぜなのか」考えたことありますか?アドレスして、そのままハンドファーストインパクトの姿勢をとれば、フェース面は開くはずです。もちろん、なかには飛球線方向にまっすぐフェースが向く方もいらっしゃることでしょう。しかし、そういう方は、知らず知らずのうちにクラブをローリングさせているんです。
スイング探究

【スイング探究】スライスにお悩みの方やフェースが返らない人は、バウドリストをお試しあれ

バウドリストの英語表記は "Bowed Wrist"。弓のように曲がった手首という意味ですが、ゴルフにおけるそれは、トップで左手が掌屈した状態を指します。このバウドリストが顕著なプロゴルファーとして、真っ先に思い浮かぶのがダスティン・ジョンソン。その他、ジョン・ラームや渋野日向子もバウドリストの使い手とのことです。個人的には、特段真似する理由もないのかなと思うのですが、スライサーの方やヘッドの返りを感じられない方にとっては、福音となる可能性を秘めていますので侮ってはいけません。というのも、バウドリストには、フェースローテーションを促す効果があると考えられるためです。
スイング探究

【スイング探究】シャフトのしなり戻りを使って球を飛ばす法 ~逆しなりとしなり戻りの違いと秘密~

「逆しなりを使って飛ばせ」と言われてもピンときませんが、言葉を変えて「しなり戻りで飛ばせ」と表現されれば、何となく想像がつくでしょう。そして嬉しいことに、この「しなり戻り」は、クラブのシャフト性能と振り方に依存するものですから、筋力に自身のない方も、使い方次第で更なる飛距離アップに期待できます。
スイング探究

【スイング探究】フェースローテーション・シャロー・飛距離にお悩みの方必見! ~ローリングに隠された秘密~

野球関連の本で、"ローリング"という言葉を見つけました。なんでも、バット長軸周りの回転をローリングと呼ぶのだとか。それをゴルフに適用すれば、シャフト軸周りの回転となります。ゴルフクラブはL字型ですから、とどのつまり、ローリングはフェースローテーションに大きく寄与するということです。なるほど、これまで腕の旋回運動がフェースローテーションの源だと思っていましたが、その実体はローリングにある。そう考えれば、プロや上級者の言う「フェースを返す意識は持っていない」だとか「フェースターンを抑えて振っている」という言葉の意味が理解できます。
スイング探究

【スイング探究】スイング中は重心位置をコントロールせよ ~ 前傾角の維持に関して ~

先日、私のTwitterアカウントに、陸上十種競技の日本記録保持者、右代啓祐選手のインタビュー記事が流れてきました。 右代選手の競技成績が飛躍的に伸びた背景には、タレントである武井壮さんからの指摘があったそうです。 なんでも「自...
スイング探究

【スイング探究】二重振り子スイング実現には、小さなゆらゆら素振りがヒントになる

二重振り子では、第一セグメント(左腕)と第二セグメント(クラブ)をつなぐ手首の関節が、「プラプラ状態」であることが望ましいと述べました。ですが、このプラプラ状態を意識するがあまり、体幹と腕をつなぐ肩関節もプラプラ状態にしてしまう方がいらっしゃるようです。プロゴルファーがアドレスをとる前に、ゆらゆらとクラブを揺らす小さな素振りに、二重振り子スイング成功のヒントが隠されているような気がしています。
スイング探究

【スイング探究】シャローイングが、スイングにキレを生む ~ジャイロ効果によって生じる右手の回内運動~

昨今、何かと話題のシャローイングですが、その一番のメリットは「スピン量の低減」にあると思います。これにより飛距離アップに期待ができるわけですが、しかしながら、シャローイングの効果はこれだけではありません。スイングにキレを生み出す効果もあるのです。ここでいう「キレ」とは、スパッと振り抜かれるヘッドの走り。これは、シャローイングを行うことで自動的に引き起こされるジャイロ効果のおかげです。地球ゴマが倒れそうで倒れないのはジャイロ効果のおかげ、良いピッチャーの投げる球にキレがあるのもジャイロ効果のおかげ、そしてスパンと振り向かれるクラブヘッドもジャイロ効果のおかげなのです。
スイング探究

【スイング探究】GGスイングの特徴まとめ ~勝手な考察とツッコミ~

GGスイングの情報も一通り出揃った感がありますので、ここらで一発まとめておくことにしました。私はGGスイングの信者ではありませんが、シャローに関しては全肯定しています。また、切り返し後のスクワット動作も力学的には意味のあるものだと考えています。しかし、ガニ股のあの形は如何なものか。運動連鎖の観点から見て不自然であるようにしか思えないのです。そこで今回は、情報整理の意味も込めて、私的な考察と少しばかりのツッコミを入れさせていただきます。もちろん、良いところは取り入れるというスタンスで。
スイング探究

【スイング探究】続編「インパクトで手元を止める意識」は捨てなさい

昨年(2019年5月)投稿した「インパクトで手元を止める意識は捨てなさい」の続編になります。インパクトで胴体や手元を止めると、蓄えた運動量が地面に戻ってしまいますよ。
スイング探究

【スイング探究】地面反力を利用したジャンプ打法で飛距離もジャンプアップ!

インパクトで地面を蹴り上げ、あたかもジャンプしながら球を打っているかのように見えるジャンプ打法。一昔前までは、体の上下動を極力抑える打ち方が主流でしたが、今や飛距離が重視される時代。GGスイングなど、地面反力を有効に使う理論が台頭してきたこともあり、上下動に対するアレルギーもだいぶ緩和されてきたように感じています。ところでなぜ、ジャンプするとボールを遠くに飛ばすことができるのでしょうか?今回はその秘密を探っていくことにしました。
スイング探究

【スイング探究】二重振り子は、ゴルフスイングの根本原理

ゴルフのスイング解説で度々耳にする二重振り子。二重振り子スイングを体得すると、どうなるのでしょうか。「ヘッドスピードが上がり、飛距離が伸びる」「プロのようにやわらかく、しなやかな「ムチ動作」になる」「その他、すべてが良くなる」3つ目は何やら怪しいですが、まんざら嘘でもありません。二重振り子はゴルフスイングの根本原理なのですから。
スイング探究

【スイング探究】”巧みさ”を磨き、美しいスイングを手に入れる

プロのような巧みで美しいスイングには「タイミングよく適切なときに適切な強さで運動を正確に出力する能力」が必要です。上達のしくみを理解して、正しいスイングをカラダに覚えこませれば、職人技術同様、美しいスイングの永久保存が可能となります。
スイング探究

【スイング探究】最適な体重移動(荷重移動)のタイミングを習得する方法

おそらく、一生答えは出てこないであろう体重移動問題。それもそのはず、右足軸、左足軸、左右二軸、センター軸など、プレーヤーの軸への意識がバラバラなのですから、いくつもの答えが存在して当然なのです。とはいえ、特殊な場合を除いて、体重移動は右から左が基本(右打ちの場合)。連続素振りを試してみれば、自然とそうなることがお分かりいただけると思います。ということで今回は、バックスイングで右に体重を乗せ、ダウンスイングで左に体重を乗せる、ノーマルなスイングでの最適な体重移動のタイミングを探っていくことにしました。
スイング探究

【スイング探究】ゴルフスイングは形を真似るだけだとろくなことにならない

ゴルフだけでなくスポーツ作全般に言えることですが、形だけを真似してもうまくならないのは皆さん身をもって体験しているはずです。 しかし現実は、切り取られた瞬間の形を真似ることに意識が集中してしまい、結果的にギクシャクとしたスイングになってしまっている方がほとんどです。
スイング探究

【スイング探究】腕とシャフトに角度を付けたインパクトが飛距離を生み出すその理由

デシャンボーはひとまず置いといて、ほとんどの方が腕とシャフト間に角度をつけたアドレスをとっていると思います。しかしながら、この角度がインパクトでも維持されているかどうか、意識している方は少ないのではないでしょうか。実は、この角度の維持に飛ばしの秘密が隠されていると私は睨んでいます。今回はその秘密を探っていくことにしましょう。