新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】ゴルフは科学で上手くなる!:石井 忍

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

ゴルフの科学は、道具の科学と身体の科学に分けられると考えているが、この本は前者。

インパクト時の物理現象を理解して、スイングを作っていこうとする考え方だ。そのため、グリップの握り方や、身体の動かし方などへの言及はほとんどされていない。

なぜボールは曲がるのか、どうすればドローやフェードを打ち分けることができるのか、そういうことが述べられているので、球筋からスイングを作りたいと考えている人に向いていると言えるだろう。

読後の所感

新飛球法則だとかDプレーン理論を理解してしている人は、読む必要はないと思われる。知らない人は読んでみるといいだろう、そんな本だった。

「ザ・ウェッジ・バイブル」という石井氏が書いた他の本を読んだことがあるが、それに比べると内容的に若干見劣りするなあという印象。もう少し、プロコーチとして培った経験やコツを盛り込んでくれていれば良かったのにと思わざるを得ない。

【GiS的多読】アプローチ&バンカー自由自在! ザ・ウェッジ・バイブル:石井 忍
ザ・ウェッジ・バイブルというタイトルからわかるように、ウェッジを使ったアプローチとバンカーショットに特化したレッスン書だ。従来より、パッティングを含めたショートゲームの分野では、感覚を重視すべきか、メカニカルな動きを重視すべきか、意見の対立を見ることがあるが、この本はメカニカル重視。論理的にショットを考えたい人向けの本だと言えるだろう。写真や挿絵も説明を補足する材料としてきちんと機能しているので理解も深まる。クラブの特性を考慮したアプローチの方法なども紹介されており、個人的にはバランスの取れた一冊に思えた。
スポンサーリンク

 

尚、新飛球法則やDプレーン理論を手っ取り早く知りたい方は、以下の私の記事を見て欲しい。

インパクトにおける物理現象の基本が理解できます。

【スイング探究】「新飛球法則・Dプレーン理論」を理解するのが上達への近道!
新飛球法則という名前がついていますので、最近のものと感じるかもしれませんが、Dプレーン理論は、今から20年ほど前の1999年には提唱されていたものです。Wikipediaによると、Dプレーンの"D"は"Describe(描写する、説明する)"を意味するとのこと。これは、Dプレーンを用いることで、どのような球筋となるかをうまく説明できることから名付けられたのでしょう。

最後に

道具の物理、インパクトの物理は取扱説明書みたいなもの。なので、知識として必要不可欠なものであることは間違いない。

もし、球筋が決まるしくみを知らない方がいらっしゃいましたら、上記の私の記事か、この本で勉強されることを強くお勧めします。