新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】世界のスポーツ科学が証明する ゴルフ新上達法則:鈴木 タケル / 一川 大輔

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

一般的によく見かける、著者の経験に基づいたスイング動作の解説書ではなく、スポーツ科学の論文等で示された客観的事実に基づく、どちらかと言えば、スイングを検証・分析するといった手法をもって書かれた本である。

著者の鈴木タケル氏はPGAティーチングプロ、一川 大輔氏は東洋大学理工学部の准教授で運動生理学、スポーツバイオメカニクスの専門研究者とのこと。なので、情報の信憑性は高いと思われる。

巷でまことしやかにささやかれているコツや極意を裏付ける科学的根拠が欲しいと常々考えている方にハマる可能性が高い本だと思われた。

読後の所感

この本を読むのは2回目。

最初に読んだときは「そうなんだ」くらいの感想しかなかったが、今回読み直してみて、なかなか興味深いことが書かれているもんだと考えを改めることになった。

 

その一つが、「アベレージゴルファーの体重移動はタイミングが遅い」というトピックス。

(ゴルフ新上達法則、P4より引用)

1年程前に読んだときは、「切り返しの途中で体重移動を行うくらいが丁度良い」という感じで軽く捉えていたのだが、あれから思考を重ねるうちに、アドレスからの始動の順番に鍵があるのではないかと考えるに至ったのである。

連続素振りをするとスイングがスムースになると思うが、その理由は身体よりもクラブが常に遅れた状態になっているから。

このとき、図2のような右足荷重グラフが描かれているはずだと、フォースプレートを用いずとも感覚的に判断できるだろう。

つまり、始動は下半身(脚や腰)から始めなければならない。クラブヘッドや手元から始動する意識を持ってしまうだけで、手打ちになる可能性が極めて高くなる。

先行したクラブに体を追いつかせ、追い抜きをかけることなど、どだい無理な話なのだ。

本書を読み直していたところ、きっちりと次のように書かれていました。

「アドレスからバックスイングおよびトップスイング、さらにはダウンスイングと熟練者の体重移動はつねに動作に対して先行しているのです」

このことからも、スイングの始動は足元(下半身)からが望ましく、クラブや手元が先行するバックスイングは基本NGであることがわかります。

 

スポンサーリンク

 

そして、2つ目が「パッティングにおけるバックスイングの振り幅」にある。

上級者が行うパッティングにおいては、バックスイングの振り幅のほうが、フォロースルーの振り幅より小さい、という事実が述べられていた。

パッティングが完全な振り子運動であるならば、フォロースルーもバックスイングも振り幅は同じになるはず。しかし現実は、そうなっていないとのことだ。

 

本書では、「バックスイングが小さいほど、インパクトで発生するブレを抑えることができるから」と理由付けされていたが、私の見立てはそうではない。

ヘッドを加速させてインパクトする意識が、そうさせているのではないかと思うのである。

 

「パッティングストロークは等速が望ましい」と主張するレッスンプロもいるが、しかしながら、エネルギー保存の法則に従えば、インパクトでヘッドは加速すると考える方が自然だし、どうしても等速で振りたいのであれば、減速させるよう逆向きの力を加えなければならなくなる。

減速させるということは、インパクトが緩みやすくなるということ。

そう考えると、ヘッドは加速させる意識のほうが正しいと思われ、加速させれば当然のごとく、フォロー側の振り幅のほうが、バックスイングの振り幅より大きくなるのである。

最後に

この本は、直接的にこうしたほうが良いと教えてはくれないが、その代わり気付きを与えてくれる。ある程度、キャリアをお持ちのゴルファー向けの本だと言って良いだろう。

知的好奇心旺盛な方であれば、より一層、面白く読むことができると思われる。

 

★★★ GiS的一度は読んでおきたいゴルフ本認定作品 ★★★

100冊以上読んで見つけた、おすすめのゴルフ本、厳選15冊!
"多読!ゴルフ本" コーナーを開設してからというもの、ゴルフ本を読み漁る日々。そしてついに、100冊読破達成することができました。毎日忙しい日々をお過ごしの皆様におかれましては、時間の無駄となるような読書は極力控えたいとお考えになっているはず。やはり、全ての本が当たりであってほしいと願うのが普通の人間でしょう。ということで今回は、役に立って面白い、100冊以上読んで見つけたおすすめのゴルフ本全15冊をご紹介させていただくことにしました。