新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】アプローチ&バンカー自由自在! ザ・ウェッジ・バイブル:石井 忍

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

ザ・ウェッジ・バイブルというタイトルからわかるように、ウェッジを使ったアプローチとバンカーショットに特化したレッスン書だ。

従来より、パッティングを含めたショートゲームの分野では、感覚を重視すべきか、メカニカルな動きを重視すべきか、意見の対立を見ることがあるが、この本はメカニカル重視。論理的にショットを考えたい人向けの本だと言えるだろう。

写真や挿絵も説明を補足する材料としてきちんと機能しているので理解も深まる。

クラブの特性を考慮したアプローチの方法なども紹介されており、個人的にはバランスの取れた一冊に思えた。

読後の所感

距離感は振り幅ではなく当て勘で出すものだと考える自分にとっても、この本で述べれられているメカニカルな思考法は役に立つ。

 

冒頭にて「ゴールデンディスタンス」という聞きなれない言葉が出て来るが、これは、対象物を狙わずに只々気持ちよく振った時のキャリーの飛距離を意味する。

この「ゴールデンディスタンス」を正確に把握しておけば、振り幅基準の距離感づくりに役に立つと石井プロは述べているが、私もこれには賛同するしかない。

練習場で特段狙いを定めずに、ウォーミングアップとして打ったウェッジショットの飛距離がほとんど同じになるという方も多いのではないだろうか。

次回からは、「ゴールデンディスタンス」という概念を念頭に置いてショットすることにしよう。

ただのウォーミングアップが距離感を養う練習になるとすれば一石二鳥だ。

 

スポンサーリンク

 

その他気になった点は、バンカーショットのクラブの軌道だった。石井プロは、アウトサイドインではなく、(ちょっとだけ)インサイドアウトに振れと言う。

これには心当たりがあって、10年ほど前、とあるティーチングプロにバンカーレッスンを受けたときのこと、昔の言い伝え通り「アウトサイドイン」の軌道を勧められた。

しかしこれが、自分には全く合わない。それまで比較的バンカーショットは得意だと思っていたのだが、本当に下手くそになってしまったのだ。

これからは、自身をもってインサイドアウトに振り抜くことにしよう。あのティーチングプロには、私の打数を返してもらいたいものだ。

最後に

この本読みやすいし、わかりやすい。感覚派の人も一度は読んでみたほうが良いのではと感じられた。

難点は、タイトルで「アプローチ&バンカー自由自在!」と謳っているわりに、バンカーショットについては数ページの記載しかないところ。

私は今、バンカーショットの打ち出し方向に悩んでいるのだが、この本で明確な答えを得ることはできなかった。

砂ごと運ぶのだから砂の飛ぶ方向が打ち出し方向だと言う人もいれば、クラブの振り抜き方向とフェースの向きの中間が打ち出し方向だと言う人もいる。

いったいどっちが正解なのでしょうか。いまだ謎のままである。