新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】ゴルフ 本物のスイング理論:伊澤 利光

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

伊澤スイングの極意書。いまのクラブやボールのスペックに適ったスイング理論が展開されている。

ドライバーからアイアン、アプローチ、そしてパッティングまで、ゴルフスイングのほぼ全てが網羅されている内容だ。

「ああして、こうして」等の細かい説明はなし。イメージや感性を大切にする人向けの本だと言えるだろう。

この本で、賞金王にも輝いた伊澤プロの王者のスイングを習得しよう。

読後の所感

やっぱりプロは、アマチュアのように「どこに上げて、こうして下ろす」とか、そんな細かいことは考えていないようだ。

まあ、細かいことを言われたとしても、どのみちその通りにはできないのだから、イメージを喚起させてくれる表現で十分と言えば十分なわけだけど。

 

そんなことを思いながら読み進めて行ったわけだが、伊澤プロの描くイメージと自分の描くイメージに多くの共通点を見ることができたので、個人的には満足。

「ゴルフスイングは横振り」、「テークバックは体から」など、概念的ではあるが伊澤プロの意図するところは十分に伝わってきた。

 

スポンサーリンク

 

とはいえ、ひとつ気になったところもある。

それは「深い捻転からねじり戻りを利用して、スイングを加速させる」という表現。

”ねじり戻りを利用する”という言葉を聞いたら、多くの人が、”切り返しから捻転を解いてパワーを爆発させること”と連想するのではないだろうか。

もちろん、そう考えること自体間違いではないのだが、上記の言葉を額面通り受け取ってしまうと「ねじり戻りが早く解いてしまう」ことに問題がある。

 

ねじり戻りが早く解けるということは、その時点で末端側(ヘッド側)に力が流れてしまうことを意味する。

一旦、末端側に流れた力は体幹側に逆戻りすることなどできないのだから、ヘッドをさらに加速させるためには腕や手を使わざるを得ない。

これはまさしく「手打ち」そのもの。伊澤プロが意図するイメージと大きく異なっていることだろう。

 

だから、「捻転はインパクトまでキープする」と表現したほうが、個人的にはしっくりくる。

ねじり戻りはインパクトからフォローにかけて勝手に起こる、ぐらいに考えておくべきだろう。

捻転が早く解ければ、フェースが返るタイミングも早まるはず。

引っ掛け気味の方は、捻転キープを試してみるといいかもしれません。

スポンサーリンク

最後に

プロゴルファーの、特にトーナメントプロのスイング理論は、主観が前面に押し出されていることを認識したうえで読むのが正解。

どうしても、主観的に述べなければ伝わらない部分もあるわけで、逆に言えば、自分のスイングを読者に紹介するのに、主観で述べずにどうすんだって話だ。

イメージや感覚的な部分が自分にマッチするようであれば取り入れればいいし、何か納得いかないような部分があれば、それをネタに自分で考えてみるといい。

本は単に知識を与えてくれるものではなく、考えるきっかけも与えてくれるものである。