新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】ゴルフ賞金女王 イ・ボミのおしえ:イ・ボミ

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

ゴルフファンであれば誰もが知っている韓国美人ゴルファーのイ・ボミプロが、ゴルフスイングのコツをやさしく教えてくれる「イ・ボミのおしえ」。

要所を抑えた簡潔な文章でうまくまとめられている印象を持った。構えず気楽に読むことができるだろう。

とはいえ実際には「イ・ボミのおしえ」は、全191ページ中、108ページ分しかない。

全体の約半分の分量だ。

残りの半分は、専属キャディ、トレーナー、そしてスポンサーの方々からの寄稿によって埋められているので、その点、念のためお伝えしておきたい。

若干不思議な構成の本ではあるな。

読後の所感

まずは、肝心の「おしえ」の部分から。

なるほど、これはこれで良いかもしれない。

感想としてはすべてがオーソドックス。聞いたこともない超個性的な「おしえ」も見当たらなかった。

優等生が口にするようなゴルフの「おしえ」が書かれている、と言えば何となく想像つくだろうか。

決して難しくもなく、丁度いい塩梅だ。

ゴルフ始めたてのレディースゴルファーに、もってこいの内容だと思われた。

 

続いて、「おしえ」以外の残りの半分について。

個人的に興味深かったのが、イ・ボミプロが所属するスポンサーからの話であった。

延田グループ(遊技業)が所属先らしいが、どういったサポート体制が取られているのか、結構詳しく紹介されていた。

アマチュアが普段知り得ないところだけに、思いのほか楽しめてしまったわけだ。

なんでも、当初ホテル住まいであったイ・ボミプロに、日本での住居を提供して土台を固め、キャディーやトレーナーの面倒も見たそうだ。

やはり、こういった環境づくりがあったからこそ、あれだけの成績を残すことができたのだろう。

 

スポンサーリンク

 

そんなことを考えながら、ふと自分もイ・ボミプロの間接的なサポーターであることに気がついた。

延田グループは、「1・2・3」でお馴染みのパチンコ屋さんであるが、大阪、東京に住んでいた時、何回かお世話になった記憶がある。

お世話になったというか、なかな引き落とせない貯金をするはめになったのだが、あの時の俺の金がイ・ボミプロのサポート費用に回った可能性も・・・・無きにしも非ずじゃないだろうか。

もしそうであれば、一生預けたままにしといてあげるね。

最後に

スポンサーや応援団の声が、ここまで載ってる本ってほんと珍しい。これが正直な感想だ。

とはいえ、先述したけど、「おしえ」については、要所を抑えて簡潔にまとめられているから、イメージ重視のゴルファーにとっては有用だと思われた。

特に、イ・ボミのスイングを真似したい人は、読んでおいた方がいいだろうね。