新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】どこからでもナイスショットが打てる魔法のゴルフメソッド:ゴルフ上達アカデミー

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

ゴルフ上達アカデミーという、自分にとってはいまだ謎であるシングルゴルファー集団が著した、コースでナイスショットするためのテクニック指南書。

すなわち、スイングづくりの本ではなく、スコアづくりの本である。

ティーショット、アイアンショット、ラフやバンカーからのショットに加え、コースで遭遇するさまざまな傾斜からショットする際のコツなどが紹介されている。

練習場ではうまく打てるけど、コースに行くとからっきしダメ、なんていう人は読んでみるといいかもしれない。

読後の所感

良く言えば、状況ごとのショットのコツがうまくまとまっていて読みやすいが、悪く言えば、どこかで聞いたことある話のオンパレード、これが正直な感想だ。

同著の、以前ご紹介したこちら「科学が明かすゴルフ上達のメカニズム」と比べると、どうしても見劣りしてしまう。

【GiS的多読】科学が明かすゴルフ上達のメカニズム:ゴルフ上達アカデミー
ゴルフ上達アカデミーというシングルゴルファー集団が著した本。道具についての科学が2/3、スイングについての科学が1/3といった感じで構成されている。タイトルに「科学」とついてはいるが、難しい数式などは出てこないので安心して欲しい。また、本書はスコアアップのための細かいテクニック等を述べた性質のものではない。スイングの基本動作やクラブの選び方など、ファンダメンタルな情報を提供する本である。ゴルフ選びからスイングづくりまで、基本的になんでも自分で考えて行動することが好きな人向けの本と言って良いだろう。

言うなれば、雑誌などに日々掲載されている情報とさほど変わらない、そんな印象を受けた本である。

 

スポンサーリンク

 

とまあ、こんな感じで読了したわけだが、私が考えさせられたのは、冒頭に出て来る「コースでうまく打てない原因は力み説」であった。

これは誰しも経験あるはず。

特にスタートホールのティーショットにおいては、体が温まっていないし、ミスしたくないというプレッシャーから、多くの人が当てることを優先してしまう。

その結果、ミスショットとなってしょんぼりという、ある意味お決まりパターンの最大の要因が「力み」によるもの、といった類の話だ。

 

これに関して全く異論はないのだけど、自分が思う「力み」の要因には「練習場のヤード表示は実際より短いですよ問題」があることも追加させていただきたい。

練習場のボールは、1割程度飛距離が落ちると言わている。それに合わせてヤード看板も短く設置されているのだから、コースでピンがどうしても遠く見えてしまうのである。

これも「力み」の原因の一つになっていると考えていいだろう。

特に、一つの練習場に通い詰めることでヤード看板の距離感がすり込まれてしまった人に、そういうことが起こってしまうのではないだろうか。

本物の距離感は、コースで培うしかないってことですね。

最後に

「どこかで聞いたことある話のオンパレード」と書いたから、この本にネガティブなイメージを持ったかもしれないが、実のところ、ゴルフ上達アカデミーさんの本は総じてよくまとまっていて、読みやすいと感じている。

機会があれば別の本も読んでみたいと考えている今日この頃です。