新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】ゴルフ上達の科学 スコアをもう3つよくする科学的ヒント:大槻 義彦

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

実験的に”火の玉”を作ったことで有名な物理学者の大槻教授が著したゴルフ本。

超能力に対し批判的な立場をとる大槻教授だが、次なるターゲットとして選ばれたのがゴルフだったらしい。

学者らしい切り口で、ゴルフの不思議を科学的に解き明かしていく様は、読んでいて清々しささえ感じてしまう。

巷にあふれるゴルフの通説にはおかしなことがいっぱいだ。

そう感じたことがある方に読んでもらいたい一冊である。

読後の所感

なるほど、この本は読者を選ぶと感じられた。

物理の公式にアレルギー反応を起こしてしまう方は、避けたほうがいいだろう。

そこまで難しい公式や法則が出てくるわけではないが、理解するのにある程度の努力は必要である。

この本、講談社のブルーバックスですから、難しくはないが、やさしくもないのです。

 

それにしても、探究心旺盛な学者さんは面白い。

方向性を上げるため、サングラスの右レンズに黒いテープを貼ってプレーすることまでやってのけるとは、この発想は私には全くなかった。

 

 

スポンサーリンク

 

肝心の内容について少し触れておくと、ゴルフの科学とはいえ「道具の科学」に関する内容がメインとなっている。

したがって、スイングの上達に貢献する性質のものではない。

道具のしくみを知り、スコアアップを目指す方に向けた本であり、また、理想のクラブを追い求めている人にも参考となる本であると言えるだろう。

 

個人的には「クラブは軽いほうがいいのか、重いほうがいいのか」に関する大槻教授の見解が参考になった。

詳しい説明は本書を参照していただきたいのだが、大槻教授の結論を先に言えば、腕っぷしの強い男性ゴルファーは軽いクラブのほうが飛び、腕っぷしの弱い女性ゴルファーは重いクラブのほうが飛ぶ、ということになるらしい。

しかしながら、物理法則に従えば、軽いより重いクラブのほうが飛ぶという大前提を忘れてはならない。

トラックと軽自動車が衝突したとき、より大きく壊れるのは軽自動車の方であると考えればご納得いただけるだろう。

大槻教授の説は、クラブの重量とその人が発揮できる力のバランスを考慮して考えた結果導き出されたものであって、軽いクラブでも重いクラブでも同じようにスイングできる人は、当然ながら重いクラブを使うべきだということになる。

もっと言えば、手打ちの人は腕力に頼ることになるから軽いクラブのほうが適しているが、体を使って十分な力を発揮できる人は重い重量のほうが適している、と言い換えることができそうだ。

 

とはいえ、最近は米PGAツアーの飛ばし屋も、軽いシャフトを使っているみたいだから、結局は軽いほうが飛ぶのかもしれないね。

<参考情報:キャメロン・チャンプは60g台のシャフト、ドライバー総重量は310g以下との情報アリ>

最後に

大槻教授といえば、超常現象否定派の代表格。特に「大槻 vs 韮澤」の対決は見ものだった。

動画検索すれば過去の対決が今でも見れるようなので、お暇な方はググってみてください。

私も久しぶりに見たけど、韮澤さんのとぼけっぷりは今見ても面白い。宇宙人の住民票が出て来る件なんて、インチキ過ぎて笑うしかない。