新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】真実のゴルフ2 実戦篇:坂田 信弘

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

「真実のゴルフ」の続編が、「真実のゴルフ2 実戦篇」だ。

【GiS的多読】真実のゴルフ:坂田 信弘
坂田信弘プロの独特な文体で著された、レッスン書というより、エッセイ・コラム。ゴルフ雑誌のコラムなどで、坂田プロの文章を読んだことがある方なら、この本の世界観がなんとなく想像できることだろう。自身の経験に基づいた様々なエピソードを絡めながら、いつの間にかスイングの肝が語られているというあの感じだ。ターゲットは、初級者から上級者まですべてと言っていい。読者の想像力を掻き立てる文章構成は、ゴルファーのレベルを問わないのである。

 

“実戦篇” と銘打ってはあるが、正直言って、先の本との違いはよくわかない。

しかしながら、こちらのほうがよりくだけた感じで書かれているので、面白かったほうどちらか一冊選べと言われたら、こちらの「2」になる。

小難しいことは書かれていないので、ゴルフのエンターテイメント本として楽しもう。

読後の所感

今回は、「真実のゴルフ2 実戦篇」の中から、興味深い、そして面白かったエピソードをいくつか紹介してみることにした。

 

<右ヒジの高さが飛距離を決めていた>

坂田プロは、右ヒジはスイングのヘソであると言っています。

「右ヒジはスイングのヘソ!どんなスイングでもいい、トップの右ヒジの位置が狂わなきゃ、球は方向性も飛距離も失わないんです」

なるほど。

さらに、ノーコックのスイングを推奨されているようで、言われてみれば昨日見た坂田塾の動画の生徒もそういうスイングだったなあと感じたわけである。

 

ここでピーンときた。笠りつ子プロは、坂田塾の出身。

彼女のスイングは坂田プロの理想通りではないだろうか。

笠りつ子プロが実践!飛距離アップのコツはノーコックスイングにあり!?【笠りつ子】【有村智恵】

どうだろう。まんまだよね。

 

スポンサーリンク

 

<アマに見えない「飛ばしの呼吸」>

「正確に遠くへ飛ばしたければバックスイングを大きく、ゆっくりと」

これは間違ってはいないが、坂田プロに言わせればこうなる。

“「深く、長く息を吸ってバックスイングせよ」と言えば、誰がやってもスイングは大きく、ゆっくりになる。”

ふむふむ。

自分は、呼吸についてほとんど意識してこなかった。

この呼吸法は、特に、朝一のティーショットなど、体がほぐれてない状況で効果を発揮するかもしれない。

 

さらに、こう書かれている。

練習とは呼吸を覚えるものであって、スイングの型を覚えるのは静止態で作れる。

そうか・・・・・この言葉どおりに実践できていない自分は、まだまだ修行が足りないということ。

深イイに認定することにしよう。できるかどうかは別問題だけど。

 

スポンサーリンク

 

<大器の素材はあそこでわかる>

1番ティー上にてーーー新人研修性、新人プロの腹のすわり様は、三か所を見ればわかるらしい。

①目が潤んでいるものは有望

②口の周りがシットリとしている者も度胸よし

そして、③については本文から引用させていただくことにしよう。

三番目が股間のふくらみ。モコッとしている者は、こりゃ大器といえる素材。

緊張すると男の一物は縮むというが、これは一般論。なかには勃起時の三分の一ぐらいにふくらむ者がいる。率は千人に一人。ただし、本人は気付いていない。

81年の和歌山オープン、倉本昌弘のデビュー戦ーーーモコッとしていた。

・・・倉本は超のつく大物でしたよ。野生の人間性がキラキラしていた倉本のデビュー時、彼の一物は ”ゴルフ” 以上に新鮮だった。

 

プロを目指す若者よ。見られてるぞ。

1番ティー周辺に坂田塾長が現れたら、思う存分己の宝を誇ってみてはどうだろうか。

 

スポンサーリンク

 

<ディボットをチェックせよ>

腕で叩きにいくと、ディボットの先が深くなる。腰で叩けばディボット跡の深さは変わらない。

これは、何となく皆さんもイメージできるのではないだろうか。

打ち込みイメージが強すぎると、どうしても手でクラブを操作してしまいがちだ。

同じダフリでも、プロのダフリ跡とアマのダフリ跡は全然違うはず。

プロはダフッてもクラブは滑るが、アマの場合は滑らない。穴掘り系のダフリとなっているのだろう。

最後に

「真実のゴルフ」と「真実のゴルフ2 実戦篇」両方読んだが、なんだか坂田塾ファミリーの一員になれたような気がしてきた。

ただ、坂田プロの教え全てに賛同できているわけではなく、特に右ヒジの高さにこだわる必要があるのか、その点は疑問である。

最近のトレンドはシャローイングであるからして、右ヒジを高く上げ、フライングエルボー気味のトップを作ってしまうと、そこからの腕のたたみが難しくなるような気がしてならない。

とはいえ、参考にできるところは盛り沢山であったので満足だ。

「風の大地」ファンにおすすめの本であることは間違いない