新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】パワー・ゴルフ 完璧なスウィングの秘訣はここにある:ベン・ホーガン

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

ベン・ホーガンの著作として世界的に有名な本が、いわずもがなの「モダン・ゴルフ」。

ところが、その本より10年前に書かれた本があった。

それがこの「パワー・ゴルフ」だ。

 

「モダン・ゴルフ」はピュアなスイング解説書であると言って良い。

一方、この「パワー・ゴルフ」は、スイング解説はもちろんのこと、バンカーショットやアプローチ、さらには悪天候日の攻め方など、多岐にわたる内容となっている。

そのため「モダン・ゴルフ」のように途中で飽きることなく、楽しく読むことができるはずだ。

読後の所感

自分は、「モダン・ゴルフ」より、こちらの「パワー・ゴルフ」のほうが好みである。

もし、どちらか一つを人におすすめするとしたら、断然「パワー・ゴルフ」だ。

 

まず、翻訳が心地よい。

「モダン・ゴルフ」は理解に苦しむ部分が多々あったが、こちらはスラスラとストレスなく読むことができる。

そして、エピソード話が多いことも高ポイントだ。

 

ただ、気をつけないといけないのが、若干であるがホーガン氏の教えに違いがみられること。

一つ目は、アドレス時の右足の向き。

「モダン・ゴルフ」では、右足の向きは飛球線に直角、左足を1/4開くとしていたが、「パワー・ゴルフ」では、両脚のつま先を外側に開くとしてある。

二つ目がスタンス幅。

「モダン・ゴルフ」では、5番アイアンのスタンス幅は肩幅であったが、「パワー・ゴルフ」では若干肩幅よりも狭めとある。

 

この程度なら、普通にスルーして何ら問題はない。

しかし、右足の向きについては「モダン・ゴルフ」でさんざん “右足直角!” と言ってるのだから、どうしても気になってしまうのだ。

「モダン・ゴルフ」のほうが後発だから、”右足直角” が最終的にたどり着いた結論であると言えそうだけど。

 

スポンサーリンク

 

また、個人的に興味深かった情報。それが、ウッドが本当にウッドだった時代の飛距離だ。

ベン・ホーガン氏が活躍したのが1940年代。

体重が軽いわりに飛ばし屋だったらしい。(全盛期の体重:63kg)

 

 

約75年前のドライバー標準飛距離が、265ヤードですよ!

ボールとクラブの進化の度合いを考慮して、ご自身の飛距離と比べてみてください!

いないとは思うけど、もし万が一、265ヤード飛ばせてない方がいらっしゃいましたら、明日から、いや今すぐに、何が何でも265ヤード飛ばせるよう努力してください!

最後に

パワー・ゴルフには、モダン・ゴルフにはなかったホーガン氏からのありがたい教えが添えられていたので、最後にお伝えしておきたい。

 

<スコアを改善するための八つのヒント>

  • 第一のヒント:練習をすること
  • 第二のヒント:常識を働かせること(*1)
  • 第三のヒント:十分にロフトがあるクラブを選択すること(*2)
  • 第四のヒント:ラフに入ったら、安全にプレーすること
  • 第五のヒント:サンドウェッジに習熟すること
  • 第六のヒント:クラブに仕事をさせること
  • 第七のヒント:ピンを狙うのではなく、グリーンを狙うこと
  • 第八のヒント:恐怖心をいだかないこと

(*1) ショット前にじっくり考え、ミスの許容範囲を想像しておく。例えば、アプローチでショートして、ガードバンカーに入れるくらいなら、オーバーさせてでもグリーンにのせておくべき。

(*2) グリーンを狙うときのクラブ選択についてのお話。