新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】世界標準のスイングが身につく科学的ゴルフ上達法:板橋 繁 著

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

著者の考える「世界標準スイング」とは以下の通り。

  1. スイング中に決して手首を返さない「ノーリストターン」スイング
  2. 身体の回転でヘッドスピードを上げる「軸回転」スイング
  3. クラブを寝かせて「まーるく」振る「シャローでラウンド」なスイング
  4. トップのポジションを全く意識しない「ゼロトップ」スイング
  5. グリップがつねにヘッドに先行する「ハンドファースト」スイング

 

そして、日本式ゴルフスイングと対比すると以下のようになるらしい。(本書背表紙より)

これらの項目に沿って解説が添えられていく流れ。

 

ただし、解説は科学的ではなく、コツや感覚の範疇であるから、ある程度知識のある人は、項目を眺めるに留め、自分で考えたほうが良い。

理解しようとすると頭がこんがらがるだけだ。

読後の所感

一言で言えば、「言いたいことは理解できるが、解説を読めば読むほどわからなくなる本」。

本のタイトルに「科学的ゴルフ上達法」とあるけど、最後までどこが科学的なのか正直わからなかった。

 

その最たるものが「スイングの支点はクラブの重心位置」との主張だ。

これを科学的に説明してくれれば納得できたかもしれないが、それは書かれていない。

支点とは支える点と認識しているが、クラブの重心位置をどうやって支えることができるのだろう。

 

科学本と言うより、よくある感覚本です。

スポンサーリンク

発見!役立ちポイント

ハンドファーストに絡めた次の表現が個人的には(ちょっとだけ)響いた。

  • ヘッドはいつも体の背中側にあるイメージ

チーピンに悩む人には是非とも意識してもらいたいポイントだと思う。

 

ただし、背中側にヘッドを残そうとして手元を引っ張りハンドファーストを入れてしまうと、ボールのつかまりが悪くなるため要注意。

手元はスイング中、ずっと体の正面に置かれているべきで、そうしないと体の回転力がヘッドに伝わらないし、ボールもつかまらないと考えている。

 

もしかすると、ハンドファーストという呼び名が問題なのかもね。

ハンドファーストではなく、ヘッドレイトとすれば、手元が体から離れてしまうことを予防できそうだ。

最後に

正直言って、この本を理解できる人は少ないんじゃないかと。

そもそも、「なぜならこうだから」が科学的に書かれていないんですよ。

 

先述の通り、クラブの重心が支点になるというのもわからないままだし、Xファクターという言葉も使ってはいるけど、結局「だからなに?」でおわってしまう。

 

自分は「Xファクター」は飛びに直結するとは考えていなくて、腰と上半身の捻転差を解かずにキープしたままスイングすれば、背中の左側が張ったままの状態を維持できるので、骨盤の回転力がロスなくヘッドに伝わると考えている。(決して、捻転差の捻じり戻りによって生まれるパワーで飛ばすわけではない)

 

他にも、「腰を切る」のではなく、「脇腹を切る」との表現があったが、これもよくわからない。

深く捻じれた状態からどうやって脇腹が切れるのか。

 

結局のところ感覚でしか語られておらず、決して科学的とは言えない本である。