新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】あなたのスイング、間違ってます!:高木 覚

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

著者、高木覚氏のプロフィールにこうある。

「これまでのスイング理論を真っ向から否定し、科学的、人間工学的に説明できるユニークな修正法で、短期間の上達や頑固な癖を治癒。プロからビギナーまでレベルに関係なく効果を発揮することから、悩めるゴルファーの新たな救世主として注目を集めている」

 

本書のタイトルも含め類推するに、ゴルフの常識を覆す系のスイング指南書だと思われた。

とはいえ実際は、そこまで既存理論否定しまくりのスイング論ではないので安心して欲しい。

ただ、少しばかり個性的なスイング論も展開されているので、その点については次項の「読後の所感」において述べていくことにしたい。

読後の所感

バックスイングの説明方法は秀逸。

「人間のパート」と「クラブのパート」という形で、ヘッドにかかる慣性を考慮したバックスイングの上げ方指南は、多くの人にとって参考となる情報だと思われた。

 

「人間のパート」とは、バックスイングにおいて、人間が能動的にアクションを起こす部分を指す。

もう一つの「クラブのパート」は、ヘッドにかかる慣性によって、自然とトップの位置にヘッドが収まる様を表現したものだ。

バックスイングで、おおよそクラブが地面と平行になる位置までが「人間のパート」。そこから先は、ヘッドに働く慣性の仕事となるので、基本的にプレーヤーは何もしなくて良いことになる。

また、本書でも述べられているが、肩甲骨をスライドさせれば、左手が力点となり勝手にテコの原理が働くので、特段クラブを挙上するための力も不要となることだろう。

 

スポンサーリンク

 

ただ、残念な点もあって、ダウンスイングの説明は、全くもって納得できるものではなかった。

  1. 仮想インパクトのタイミングは、ドライバーで右サイドの肩の高さ、アイアンで右足のさらに右
  2. 下半身は意図的に動かす必要はない、手打ちでOK
  3. 真実のリストワークはしゃくる動き

自分には、これらの教えがどうしても腑に落ちないのである。

下半身は意図的に動かさないはずなのに、ドライバーの仮想インパクトは右サイドの肩の高さ・・・・どうやったらボールを打つことができるのだろうか?

腰を切っていくことが前提となっていれば、仮想インパクトの位置を右よりに置くこともやぶさかではないだろうけど。

最後に

ちょくちょくスイング解説で物理用語が使われているのを目にしたけど、若干の誤りやよくわからない説明があったので指摘しておきたい。

 

先述したバックスイングにおけるトップまでの「クラブのパート」について、等速直線運動の作用によって自動的にクラブは上がると説明されているが、どうみても直線的にクラブは動いていない。

等速円運動と言うならわかるけど。

 

あと、ダウンでのリリースにおける歳差運動。

歳差運動を持ち出すのは別に良いのだけど、この作用によって「どうしてダウンではクラブは”ためる”ではなく、”ほどく”ように使うべき」という結論に達するのか、理屈がわからなかった。

 

とまあ、こんな感じだけど、バックスイングに関しては非常に良く説明されていると思うので、つまみ食い的に読んでみるのもありかもしれないね。