新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】頭のいいゴルファーの習慣:金谷 多一郎

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

従来のゴルフ理論に、金谷氏が味付けを施した感じのゴルフ指南書。

スイングの技術的アドバイスとラウンドでの心構えがバランスよく紹介されている。

尚、半分ほど読み進んだ時点で気付いたのだが、この本、図や写真が一切使われていない。

文字だけで構成された、ある意味思い切った仕様の本だ。

読後の所感

全体的に、可もなく不可もなくといった感じでまとめられている。

しかしながら、「中には本当かな?」と思えるものもあったので、いくつか紹介させて欲しい。

 

  • 「チャーシューメン」ではなく、ゴルフスイングは「チャー・シュー・ウ・メン」

見出しをそのまま書いたので、なんのこっちゃわからないと思うが、この項で説明されているのは、ゴルフスイングの「リズム」と「テンポ」についてだ。

「チャーシューメン」でも「チャー・シュー・ウ・メン」でも、唱える呪文はどっちでもいいと思っている。

 

問題は、このリズムやテンポを説明する上で、「ドライバーからウェッジまで、スイングの所要時間は同じ」と言い切っているところにある。

 

小学生の理科の時間に習った「振り子の等時性」を覚えているだろうか。

単振り子の1周期の所要時間は、紐の長さにのみ依存するという性質を表したものである。

重りの重さが変わっても、振り幅が変わっても、1周期の所要時間は同じで、変わることはない。

紐の長さが変わったときのみ、所要時間は変わるというわけだ。

 

ここで、ドライバーとウェッジのシャフトの長さを想像してみよう。

だいぶ違うことが容易に想像できるはずだ。

ということは、全てのクラブを同じ所要時間で振ること自体がナンセンスで、ものすごく難しいことだと思えるんだけどどうだろう

 

ちなみに、パッティングで距離を打ち分ける際、距離を振り幅で調節する人も多いと思うが、この場合シャフトの長さは変わらないので、短い距離のときも、長い距離のときも、テイクバックからフィニッシュまでの所要時間は全て同じになる。

理屈上はそうなるというお話だけど。

 

スポンサーリンク

 

  • オーバースイングは、テンポさえ崩れなければ、飛距離アップに効果大

そのテンポがやリズムが崩れやすくなるから、オーバースイングはダメだと思うんだけど。

 

まあ、他にもツッコミどころは沢山あったけど、大きいところではこんな感じかな。

最後に

考えるきっかけを作ってくれるという意味では、どんな本でも役に立つ。

実際問題、「これだ!」と思えるヒントが書いてあることのほうが稀なわけで、だからこそ多くの本に目を通さないといけないし、ツッコミを入れながらも思考を巡らせなければならない。

 

ところで、タイトルの「頭のいいゴルファーの習慣」とは一体何だったのだろうか。

最後までわからず終いでございました。