新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】東大ゴルフ部の教科書 ゴルフを分析する:井上 透

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

ツアープロコーチ井上透氏の東大ゴルフ部シリーズ第3弾。

アプローチとショートゲームに特化した内容の本だ。

ジュニアからゴルフを始めていれば、いつのまにか自然に習得できるようなことでも、大学に入ってゴルフを始めた彼らにとっては難しいこともある。

そういう彼らにとって必要なのは、いわゆる「How to 本」的なものではないだろうか。

「身体で覚えるより、まず頭から鍛える」それが東大式だ。

アプローチからパッティングまで、ショートゲームへの理解を論理的に深めたい方は、一度読んでみるといいかもしれない。

読後の感想

アプローチとパッティングは、あれこれ深く考えるよりも、個人の感覚を前面に出して言ったほうが、結局は結果に繋がる分野かもしれない。

それゆえ、うまい人に教えを乞うたとしても、自分の感覚にマッチするかどうかは運次第的なところがある。

そういった曖昧さを言葉にして表現してみたのが本書ではなかろうか。

 

タイトルに教科書とつけるくらいだから、具体的に表現されているほうが望ましい。

そういう意味では、トラックマンでのショット分析データが掲載されているのも二重丸。

ただ問題は、見る気がしないってことかな。

 

アプローチに関しては、結局のところ、

  • チップショット(転がし):腕のローテーションや手首のコックは使用しない
  • ピッチショット(上げ):腕のローテーションや手首のヒンジ&コックを使用する

  • チップショット(転がし):パッティングの延長線上の技術
  • ピッチショット(上げ):フルスイングの縮小の技術

しか、頭に残っていない。

スポンサーリンク

 

パッティングの分析機器に「サム・パット・ラボ」というものがあるらしい。

入射角や打点、インパクト時のロフト角などが出力されるものだ。

これは一度体験してみたいね。

というのも、フルショットは、正しいスイングありきで正しい球筋が理想だと思うけど、パッティングに関しては、分析結果から自分のスイングを作っていった方が近道だし、それが正しい上達方法のような気がするためだ。

パッティングは、体の稼働範囲がもともと小さいのだから、フォーカスすべき筋肉や関節が限定されるし、インパクトだけに集中すればなんとかなる、そう考えるとやっぱり結果からアプローチすべき分野だろう。

と思って「サム・パット・ラボ」の導入施設をネットで調べてみたら、日本に11個しかないことが判明。(ネットに載せていないだけだと思うけど)

まあ、類似分析機器でも良いので、どこかで見かけたらチャレンジしてみるか。

最後に

井上透氏の東大シリーズはどこまで続くのだろう。

この本は第3弾だけど、すでに第4弾も発売されているようだ。

ふと思ったけど、タイトルに「東大」とつける本や動画はよく見かけるけど、「京大」がついたやつはほとんど見かけないね。

 

それは良いとして、もし、自分が本を書いたらどうなるのか想像してみた。

「国立大学工学部も6年かければ誰でも卒業できる! 勉強嫌いな人のための “留年式” ゴルフスイングの教科書」

まったく売れる気がしない。