新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】タケ小山の歳を取っても飛ばしを諦めるな!:タケ 小山

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

屋根裏さんでお馴染みのタケ小山プロが、軽妙な語り口でゴルフの秘訣を語る。

ターゲット層はシニアゴルファー。

本のタイトルに「飛ばしを諦めるな!」とあるが、決してドライバー限定のお話ではない。

アイアンからショートゲームまで幅広くカバーされており、読者のスコアアップを狙って書かれた本であるという印象を受けた。

あーだこーだと思考を深めるのではなく、スキマ時間にさらりと読んで、さらりと本棚に返す。

忙しい人にもってこいの本と言って良いだろう。

読後の感想とまとめ

ここでは、タイトルにもなっている「飛ばし」の方法についてまとめてみることにしよう。

  • 最新のクラブを使え
  • アッパーブローに打て
  • 最終手段、クラブを長くしろ

タケ小山氏は、「シニアゴルファーは、道具にこだわれ」と言う。

年齢によって衰えたものを道具でカバーするのだから、道具の知識は持っていて当たり前だとも。

合理的である。

 

また、ドライバーによるティーショットに関しては、打ちだし角を高くするため、しゃくり上げたり、かち上げたり、何でもいいから兎にも角にもアッパーブローで打つことを勧めている。

シニアゴルファーに限らず、「低スピン・高弾道」が飛ばしの秘訣であることは皆さんご承知のとおり。

最近だと、切り返しからシャローに入れて、入射角を浅くするような「○○打法」によるスピン量のコントロールが主流となっているが、小山氏はそこまで細かいことは言わない。

とにかく「アッパーブロー!」。なぜなら、今のドライバーがそれを求めているから。

そう、割り切ってしまえば怖いものなしだ。

まずは、練習場の奥のネットの上の端めがけて、ブンブンとアッパーにフルスイングだ。

スポンサーリンク

最後に

正直言って、特段の目新しい情報は載っていなかった。

しかし、そんな耳タコ情報も、タケ小山氏にかかれば、退屈することなく、最後まで読み切ることができるから不思議だ。

テレビでしゃべり馴れている人はやっぱり違う。

そんなことを感じることができる一冊です。