新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】ショートゲームには上手くなる「順番」がある:藤田 寛之

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

パットとアプローチに特化したショートゲームの秘訣を藤田プロが伝授してくれる。

パッティングを含めたグリーン周りの攻略本と言ったほうがしっくりくるかもしれない。

 

藤田プロは自分のことを感覚派だと言う。

パッティングの距離感合わせなどは、まさに感覚がものをいう世界。

藤田プロのような感覚派が得意とする分野であると言えるだろう。

頭の中でのイメージと実際の結果がなかなかリンクしない方、そういう方は、この本を通じて、藤田プロの頭の中を覗き見てみるのは如何だろうか。

読後の感想

ツアープロの書く本は興味深い。

小難しいことは抜きにして、ゴルフのコツや秘訣を伝授してもらう感覚で読むことができる。

 

ツアープロのパッティングデータ全てを集計して、客観的に「これが正しい」という何かを定義できたとしよう。

しかし、それはただの平均値的なデータであり、ほとんどの人にとっては「ふーん」と思うだけの、単なる数値としての価値しかない。

 

ここで、ひとつ例を挙げるとすれば、パッティングにおけるインパクトイメージ。

確か、吉田 洋一郎氏の “ロジカル・パッティング” という本では、「ヘッドは等速に動かし、アッパーブローで打つべし」と紹介されていた。

これは、膨大なデータの集積により導かれたものだと思うから、統計データとしては全くもって正しいのだろう。

【GiS的多読】世界標準 シングルになれるパット術 ロジカル・パッティング:吉田 洋一郎
「パットに型なし」と言われるが、そんなことはない。現に欧米ツアーにおいては、多くの選手がパッティング専門のコーチをつけている。また、パッティングコーチといっても、「感覚派」と「メカニカル派」に分けられると言うから面白い。本書は、メカニカル・パッティングに特化した学びの本と考えて差し支えないだろう。

 

しかし、藤田プロは本書の中で、「ヘッドは加速させながら、ダウンブローにインパクトする」と述べている。

どちらかと言えば、自分の感覚は藤田プロの感覚に近い。

しっかりとしたインパクトに、「等速でアッパーブロー」はどうしてもそぐわないのだ。

 

やっぱり、ここぞという時には自分の感覚に頼るしかない。

脳にAIを組み込んで、神経までをも制御できれば、別だと思うけど。

スポンサーリンク

最後に

本書を読むのであれば、先述した吉田 洋一郎氏の “ロジカル・パッティング” も併せて読むと面白いかもしれない。

どちらか単独で読んでしまうと、迷路にはまり込む可能性がある。

プレーにおける感覚も大事だが、知識のバランス感覚も大事にしよう。