新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】300ヤードは可能です! 2次加速理論で飛距離を伸ばす:弥永 貴尚

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

ドラコンプロの弥永氏が紹介する飛ばしのための本。

ゴルフの常識を覆すところから始まり、そのあとに、飛ばしのためのコツがドリルを通して紹介されていく。

副題の「2次加速理論」と聞くとなんだかややこしそうだが、簡単に言えば、スイング中クラブを加速させるタイミングは二回あるということ。

巻末に「ドラコン攻略法」なるものも収録されているので、これからドラコンに挑戦してみたいと考えている方は読んでみても良いかもしれない。

読後の感想

「クラブは左サイドで引っ張る」「2重振り子で飛ばす」など共感できる箇所が見受けられた反面、少しばかり気になるところも目に付いた。

それが、弥永氏の推奨する「ドアターン」である。

ドアターンにたどり着いたいきさつとして紹介されているものの中に、「ダウンスイングで腰から回転させるボディーターンでは振り遅れてしまう」とあるが、これを理由にしてしまうということは、「Xファクター」への認識に誤りがあると推測することができる。

詳細は、私が書いた過去記事に譲るが、そもそも「Xファクター(捻転差)」とは、ねじり戻りのパワーの溜め込み度合いを計るものではない。

言うなれば、統計的に見て、飛ばし屋の「Xファクター」の度合いは大きくなる傾向にある、というだけのこと。

そもそも、ねじり戻りは飛距離の向上には、ほとんど寄与しないはずである。

だから、捻転差は飛ばしの秘訣でもなんでもないのだ。

【スイング探究】大きな捻転差は飛距離を生むのか? ~ Xファクターを考える ~
「大きな捻転差が飛距離を生む」と一般的に言われていますが、本当でしょうか?私も「捻転差は大きいほうが良いだろう」と考えていた時期があったわけですが、最近は「捻転は必要だが、飛びには直結しない」と考えるようになりました。「カラダが捻じり戻る力を利用して飛ばすんだよ」・・・もっともな理屈のように聞こえますが、いざ意識してそれをやってみても、どうもしっくりこないのです。そもそも、捻転の役割って何なんでしょうね?

 

私見で恐縮だが、Xファクターの役割は、左サイドの筋肉、主に背中側の筋肉の緩みを取るためにあると考えている。

左サイドが引っ張られて緊張している状態だと、思いっきりクラブを引っ張ることができるが、ドアターンのように、肩のラインと骨盤のラインが平行な状態では、どうしても筋肉は緩んでしまうため、引っ張ること自体が困難となるはずだ。

そうすると、クラブを強く振るためには右手を使わざるを得なくなってしまう。(弥永氏は、左手や左サイドのリードを推奨している)

スポンサーリンク

 

そしてもう一点。

「体をねじることで筋肉が細くなってしまう」そして「細くなった筋肉は、パフォーマンス、つまり能力が低下してしまう」から捻じらないほうが良いという理屈が述べられていたが、これは間違いだろう。

筋肉が細くなるかどうかは置いておいて、筋肉が一番力を発揮できるのは、伸ばされながら収縮しているとき(エキセントリック収縮)である。

つまり、筋肉は伸ばされながらも力を発揮することができるし、かつ、その時が最も大きな力を発揮できるというわけだ。

 

感想をまとめると、ねじり(Xファクターに代表される捻転差)が飛距離に貢献するわけではないという点では弥永氏と同意見だが、そこから導き出される答えが自分とは異なる、ってお話でした。

最後に

個人的に、ドアターンはゴルフが難しくなると思っている。

しかし、ゴルフスイングは十人十色。この本に書いてあることがぴったりマッチする方もいらっしゃるはずだ。

ただね、プロのようなしなやかなスイングを目指す人にはお勧めできないかな。

ドアターンだと、ムチ動作にはなり得ないからね。