新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】世界標準 シングルになれるパット術 ロジカル・パッティング:吉田 洋一郎

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

「パットに型なし」と言われるが、そんなことはない。

現に欧米ツアーにおいては、多くの選手がパッティング専門のコーチをつけている。

また、パッティングコーチといっても、「感覚派」と「メカニカル派」に分けられると言うから面白い。

 

ところで、メカニカル派コーチの指導内容はある程度想像できるかもしれないが、「感覚派コーチの指導内容って何?」と疑問に思わないだろうか。

結論を言うと、感覚派の指導内容については具体的には触れられていなかった。

ゆえに、本書は、メカニカル・パッティングに特化した学びの本と考えて差し支えないだろう。

読後の感想

自分はパッティングが得意ではないし、好きでもない。

しかし、タイミングよくストロークができて、ボールを芯でとらえることができたときの気持ち良さくらいは知っている。

こんな自分に今必要なのは、間違いなく、パッティングのメカニカルな情報だろう。

そういう意味で、新しい知見を得ることができた本書は、自分にとってプラスに働いたと思われる。

 

ところで、パッティングには、「振り子ストローク」と「直線ストローク」の2タイプが存在していることをご存じだろうか。

自分はマキロイと同じ「振り子ストローク」タイプ。

技術的な部分ではマキロイに遠く及ばないが、今後彼のパッティングを模倣することで、自身の技術向上にも繋がる可能性があると思えば、それだけでも十分有益な情報であった。

スポンサーリンク

 

その他、役に立ちそうな情報として挙げられるのがアイラインの確保だ。

アイラインのほうが、スタンスの向きよりも重要らしい。

言い換えれば、アイラインさえ合っていれば、スタンスはオープンだろうが、クローズだろうが、どうでも良いということ。

なるほど。確かに、そんな気がするねぇ。

 

パッティング嫌いの自分が、興味を持って読むことができた本だから、良本の部類に入ると思う。

一度は読んでおいて損はないだろう。

 

ただ一点気になるところが。

ヘッドが動くスピードを等速にする」と著者は主張するが、これってそもそも可能なのだろうか?

学校で習ったことを思い出してほしい。

振り子は最下点に向かって加速する性質のものだよ。それにも関わらず、等速でストロークするとなると、ブレーキをかけることになると思うのだけど。

地面を掃くように動かす「直線ストローク」の人であれば、等速に動かすことができるかもしれない。

しかし、振り子型の人にとっては非常に困難だ。

加速させながらのインパクトのほうが、より自然な動きになると思われる。

スポンサーリンク

 

ついでに、本書には載っていなかったけど、振り子の周期について付言しておこう。

振り子って、長さが一緒だったら、重りの重さを変えても、振り幅を変えても、周期(1往復に掛かる時間)は常に一定だって知ってた?(振り子の周期は、糸の長さに依存する)

これを「振り子の等時性」と言うんだけど、となればだよ、パッティングで振り幅を変えたとしても、パッティングのリズムは常に一定となるはずだ。

ロングパットは振り幅が大きいからゆっくり、ショートパットは早く、なんてことは理論上起こらないことになるね。

普段から、一定のリズムでパッティングすることを心掛けている方は、全くもって正しいと言えるのである。

最後に

こういう本は、考えるきっかけになるから良い。

「ここ違うんじゃないか」と思えば、自分で調べてみるべし。

自分で調べる癖をつけておくだけで、長い目で見れば、いろいろな(変な)「ゴルフ格言」などにも惑わされることがなくなるのではないだろうか。

理解しないまま、盲目的に偉人の言葉を信じるのが一番やっかいだ。

自宅でパターの練習するなら、SUPER BENT がお勧め!

自分も愛用しているパターマット。

このマットの何が良いかと言えば、ボールの転がりが良いのはもちろん、裏の滑り止めゴムが劣化しない点。

詳細は以下の過去記事に譲るけど、自分は少なくとも買って後悔はしていない。ただ、残念ながら、今は丸めて壁に立てかけているけどね。

5年経っても劣化なし!買ってよかったパターマット"SUPERBENT"のご紹介
先日ふと、だいぶ昔に購入したパターマットのことを思い出し、早速使ってみたところ「なんということでしょう」、劣化はひとつも感じられず、買った当時の風合いそのものでした。 それがこちらの商品、楽天の購入履歴で確認すると2014年8月となっていますので、購入から5年弱は経っています。