新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】江連忠のゴルフ開眼!:江連 忠

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

写真付きの連続写真やレッスン本の類ではない。ゴルフの教えが説かれた本である。

教えに近いものであるからして、書かれている内容は心構え的なものが多く、具体的な体の動かし方など、細かいことは述べられていない。

江連プロによる「ゴルフ深イイ話」「名語録集」といった感じ。

読後の感想

レッスン本を読んで疲れたら、こういう細かいことが書いていない本で息抜きすべきだね。

イメージとしては、坂田プロのコラムにあるような、ちょっとお堅い文体を柔らかくして、わかりやすくした表現した感じだろうか。

よくまとまっており、読みやすい本でした。

ちなみに、ここで言う息抜きは、レッスン本のように細かいことが書いてないから疲れないという意味で、内容が薄っぺらいとかそういう意味ではないことを付け加えておく。

スポンサーリンク

発見!役立ちポイント

最近、身体の柔軟性が落ちたなーと思っていたところに、こんな名言を発見。

回らなかったら回しとけ

この言葉だけ見てもわからないと思うけど、要は「体が回らないのであれば、腰と肩があらかじめ回ったようなクローズスタンスを取りなさい」ってこと。

 

自分は元々体が硬いほうで、とくにトップでの上半身のひねりが辛く感じていたから、自然とクローズスタンス気味になってたんだよね。

自然とそうなるくらいだから、自分にはクローズスタンスが合っているのかもと思った次第。

無理して腰や肩のラインを飛球線と平行にする必要ないのか、今後様子を見ながら探っていくことにしよう。

最後に

ゴルフレッスンで色々いじくりまわされた人が読めば、本来の自分が持つゴルフに対する感性を取り戻せるかもしれない。

「頭を動かすな」だとか、いわゆる「ゴルフの基本」に疑問を抱いたことのある方は是非。