新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】飛ばしのスゴ技 寄せのウラ技:武市 悦宏

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

雑巾王子こと武市プロによる、身体を止めて腕を返すという「ツイスト打法」を推奨する本だ。

身体を止めれば惰性でクラブは走り、それによりフェースが返って球が捕まる、というロジックが展開されている。

スライスに悩むゴルファー向けの本といって良いだろう。

読後の感想

ボディーターンや下半身を使うことを推奨する人は、手打ちが日本従来の教えと言い、手打ちを推奨する人は、ボディーターンが一般的なセオリーと言う。

一体どっちがゴルフのセオリーなのかわからなくなるが、下半身や体幹を使ったほうが、圧倒的に出力を向上できることからも、ボディーターン的スイングのほうが理に適っていると言えるだろう。

そもそも、腕と下半身・体幹では筋肉量が段違い。なので、ボールを遠くに飛ばすには、下半身や体幹の筋肉を使ったほうが合理的だ。

 

武市プロの言う「ボディーターンだと振り遅れる、だから手打ちで球を捕まえる」的な発想は、「F1は出力高すぎて乗りこなせないから、軽自動車で攻めるよ」という発想に似ていて、いやいやそうじゃなく「F1を乗りこなせるよう、己のドライビングテクニックを磨く」って考えるのが普通じゃないかな?

 

器用な腕や手にフォーカスしてスイングを構築するのもありだけど、最終的には下半身や体幹を使って高出力を目指すことになるんだから、もし、この本を参考にするとしても、ほどほどにしておいたほうが良いと個人的には考えている。

スポンサーリンク

発見!役立ちポイント

「220ヤードしか飛ばなかった自分が、逆転の発想で飛ばせるようになった」

逆転の発想自体は悪いことではない。

むしろ、疑いを持ちながら本を読むことのほうが重要であると自分は常々考えている。

技術云々よりも、このことを再認識できたね。

最後に

以前、「右手のゴルフ2」という片山晃氏の本を読んで紹介したけど、雑巾王子と片山プロの考えは非常に似ているなあと感じた。

両者ともに「ツイスト打法」を推奨しているから、そうなって当然なんだろうけど。