新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】飛んで曲がらない ヒップターンスイング:中井 学

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

中井学プロの代名詞、ヒップターンスイングの解説本。

「手打ち」ではなく「下半身」を使って飛ばす。(※ 正確には腰や股関節の回転)

なんなら手や腕の感覚なんてなくしてしまえ!

それがヒップターンスイングである。

読後の感想

正直言って、この本に書かれている通りにやっても失敗すると思う。自分がそうだったから。

何も考えずに、ヒップターンすると、腰が空回りしちゃうわけだ。

 

では、どうすればいいのか。

 

切り返しにおいて、筋肉が引き伸ばされた状態をキープしておくこと。そうすれば、ヒップターンの開始と同時にクラブが引っ張られることになるから振り遅れが発生しない。

言うなれば、失敗の原因は、筋肉が伸び切るまでのタイムラグにあるわけだ。

そうなってくると、切り返しにおける体重移動のタイミングが非常に重要になるのだが、体の動かし方は書いてあても、タイミングには言及されていなかった。そこが、少々残念ではある。

 

スポンサーリンク

 

実は、中井プロは本書のリリースの数年後、「基本的なアームローテーションあってのヒップターンが肝要」といった趣旨の本を出している。(本のタイトルは忘れてしまった)

おそらく、「お前の言う通りやったけどできんやないかい!」というクレームが殺到したのだろう。

だから、本書を読んだだけでは、中井プロの言うヒップターンはできない、もしくは困難であると考えたほうが良い。

しかし、切り返しのタイミングさえ工夫すれば、何とかなることに気づいた。(下のリンクを参考ください)

#4 マキロイの左踵に注目!これができればあなたも手打ちから脱却できる!(馬ウマ天国:延長戦)
【前回(#3)までのあらすじ】左サイドリードのヒントはダスティン・ジョンソンとマキロイにあり、そう話すパンゴルであった。ダスティン・ジョンソンのフォワードプレスは、単に始動のきっかけづくりだけではなく、手元を左サイドにキープする効果があり、そして、マキロイに関しては、切り返しからの左踵の動きが鍵になる。左への体重移動ができれば、マキロイのような左踵の動きになることを突き止めた後輩Aであるが、実は、難しいのは、体重移動そのものではなく、そのタイミングであるとパンゴルは言う。焼酎のボトルは残り僅か。飲み切るまでに、この謎を解くことができるのか?場所は居酒屋「馬ウマ天国」である。

「ヒップターンなんかできんやないか!」と思って手打ちに走った方は、マキロイの体重移動を参考にして、もう一度試してみるといいかもしれない。

最後に

「ヒップターンでは、腕は何もする必要がない」「腕とクラブは遅れて、レートヒットとなるのが正しい」これらの文言を鵜呑みにして何も考えずにヒップターンしてしまうと、結果的に振り遅れてスライスになることは、身をもって経験済み。

切り返しにおける筋肉の状態を点検し、タイミングを工夫してみよう。

 

★★★ GiS的一度は読んでおきたいゴルフ本認定作品 ★★★

100冊以上読んで見つけた、おすすめのゴルフ本、厳選15冊!
"多読!ゴルフ本" コーナーを開設してからというもの、ゴルフ本を読み漁る日々。そしてついに、100冊読破達成することができました。毎日忙しい日々をお過ごしの皆様におかれましては、時間の無駄となるような読書は極力控えたいとお考えになっているはず。やはり、全ての本が当たりであってほしいと願うのが普通の人間でしょう。ということで今回は、役に立って面白い、100冊以上読んで見つけたおすすめのゴルフ本全15冊をご紹介させていただくことにしました。