新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】スイングが劇的に変わる! コアトレゴルフ:有吉 与志恵 / 濱田 塁

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

コアトレとはいわゆる筋トレではなく、カラダの深層部にある筋肉(コア)と、動作をつかさどる大きな筋肉のゆがみを整えて、うまく使えるように最高の状態にすること。

カラダ(骨格)にゆがみがあれば、どうせ上達はしないので、練習場で球を何発も打つ前にカラダを整えよう。

このような発想のもと、考案されたのがコアトレゴルフである。

いわゆる、「インナーマッスルを鍛えることが上達への近道です」と謳った本だ。

読後の感想

“筋肉は裏切らない” でおなじみの近畿大学谷本道哉先生が「インナーマッスルを鍛えても競技力の向上にはそれほど影響しない」と言っていたのを思い出しながら読んだためだろうか。

少しばかり胡散臭いと思われる内容が目についてしまった。

 

本書では、「クセ球の原因はカラダ(骨格)のゆがみ」であるとしているが、そのカラダのゆがみの定義がものすごく曖昧で、半ば強引にラインを引いてゆがませているようにしか見えない。

上図は、スライスとフックに悩む人たちのカラダのゆがみを図示したものだが、全員が右肩下がりで、4人のうち3人が右足のつま先が外側に開いている。

正直言って、スライスとフックの骨格のゆがみの特徴がよくわかない。

肩の傾きを示す黒い線も、少々強引過ぎではありませんか?

 

さらに、スライス代表の下の段の方に注目。

スライサーは、左足が外側に向いているというシナリオにしたかったのだろう。

意に反して、右足つま先が外側を向いてしまっているから「右足を外に向けるクセをカバーしようとしてカラダを左に引いて回旋してしまう」というキャプションがつけられていた。

これやっちゃったら、いかようにでも話盛れちゃうよね。

スポンサーリンク

 

ここで、本書のサブタイトルを振り返ってみよう。

“スイングが劇的に変わる!” なんだけど、自分には劇的に変わっているようには見えない。

いや、確かに変わってるわ。

コマ割りのタイミングと黄色の線や矢印の引き方が。

発見!役立ちポイント

菅官房長官にならって「コメントは差し控える」でお願いします。

最後に

コアトレ自体は否定しないんだけど、画像の使用方法に難あり。

それに気づいてしまったから、素直な気持ちで読むことができなかった。

ゆがみを表現する線の引き方が強引過ぎる。

もうちょっと考えたほうが良かったのではないだろうか。

 

ちなみに、コア(インナーマッスル)を鍛える方法として案外有効と言わているのが、みんなご存じの腕立て伏せだ。

カラダをピンと伸ばした状態を維持するよう腕立て伏せをすれば、コアだけでなくアウターマッスルも鍛えられるから一石二鳥。

プランクもいいけど、腕立てもいいみたいよ。

さらに、腕立て伏せをプッシュアップって呼ぶことにすれば、なんだかカッコいいからやる気がでるかも。