新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】最強不変のスイング法則:森 守洋

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

スイングで優先させるべきはクラブであり、クラブがどう動けば正しく打てるのかを知ることが先決である。

体の動かし方も重要だけど、それよりも、まずはクラブの挙動に注目すべし。

つまり、クラブの挙動を知れば、正しくボールをヒットできるというのが、森プロの主張である。

 

では、クラブが正しく動くにはどうすれば良いのか。

そのためにはまず、ゴルフスイングにおける「振り子」運動と「両手問題」を解決しなければならない。

ゴルフスイングとは、肩の振り子と手首の振り子からなる2重振り子であり、スイングが難しく感じるのは、クラブを両手で持っているから。

試しに、片手で振ってごらん。みんなプロのスイングになるから。

読後の感想

「あれっ、こんな感じか・・・」

これは、もうちょっと突っ込んだ解説があっても良かったのではないか、という意味。

正直に言えば、この本を読むよりも、Youtubeで公開されている森プロの動画のほうが詳しいしわかりやすい。

 

終始、クラブの挙動に注目しているため、体の使い方についての説明も不十分だから、これだけで自己のスイングを改善していくのは厳しいだろう。

タイトルにあるように、あくまで「スイングの法則」とはこういうものだ、を知るための本であると割り切って読んだほうがいい。

 

クラブの動きに注目するのは良いのだけど、それだけを意識してしまったら、多分みんな手打ちになってしまう。

小手先でヘッドを操作しようとしてしまうからね。

クラブ、特にヘッドの動きは、正しい体の動きの結果であることも忘れてはならない。

2重振り子運動もいいけれど、ムチ動作も運動の基本である。

スポンサーリンク

発見!役立ちポイント

片手打ち。

自分はあまりやらないけど、今度練習場で試してみよう。

片手で振れば、みんなプロだ。

最後に

感想のところでも書いたけど、森プロの考える全体的なスイング像を把握するには、Youtubeにあがってる動画のほうが断然わかりやすいから。

それともうひとつ思ったのが、この本より、2,3年前に読んだ他の本のほうが、いろんな意味で詳しかったように思うんだけど、どうだろうか。