新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】ゴルフは直線運動で上手くなる!:三觜 喜一

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

ゴルフスイングは回転運動であるイメージが強いが、実際は直線運動である。

そして、スイングを直線イメージでとらえることにより、シンプルかつ簡単になる。

これが、三觜氏の考えるゴルフスイングである。

 

冒頭で、直線イメージを養うための練習方法(カゴ練、うねりドリル、大の字ドリル)が紹介され、それ以降は、アドレス時の足の向き、グリップ、テークバックなど、結構細やかな解説が紹介されている。

尚、三觜氏はジュニアを指導することが多いらしいが、その際まずは「カゴ練」で直線的な動きを教え込むとのことであった。

読後の所感

自分は、ゴルフスイングは回転運動だと考えているため、スイングは直線運動であると言い切るのはちょっと乱暴ではないかと思ったが、手元の動きに関しては一理あるなと。

手元を体の回転に合わせて「まあるく」動かすと、インパクトがすこぶる難しくなってしまう。

なので、最近は、体は回転させ(股関節による骨盤の回転)、手元は直線的に動かすようにしているんだけど、そういった意味では、直線イメージも間違いではない。

結果的に、体は回転、インパクトゾーンにおける手元は直線、クラブヘッドは円(楕円)を描くことになる。

 

手元を直線的に動かして、ヘッドが円を描くのはおかしいと思われるかもしれないが、タメができていればヘッドがリリースされることで結果的にまあるく動くはず。

さらに、手元を直線的に動かしたとしても、インパクトに向けてはシャフト軸周りの回転(ローリング)や腕の旋回運動が入るため、ヘッドの軌跡は円もしくは楕円を描くはずだ。

もし、腕の旋回運動が入っていないと、単にクラブを飛球線方向に引っ張ることになるから、フェースは開いたままとなり、球もつかまらない。

 

という自論をもって読み進めていくと、少し気になるところがあった。

それが、テークバックの解説だ。

三觜氏は、テークバックはヘッドから動かし、それにつられて手が動き、つられて肩、胸郭、腰、膝という順番を推奨されているが、これって逆じゃない?

ヘッドを直線的に動かして、つられて手元を動かすと、その時点で体の正面から手元は離れてしまう。

やってみればわかるけど、一度離れてしまった手元と体を同調させるのはものすごく難しいから。

 

さらに、テークバックで「左ハンドル」を切るように、という記述もあるけど、腰や股関節から始動すれば、(人によっては)左ハンドルを切っているように見えるはずだ。

何が言いたいかと言うと、左ハンドルは能動的に切りにいくものではないってことだ。

 

なおかつ、ヘッドから始動すると、結果的に慣性でクラブを上げることが困難になるため、切り返しのタイミングが取りずらい。

とはいえこれについては、確かS・K・ホさんは、「韓国人プロはみんなヘッドから始動する」とも書いていたから間違いではないと思うけど。

ちなみに、ベン・ホーガンはワンピーステークバック(by ジム・マクリーン)、松山英樹プロは「間違いなく下半身から始動」と言っていた記憶がある。(松山プロの証拠動画見つからず。残念)

もし、スイングがしっくりこなかったら、特に切り返しのタイミングが取りづらいなあと思ったら、下半身始動(股関節始動)を試してみるのが良いかもよ。

スポンサーリンク

発見!役立ちポイント

もう先に書いてしまっているけど、インパクトに向けて手元を直線的に動かすってとこかな。

三觜氏は、ヘッドも直線的に動かすって書いているけどこれは無理な話。

人によるとは思うけど、このヘッドも直線イメージだと、多くの人が、手元を引っ張って終わることになるでしょう。

最後に

今回は、本を読んだ感想というより、自論爆発になってしもうたね。

とはいえ、どんな本を読むときも、疑いを持たずに読んでしまうと、トンデモない方向に誘導されることがあるから、その点皆さんも気を付けて。

あくまでも、本は参考、何より自分で考えることが大事だ。