新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】ゴルフトッププロが信頼する!カリスマコーチが教える本当に強くなる基本:辻村 明志

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

トップ女子プロゴルファーのコーチを務めるカリスマコーチによるスイング指南書。

辻村氏は、世界のホームラン王である王貞治さんのコーチである荒川博氏の”最後の弟子”に当たる人物とのことだ。

上田桃子選手、小祝さくら選手など、トッププロを育て上げたゴルフの秘訣が紹介されている。

読後の所感

本のタイトルに「基本」とあるが、どちらかと言えば既に基本ができたゴルファーが、さらなるステップアップを目指すために読むべき本であると感じた。

なので、本書は極意書の類だと思ったほうが良い。

 

基本とは、科学的に根拠に立脚したものでなければならないと思うが、本の内容はそれとは異なり、荒川氏という達人の奥義を辻村氏が自分なりに解釈して、スイング論に取り入れているようである。

そのため、ちょくちょく理解しがたい部分が見られた。

あくまでも、スイングイメージを作りあげるための参考としておいたほうが良い。

 

<ちょっとだけツッコミ>

  • 重心があるのは常に臍下丹田です。そして、スイング中、重心は動くことはありません

姿勢が変われば身体の重心位置は容易に変わるはず。重心を動かさずにスイングすることのほうが、そもそも不可能だと考えられる。

 

  • 荒川先生の遺伝子を受け継ぐ私たちが目指すのはインサイドインです。傘を指すようにトップから遠回りせずにクラブヘッドを一直線にボールに向かわせ、そのままインサイドに振り抜いていくスウィングです

最近の野球理論では一直線ではなく遠回りさせたほうがヘッドが走ると理解されているはずだ。これはゴルフも一緒だと考える。

確か、落合選手も助走を長く、遠回りさせると言っていたはずだ。

さらに、サイクロイド曲線を例にとって考えれば、直線的に動かすのは最も効率が良い手段ではない。

秋山仁の算数数学おもしろランド 6

 

  • 総じてアマチュアはクラブを長く持ちすぎる傾向があります。長く持つほうが飛ぶと思うのでしょうか。グリップエンドに小指をかけて握る人が少なくありません。もちろん長く持てば、遠心力が大きくなりますから、物理的には短く持つよりは飛びます

長く持ちすぎることによる弊害には賛同できるが、遠心力が大きくなるから飛ぶという考えは間違いだろう。

遠心力は回転中心に向かう向心力と反対の方向の力だから、スイング弧の接線方向、つまり飛球線方向には働かない。

インパクトに向けて、クラブをリリースするようには働くと思うけど。

スポンサーリンク

発見!役立ちポイント

強いて言えば、「ヘソプレーン」という概念かなと。

この辺はひとそれぞれ、体幹の動きをチェックするために何かの基準を設けていると思うんだけど、「ヘソプレーン」もそのうちの一つとして使えたりするんじゃないだろうか。

自分は今のところ股関節の動きを重視しているので機会があればですが。

最後に

やっぱり、ゴルフ本のタイトルの付け方には問題ありだと思う。

本書は「基本」と言うより「極意」だし、「カリスマ」なんてつけちゃうのは大袈裟ではないか。

タイトルは出版社が考えたと思うけど、それにしてもねー。

カリスマとは:Wikipediaより

カリスマとは、預言者・呪術師・英雄などに見られる超自然的・または常人を超える資質のことを指す。もとは、キリスト教用語として、『新約聖書』において、神からの天与の賜物の意味で用いられた言葉である。この資質を持つ者による支配を、ドイツの社会学者マックス・ヴェーバーは「カリスマ的支配」と呼び、支配の三類型の一つとした。