新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】なぜ?韓国ベタ足スイングは美しくて強いのか?:S・K・ホ 著

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

大まかに内容を分類すると以下のようになる。

  • 前半:ベタ足が良い理由と韓国プロのスイング解説
  • 中盤:S・K・ホ氏のスイング論
  • 後半:韓国ゴルフの歴史について。

 

ここでは、本書の冒頭にて解説されている「ベタ足が良い理由」の要点のみ、簡単に書いておくことにしよう。

 

  • クラブがアウトから下りるのを防ぎ、体の正面でインパクトできる。これは、ダウンスイングで右かかとが上がらなければ、右膝が前に出ないため。
  • インパクトがゾーンになり、飛距離が出る。体重を右足に残しておくのがコツ。

 

「ベタ足のカギは、バックスイングで右足に体重を移動させることにある」S・K・ホ氏談。

読後の所感

「なぜ?ベタ足スイングは美しくて強いのか?」の「美しさ」の謎は結局わからなかった。よくある、誇張表現であろう。

 

それはさておき、問題はこの本によって上達が見込めるかどうかだ。

これに関しては微妙であると答えるしかない。

スイング論に関しての説明は、S・K・ホ氏による韓国女子プロのスイング解説と自身のスイングのコツ解説がメインとなっているが、やはり御多分に洩れず「こうなってるからこう」「こういうイメージでこう」の領域を抜け切れていない。

 

ただ、なぜ韓国人プレーヤーは皆ベタ足なのかは分かる。それは、、、、

小さな頃からゴルフをやってきている選手は、必ずといっていいほどベタ足で振る練習をしているから。

そっ、そうですか。

スポンサーリンク

発見!役立ちポイント

ベタ足とは全く関係ないが、コースマネジメントに役立ちそうな情報が載っていたので、ぜひ紹介させてほしい。

 

  • 怖いサイドに振っていくのがスイングのセオリー

左サイドに池があるシチュエーションでは、誰もが左に打ちたくないと考えます。ここで池に入れてしまう人の大半は、フォローでヘッドを右(アウトサイド)に放り出すようなスイングをしています。でも、こう振るとボールがつかまって、より左にいきやすくなります。手が体から離れ、あとから返す動きが入るので左に飛ぶのです。

右サイドの罠にハマる人はこの逆。右に行くのを嫌がって左に振り抜いている。するとクラブが外から入ってスライスし、余計右に行きやすくなるわけです。

 

新飛球法則・Dプレーンを理解している人ならお分かりだろう。

ボールの打ち出し方向はフェースの向き、ボールの曲がり(回転方向)はフェースの向きとクラブパスに依存するという考えだ。

 

例えば、ティーイングエリアから見てフェアウェイ右側が谷となっている場合、誰しもがフェアウェイの真ん中から左サイドにボールを置きたいと願うだろう。

そういうときこそ、谷(右)に向かってクラブを振り抜かねばならない。ただし、クラブフェースはフェアウェイど真ん中に向けること。

ボールの打ち出し方向はフェースの向きに依存するためだ。

インパクトがスクエアであれば、谷に向かって振ったとしても、ボールはフェアウェイど真ん中方向に打ち出されることになるので安心して欲しい。

 

そしてこのとき、ボールにはフック回転がかかることになる。

谷に向かって振り抜いたのだから、クラブパスはインサイドーアウト。すると、フェース角とクラブパス間に角度差が生まれ、このケースではフック方向の横回転が与えられることになる。

 

もし、谷を嫌がり、左サイドに振り抜いてしまったらどうなるだろう。アウトサイドーインのクラブパスになり、当然ボールにはスライス回転がかかってしまう。

そのため、フェアウェイど真ん中に打ち出されたボールは、あれよあれよという間に、右側の谷に吸い込まれるわけだ。

今後は、勇気を出して、あえて怖いサイドへ振り抜くことにしよう。

 

Dプレーンの詳細については、【スイング探究】「新飛球法則・Dプレーン理論」を理解するのが上達への近道! を参照して欲しい。

最後に

個人的には、この本嫌いではない。

韓国ゴルフの歴史にはあまり興味はないが、韓国女子プロゴルファーのスイング解説には “なるほど” と思わせる部分もあった。

P191中、約3分の2がゴルフスイングに関すること、残りの3分の1が韓国ゴルフの歴史(強さの秘密)である。

ベタ足にご興味ある方、特にS・K・ホ氏のファンの方は読んでおいて損はないはず。