新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】芹澤メソッド ゴルフの結論:高田 順史

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

チームセリザワ ゴルフアカデミーのヘッドプロ、高田順史による芹澤メソッドの紹介本。

ここで、芹澤メソッドとは何なのか。序章の見出しを抜粋してみよう。

  • ゴルフを楽しみながらスキルアップしていけるメソッド
  • 身体能力とレベルを再確認、いまの自分ができることを知る
  • アームローテーションとボディーターンがスイングの基本
  • 練習場でやることとコースでやることをイコールにする

 

これだけではよくわからないかもしれないが、要はアームローテーションとボディーターンを融合させたスイングを目指そうという趣旨の本である。

その他、状況別ショット、アプローチ、パッティングに関するコツも紹介されている。

読後の感想

特別これといった特徴のない、ゴルフを広く浅く取り扱った本という印象だ。

そのため、説明が終始、かなりフワフワとしたものとなっている。

 

「スイングとはこんなもの」という概念を理解できるレベルの本であり、スキルアップのために読むには内容が乏しすぎる。

それゆえ、対象は初心者と言って良いだろう。

 

正直、「ゴルフの結論」と題している割に、中身が薄すぎる。言い換えれば、名前負けした本と言って良い。

(ほかにいろいろあるのかも知らないけど本物の) 芹澤メソッドを知るにはチームセリザワ ゴルフアカデミーに入校しないと、何もわからないと思うよ。

 

おそらく、アームローテーションとボディーターンの融合が芹澤メソッドの肝だと思うけど、融合のさせ方もあいまいだ。

「ボディーターンでスライスが出はじめたら、振り遅れを取り戻すつもりでアームローテーションを入れてください」って書いてあるけど、こんな説明でいいの?

こんな練習じゃ、スライスとひっかけを行ったり来たりにしかならないと思うんだけど。

スポンサーリンク

発見!役立ちポイント

「アプローチはボディーターンだけで打つ」発見ではないけど、この辺が役立ちポイントかなと。

丁度、Twitterで呟いたところだし。

ボディーターンでアプローチするには、捻転をあらかじめ作っておかないと時間的に色々間に合わないよね。

最後に

タイトルに「結論」とあるわりに、中身が薄すぎる。

ある意味、ゴルフは細かいことや難しいこと言ってもしょうがない、それが結論だ!ということなのかもね。