新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】ゴルフ4スタンス理論 タイプ別セオリー:廣戸 聡一

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

人間の身体バランスの取り方には個性があり、おおよそ4つのタイプに分類することができる。そして、これら4つのタイプは、足の裏を前後左右4つに分割した領域と対応しているのだ。

各領域は、足の裏前後方向つま先側がA、踵側がB、また左右方向内側(土踏まず側)を1、外側を2とすれば、以下のように示すことができる。

結果的に、上図のようなA1/A2/B1/B2の4つとなる。

各タイプごとに、得手不得手の動作があり、それらをゴルフスイングになぞらえ体系化したものが「ゴルフ4スタンス理論」。

本書を通じて、まず自分自身はどのタイプに相当するのかを知り、そして自分のタイプに合った動きは何かを知ることできれば、ゴルフ技術の向上を図ることができるだろう。

読後の所感

4スタンス理論と聞いて、真っ先に思い出すのは横田真一プロだ。

TVのゴルフ中継などで「(テレビに映ったプレイヤーを見て)彼はA2タイプだ」とか言っていたのを思い出すが、それを聞くたび「何かまた適当なこと言ってんな」ぐらいに思っていたのが正直なところ。

 

一通り読んでみて、4スタンス理論の信憑性は未だよくわからない。

そして、最初からこの理論に則ってスイングを構築すべきなのか、はたまた行き詰ったときにこの理論を参考にすべきなのか、どちらが近道となるのかは自分には判断できない。

 

ただ、なんとなくわかったこと。自分はA1タイプなのだろう。

スノーボードでもトゥーサイドのターンはしっくりくるが、ヒールサイドは苦手だった。

そして何となくだが、つま先内側の母指球付近を基点として運動しているように思えるからだ。

(※ 自分のタイプの見つけ方も記載されていますが、自分にはよくわかりませんでした)

 

そこで、Aタイプの特徴を見てみよう。

  • クラブの上げ下ろしを引いておこなう
  • (バックスイングで)伸びあがるように動く
  • バックスイングやフォローで肋骨が切れ上がるように動く
  • スイング中両ひざの高さが変わらない
  • フィンガーグリップ

ざっとこんな感じだが、当たっているような気もする。

(※ タイプ1の特徴は割愛)

 

ちなみに、Bタイプのグリップはパームグリップが相性良いとのことだ。

パームグリップは個人的にあまりよろしくない握り方だと思っているので、何となくほっとした。

スポンサーリンク

発見!役立ちポイント

人の個性や個人差を考える上で、こういう考え方もあるということを知り得たことは、今後何かの役に立つだろうと思う。

ただ、自分は指導者ではないので、それがいつになるかはわからないけど。

最後に

この理論を用いるかどうかは別として、スポーツの指導者は読んでおいて損はないだろう。

気になる点があるとすれば、この理論に全部乗っかることで物理的にも得をする動きになれば問題ないが、逆にそれが損なわれる動きとなってしまう可能性もあるということ。

この辺りは本書を一読してご自身で判断いただきたい。

追記

横田真一プロの4スタンス理論の本も読んでみましたが、個人的にはこちらのほうがわかりやいかなと思います。

【GiS的多読】横田真一 4スタンスゴルフ 4スタンス理論 ~これがゴルフレッスンの常識になる:横田 真一
廣戸聡一氏の提唱する4スタンス理論を、横田真一プロがゴルフスイングに適用した。そうして生み出されたものが「4スタンスゴルフ」である。4スタンス理論のメインタイプは「A, B」と「1, 2」の合計4種類(A1, A2, B1, B2)。まずは、自分がどのタイプに属するのかを把握することから始めよう。「タイプによって最適な体の動かし方は異なる」というのがこの理論の肝であり、それがわかれば、今よりももっとスムーズに体を動かすことができるようになるかもしれない。