新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】一生ブレない 身体のスイング:永井 延宏

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

「ゴルフレッスンコミック」に連載された「術のゴルフ」という作品につけた文章をベースにして書かれた本であるとのこと。

本書は、以下の3つの章からなる。

  1. 新しいクラブには新しい使い方がある
  2. ゴルフスイングは入れ替え動作の集合体
  3. スイングの「隠し味」に気づけばゴルフが変わる

このうち、肝となるのは2章に記載されているカウンターバランスだと感じた。

読後の所感

表現が個性的過ぎて、結局何が言いたいのか理解に苦しむ本。

とはいえ、著者の一番主張したいことは何となくわかったような気がする。

それが、カウンターバランスを取ることによって実現する「スタック・アンド・チルト」や「左一軸打法」。

 

ただ、このカウンターバランスの説明に行き着くまでが長いし、度々出て来るものすごく個性的な表現や例えがわかりにくいため、なかなか次のページに進ませてくれない。

実際に自分が最後まで目を通すことができたのは、途中で理解をあきらめたからだと考えている。

 

例えば

  • 天秤が自分のほうに傾いた状態を作る
  • インパクトの要点は「最大効率」から「最大圧力」に変わりました
  • 背骨の入れ替えで大きな三角形の面を振ろう

などと見出しに書かれているんだけど、これぱっと見で理解できる人いる?

自分は説明文読んでも理解できなかったよ。

スポンサーリンク

発見!役立ちポイント

カウンターバランスを考えながら、気付いたことがある。

著者のカウンターバランスは、バックスイングでクラブが右にあるとき頭は左に振られ、フォローでクラブが左あるとき頭は右に振られるというロジックだ。

これって、左一軸だけでなく、中心軸でスイングする人も同じような動きをしていると言えるのではないだろうか。

中心軸の場合、バックスイングからフォローにかけて、身体を左サイドベンドから右サイドベンドに切り替えるわけだから、外から見て頭は振られていないように見えても、実際にはカウンターバランスと似たようなことが行われていると考えていいだろう。

ただ、自分はテイクバックで頭は右に振られるものと考えているから、やることはないけど、気付きとして、そして知識として参考にはなった。

最後に

自分がどうしても理解できなかったところを最後に紹介しておこう。

上が従来のスイング、下が著者の考えるスイングらしいが、末端を大きく動かしたほうがヘッドスピードも出るしパワーも出るはず。

著者が推奨するダイナミックバランス型モデルというのは、根本的に間違いではないだろうか。