新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】ゴルフ 現代スイングの結論:内藤 雄士

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

ベン・ホーガンの時代から変わらないゴルフの基本を説いている。

アドレス、グリップからフィニッシュまで、写真付きで一通りの解説が添えられており、その人にしかわからないコツ的なものは見当たらない。

なので、本書ではテレビ番組などでよく見る、スイング解説的なスイング論が展開されている。

物理的、力学的な話は一切出てこないので、スイングを形として覚える人用の本だ。

尚、パッティングやアプローチについては触れられていない。

読後の所感

スイングレッスンの王道本だと思われるが、決定的なことが書いていない。

ゴルフの基本としては良本だと思われるが、決定的なことが書いていないが故、これだけで上達するには難しいと思われる。

 

例えば、前傾角を崩さないことが大切と説いているが、肝心の説明はアドレスの取り方まで。

前傾角が崩れないようにするための、スイング中の体やクラブの動かし方については触れられていない。

実直に、本に書かれている内容すべてを正確に実行すればできるのかもしれないが、それは無理な話。

 

クラブの力学的挙動を考慮したスイング論などを期待する人にとっては物足りないだろう。

なぜなら、動的ではなく連続写真を切り取ったような静的スイング論であるからだ。

 

それにしても、ダメなスイング例の示し方はピカイチだ。こんな感じ。

3コマ目なんかは秀逸。

思わず「こっち見んな!」と心の中で叫んでしまった。

スポンサーリンク

発見!役立ちポイント

新発見ではないが、再確認という意味で「ダウンスイングはシャフトプレーンに沿って振り下ろす」を今後も意識していきたい。

特に練習場では、すぐに頭から飛んでしまうので。

最後に

内藤氏の本の紹介は、「ゴルフスイングバイブル」に続いて2冊目となる。

多分、内藤氏の本はどれを読んでも内容はさほど変わらないだろう。

ということで、どれか一冊読めば十分。