新コーナー「ゴルフメカ談議」オープン!

謎の一般ゴルフ研究家(通称パンゴル)が、ゴルフメカニクス/メカニズムについて会話形式でお送りする、ゴルフエンターテイメントです。

ゴルフメカ談議へGO!

【GiS的多読】女子ゴルフ上達レッスン:桑島 明美

多読!ゴルフ本
世に無数に存在するゴルフ解説本を読み、独自の感想・見解を述べるページ。正直言って、現在出回っているゴルフ本のほとんどが、かねてより言い伝えられてきたことの焼き直しだろう。だが、一行でも、一言でも良いから、役に立つ情報を見つけたい。発見と気付きのための多読である。

本の概要

「女性のパワーでも、体幹を使ってスイングすれば、ボールを遠くまで飛ばせる」がコンセプト。

しかし実際は、体幹をメインとしたスイング教本というより、いわゆるAtoZ系のレッスン書。スイングの仕方から傾斜地、バンカー、パッティングなど、ゴルフ全体を見渡した内容だ。

対象は、全くの初心者向け。これからゴルフを始める人用の本である。

読後の所感

昔ながらの教えを一冊の本にまとめた感じ。「ゴルフスイングとはこんな感じ」を、オールカラーの写真付きで説明してくれている。

なので初心者にはうってつけ。ゴルフを始めようと考えている彼女や奥さんにプレゼントするといいかもしれない。

しかしながら、昔ながらの教えそのままなので「そこは違うんじゃないか」という箇所もいくつか見受けられた。

 

<インパクト>

「インパクトはアドレスを再現するつもりで。」とあるが、インパクトはアドレスの再現ではないでしょう。いくら「つもり」と書いていても、ほとんどの人はアドレスを再現しようとするから、結局うまくいかなくなる。

いっそのこと、「アドレスとインパクトの形は違う」とすればいいのに。

その証拠に、他のページに「インパクトの形をしっかりと体に記憶させればミート率アップ。」と書いてある。こちらを参考に。

 

<フィニッシュ>

「たとえ、ミスショットでも、しっかりフィニッシュを決めることを意識してスイングしましょう」とあるが、ミスショットのときは、しっかりとしたフィニッシュが取れないことに、多くの人は気付いている。

良い球が打てた時、良いスイングができた時にしっかりとしたフィニッシュができるわけであって、悪いスイングをしたら、当たり前にしっかりとしたフィニッシュは取れない。

これについてはベン・ホーガンのモダンゴルフに書いてある。良いフィニッシュは良いスイングの結果であると。

 

<インテンショナルフック・スライス>

上で指摘した2つのことはまだしも、このフックとスライス、球筋の打ち分け方に関する解説は、完全な誤りであると言っておきたい。

「飛球線(スイング軌道)」として解説がなされているが、飛球方向はフェースの向きで決まる。スイング軌道の方向にボールは飛ばないのだ。

そのため、目の前の木を避けたいのであれば、木に当たらないようフェースを右(フックの場合)もしくは左(スライスの場合)に向けなくてはならない。

本書では、木の真裏にあるピンに向かってフェースを向けるよう指示してあるが、そうすると非常に高い確率でキン・コン・カーンになってしまうはず。

トラックマンやフライトスコープが普及した現在、Dプレーンと真逆の理論で解説するのは如何なものであろうか。

【スイング探究】「新飛球法則・Dプレーン理論」を理解するのが上達への近道!
新飛球法則という名前がついていますので、最近のものと感じるかもしれませんが、Dプレーン理論は、今から20年ほど前の1999年には提唱されていたものです。Wikipediaによると、Dプレーンの"D"は"Describe(描写する、説明する)"を意味するとのこと。これは、Dプレーンを用いることで、どのような球筋となるかをうまく説明できることから名付けられたのでしょう。

 

とはいえ、上記の指摘した3つのことに気をつけて読めば、参考にはなる本だと思う。

彼女や奥様にプレゼントする方は、「ここ注意!」の付箋でも貼って渡してあげよう。

スポンサーリンク

最後に

ザ・昔ながらのレッスン書。

何度も書くけど、彼女や奥様へのプレゼントにどうぞ。